Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目指せ!1898。 ‘11.09.13

今年二度目となる羊蹄山。
前回は京極ルートからアプローチした日帰り登山。
今回が真狩ルートで山小屋目指す。

水も汲んだし準備は万端。
IMG_0800.jpg




一日目は山小屋に泊まって、翌早朝に頂上へ向かって日の出を拝む。至って普通な行程。
だけどボクにとっては初めてのことだから気分は高揚する。

中山峠からみた喜茂別の街は曇り空であったが真狩では辛うじて晴れ。
このまま推移してもらいたい。

約束の時間に駐車場を出発。
IMG_0813.jpg

下ってきた爺ちゃん、婆ちゃんの一行に“泊まりかね?気をつけて登れ~”とエールを送られる。
すると急な催しにより一歩遅れを取って登山道に向かう。出物腫れ物所嫌わずってやつだね。

リュックの重さが肩に掛かって荷物の重さを知ることになる。
泊まりの道具など入るスペースの無いリュックのため、ネットをくくりつけて
無理矢理荷物をぶら下げてみた。ゆとりはないけど何とかなるだろう。
IMG_0820.jpg

今回は自分を含め3名。
いつものようにそれぞれのペースで登る事にした。
これまたいつも通りであちこち寄り道したり、写真撮ったりしながら先を目指す。
山道にも秋の雰囲気が漂い始めていた。
IMG_0872.jpg
標高が上がると遠くにニセコの町並みが見える。派手な色のニールセンローゼ桁が目に飛び込んでくる。
IMG_0873.jpg

淡々と登る山姉さんと休憩時にお喋り。かれこれ10年の経験をもつベテランでセロウでやってきたらしい。同じく9合目にある山小屋に宿泊するとのこと。なかなか面白い経験を持つ彼女だった。
先へ進み9合目に到着。時間にゆとりもあったので頂上方面を目指してみた。
IMG_0884.jpg
ある程度登っているとガスが出始めたので撤退。さっさと下って山小屋へGO-!
IMG_0895.jpg

今晩のお宿はココ。二階建てで100名程度の収容だとか。
IMG_0912.jpg
雪が積もると出入り口は2階のドアになるみたいだ。
IMG_0917_20110914120704.jpg
中はこんな感じ。2~3割程度が女性客なので和んだ雰囲気だ。
IMG_0928.jpg

いかにもな雰囲気の管理人さんに山小屋の来意を告げ3名分の場所を指定して頂く。さっさと寝床を作って夕食の準備。準備って程の物は持参せず、スーパーで購入したおにぎりとパン。副食にチーズとリンゴにトマト。みなさん火器を持ち込んで湯気を立てていた。周囲を見渡すと多くがお湯を入れたら○△分待て!のご飯系や、スパゲティを茹でる本格派など多彩だ。
IMG_0935.jpg
小屋の前庭テーブルで山姉さんと周辺お山情報の交換。支笏湖周辺のお山にも出没するとのこと。冬には雪洞掘って一夜を明かすなど行動派だ。オレには真似できないな。姿を見て分かると思うが防寒は冬装備。9月と言えど高所は寒い。

日の沈む頃合いに外にでて夕焼け鑑賞。
まばゆいばかりの夕日。ほおを紅く染めるオヤヂ3名
IMG_0950.jpg

高所からの夕焼けは遮る物がないので壮観である。チクッと雲が邪魔であるがこれはしゃーない。
IMG_1008.jpg

夕焼けをファインダー越しで目に焼き付ける。
IMG_1017.jpg

それにしても寒いぞ。
カメラ持つ手がガクガク震える始末。山小屋出入り口にある最高最低温度計の水銀は5℃を示していた。
これに風が吹くもんだから体感温度はもっと低い。こりゃ寒いはず。
IMG_0927.jpg

小屋の中にストーブはあるがまだ火は入っていない。それでも人の体温と食事用のストーブ熱で充分に暖かだ。山小屋の夜は早く19:30頃には大方の利用者が明日の準備を済ませシュラフに潜り込み始める。手足の冷えも寝袋にくるまっていたら徐々に暖かくなり体の緊張がほぐされていった。

明かりはほの暗いアルコールランプだけ
IMG_1058_20110914122011.jpg


つづく

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/14(水) 12:26:11|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<目指せ!1898。+498 ‘11.09.15 | ホーム | 本日の色々 ‘11.09.12>>

コメント

おやぢ

おやぢたちマジかっこいいー(>▽<)♪

うちのパパンも思いカメラ道具一式背負って
山行ったりしてるけど(でもかっこよくはないw)、
naotoさんを見てても思うけど、年齢を増すごとに
パワフルになってるような気がしてならない。
急な危機が訪れたら、若者は真っ先に死にそう。

そんなおいらはまだ若者気分w
(^▽^)ノ わーい
  1. 2011/09/14(水) 14:51:19 |
  2. URL |
  3. あとむ #-
  4. [ 編集]

おやぢ

ゆとりと言うより、努力・根性・気合い世代は概ねこんな感じでしょうか?
当然、パパンの世代には敵いません。

行動様式を振り替えると事情を理解しない無鉄砲とも言えます。
そろそろ順番が廻ってくるよ!と脅かされています。
気持ちだけは変わらず体力だけが落ちる中年オヤヂです。
  1. 2011/09/15(木) 20:31:57 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

そうそう、参考までに俺が背負っていたザックはGregoryのバルトロ65というモデルです。
日帰りなら50くらいでも大丈夫ですね。

ザック、良いの買って必ずカッパを入れて下さいねー。
  1. 2011/09/17(土) 00:38:54 |
  2. URL |
  3. tett #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

ザック

仕事帰りにゼビオ行って物色してきました。
テント持たなきゃ山小屋泊まりで50㍑対応可ですね。
大きいの持つと容量分だけ詰め込む性格なので
荷物の重さにやられちゃいます。
大きいザックも欲しいし、ウェア類も新調したい。
スポーツショップの誘惑に負けそう(笑)

  1. 2011/09/17(土) 01:03:29 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gravelfreakr100gs.blog20.fc2.com/tb.php/962-60c946db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。