Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

びえいヘルシーマラソン2011 ‘11.06.14


美瑛でひとっ走り!



2011GSIMG_3906.jpg

二度目となるハーフマラソンの挑戦は美瑛。
暑い時期はキツイので6月開催の千歳をチョイスの予定が申込み忘れ・・・。
で、慌てて他を探すと美瑛がヒットし申込み。
地理的にはチト遠くになったが丘の町で走るのも悪くなかろう。







【準備】

・自宅周辺を2~3km数回走ったり、この日を意識してチャリンコ漕いで頑張ったが使う筋肉が違うのか走行タイムに好影響を及ぼすかは疑問。
・昨年に倣い木曜日は定刻に帰社し21kmを走ってみた。自分で言うのも何だが安定している。昨年と同じく雨が落ちてきたが火照った体を冷やすのに丁度良い。だがそれも17km位までで、その後具合が宜しくない。
・右膝の痛み、スネの痛み、太もも前面の鈍痛。そして左右の人差し指の爪に鈍い痛みを感じる様なる。多分近いうちに剥がれる事と思われる。プチ怪我人風である。やむなく徒歩に切り替えた。少し歩くと膝の傷みも薄れ再度走り出す。その繰り返しを続けた結果は2時間30分オーバー。原動機(心臓)は至って快調だ が、駆動系と脚周りがショボい様子だ。どうしたもんだ?
・加えて前日の土曜日は同僚と河川敷を走った後、草野球を楽しんで体はバキバキ。


【当日】
・眠い目をこすりながら3:50に自宅出発。昨日の疲れを引きずりながら美瑛に到着。会場が無いので変だと思ったらひとつ手前の上富良野町であった。完全に寝ぼけているな、オレ。似た様な街並みって言ったら叱られそうだ。移動路はガスが掛かって辺り一面が雲の中。このまま曇り空を希望したい。
2011GSIMG_3892.jpg
・体調管理もろくに出来ないのは俺の悪いところ。なんでも詰め込みすぎるからいつでも余裕はない。まぁそれでも車内で仮眠が取れる時間に到着出来たのは良かった。
・会場ではショップの出店もあってウェア、小物を物色していると、ゼリーが安い。普段の半額だったので7月のマラソン用にと10個購入。お得な買い物であったと満足したが、どうせならと思い直し追加購入に向かったら既に売り切れ~。
・手続きを済ませてゼッケンやICタグを受け取って取り付け。
2011GSIMG_3907.jpg
・どこの会場でもお馴染みのトイレ待ちの行列。
・スタート地点へはバスで移動。これまで出た大会ではスタート・ゴールは同じか、すぐ近く。つまりコース自体が回路になっている。美瑛は一直線で、ゴール地点が本部に設定しているためスタートの白金温泉まではバス移動。
2011GSIMG_3920.jpg

・スタートは直前。空は曇り空で気温も低め。走るには丁度良い。



【コースについて】

・スタートの大雪青少年交流の家からゴールの美瑛町スポーツセンターまでは殆ど下りのコースレイアウト。右折と左折が数回ある程度でほぼ一直線コース。北海道の雄大さと美瑛らしい丘の雰囲気を演出する開催者の意図が見えてきた。
・高低差は約400m(自分調べ)で、一部“心臓破りの坂”と称される勾配が待ち受ける。画像じゃ勾配の具合が伝わらないかな?
2011GSIMG_4015.jpg
・走った後にオフィシャルHPで調べて分かったのが以下の事。
・「本コース唯一の上りは、通称「心臓破りの坂」と呼ばれ、15km地点から700m、標高差35mのきつい上りのみです」 つまり5%の登り勾配が待ち受けていると言う事。
・ ハーフのエントリーは約2300名。内、おやじカテゴリーは1171人。幅員4m程度の道路に選手が縦長に並び、自分は遠慮がちに後方に並んでみた。勝負する方々は我先にと先頭で待機。黄緑の袋を抱えるのは季節外れのサンタさんじゃなく、自分の荷物を詰めて本部に預けるランナー。走る直前に荷物を受け取って貰えるシステムは秀逸。他の大会でも導入して欲しいシステム。
2011GSIMG_3924.jpg


【スタート】
・いつも通り渋滞のなか、スタート地点を通過したのは1分半過ぎ。近くに居た夫婦ランナーとおぼしき男女の会話より。
・スタート直後はかなりキツイ下りなので慎重に下って行く。続々と抜かれもしやビリっけつじゃないかと心配したほど。
・別にビリでもいいじゃないか。順位は二の次なので駆動系を労りながら完走だけすれば御の字である。
・それにしても随分と皆さん飛ばしますね~。気持ちいいほど抜かれまくり(笑)
・コピーにあったように気持ちのいい白樺並木を走り抜ける。後に道々を外れて緩やかな丘陵地帯に突入。人家が少ないのか沿道の声援はほぼ見あたらない。声援があると頑張っちゃうんだけどね。
2011GSIMG_4033_20110618013312.jpg

・スタートは慎重に走って原動機と駆動系の様子をみる。序盤から中盤に掛けて不具合の兆候は見あたらない。
・おねーさんのプリケツは心を癒してくれるが、太マッチョなおっさん達のモッコリとプリケツや、はみケツは心を乱してくれる(-_-)。ねー珍ばさん、どう思います?
・待望の給水所。地元高校生と思われるお嬢さん達が給水サービスにガンバッテ~♪の声援付き。いいねぇ、頑張っちゃうぞー。水とスポドリを交互に飲んで渇きを癒す。冷涼な気温なので昨年の様なスポーツドリンク掛け事件は起こさない。
・なかなか好調なペースで走る。呼吸、心拍数、歩幅がシンクロすると、ずっとこのまま走る事が出来る錯覚に陥るのだ。で、その同調を乱すのが同じペースで歩幅の違うランナーが引きずる様に走る靴音。リズムを乱されるとは修行が足りないのぉ。
・前方に“心臓破りの坂”が見えてきた。おぅ、随分と勾配がきつそうだ!この見上げる様子は6%越えか?と感じた。その区間にはあたかも登山の様に○○合目と表記されていた。面白い演出だね。5合目の看板に差し掛かった際、お隣で走っていたオネーサン2名は「まだ半分かい~!」と叫んで萎えかかっていた。※あとでHP見て分かったのは700m区間に35mの高低差なので5%勾配であった事が判明。
・登りはイヤな方じゃなくゆっくり走れば何とかやり過ごす事は可能。下位グループの中において挫折して歩く人もチラホラ現れる。ここぞとばかりに低利であるが貯金を稼ぐのだ。
・またもや黄色い声援!? 沿線に学校ジャージの女の子が応援中。俄然元気になってスピードアップ。後方にいたオヤヂはオレをぶち抜いて黄色い声援に飛び込もうとしている。なにクソ負けてたまるか、抜き返して10数名にハイタッチしてやったぞ!オレの勝ちじゃ!!珍ばさん、これで良かったんスよね?
・チト調子に乗りすぎで息を整えるためスローダウン。歩き始めたランナー(いやウォーカーかな)を尻目に遅いけど走る事は止めない。懸念される駆動系・脚周りのトラブルが顕著化する前にソッとゴールしようという思惑だ。
・競技も終盤。大会役員さんとおぼしきおっちゃんから「2km切ったからガンバレ~♪」の声援を受ける。
・喜び勇んで走り、暫くすると【19km】の看板発見。まだ2km以上あるジャン・・・orz
・軽くダマされたがゴール目前の500m位からスパート。故障を避けるため温存したエネルギーを最後に放出するのだ。トラブルを引き起こしかねないのでホントはやっちゃイケナイ行為だが、最後くらいは悪あがきして締めるのも悪くない。

一瞬ゴールと間違えそうなトラックの入り口。
2011GSIMG_3931.jpg

本物のゴールはコチラ
2011GSIMG_3937.jpg

ヘロヘロな時にICチップを取り外してくれるなどサービスは徹底している。
2011GSIMG_3945.jpg


結果

2時間16分05秒
暫定順位907位/1050人

2011GSIMG_3961.jpg
ひょえ~みんな速いのね~
つーか、オレが遅いだけ。

【後記】
・走りやすい天候に加え緩い下りルートで走りやすかった。ピーカンの晴天にやられた昨年の士別ハーフマラソン結果が2時間18分である事を考慮すればもう少しまともなデータになったであろうと自己分析。タイムの短縮が目的じゃなくて置かれた状況を客観的に判断した結果。
・ランナーのサポート体制が良かったです。地元高校生が受付から始まって、給水所のサービス、個人荷物の受け取り、ゴール地点でのタグ取り外し等々、どれも素晴らしかったです。



無事完走出来てよかった。

安楽な休日を楽しめばいいのにね~
なんて思うが充実感を得たくて頑張るのかな?
一言で表現すると”辛いけど楽しい”

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/18(土) 08:42:27|
  2. ランニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<本日の色々 ’11.06.20 | ホーム | お祭り ’11.06.17>>

コメント

ガンバレおやじランナー

やはり、美瑛走ってましたね、しかもハーフ完走なんて、つぎは、北海道マラソンですか。で、オイラのばあい、オネイさんの姿しか見ないように心がけて走ってます。 とレース中に競技者以外と触れると失格になりますのでゴール前のハイタッチなんてとんでもない なんてね! 機会があればご一緒したいものです。
Ps.道南集いにむけコマ図作成してます。エスケープ、観光ルート選べるよう仕上げますね
  1. 2011/06/18(土) 21:20:40 |
  2. URL |
  3. 珍ば #-
  4. [ 編集]

満足度高し!

限りなくビリっケツに近いところで気持ちよく
走ってきましたよ~♪
ここは地元美瑛高校の生徒さんのおもてなしが
行き渡っており声援とハイタッチでサイコーな気分
で走る事が出来ました。ボクの場合風景を楽しん
でいたのでオネエさんは視界に入ってきません
でした←ホントか?

手荷物の処置に困る事が多いお一人出場も
支給の大きな袋に、スタート直前までジャージ
類を着用し直前に預ける事が出来るシステム
は参加者の事をよく考えています。

珍ばさんの好きな、あんな事やこんな事も
盛りだくさんなので機会があれば出場を
お勧め出来る大会でした。

さてさて、道南ルートの調査お疲れ様です。
道南方面のツーリング経験が少なく楽しみ
です。是非、爽やかで風光明媚なルートを
案内願います。
押したり引いたりは腰に悪いので・・・。
  1. 2011/06/19(日) 00:21:23 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

完走おつかれさまー。

>太マッチョなおっさん達のモッコリとプリケツやはみケツ

おおお。そんな良いものが!!ww

そして、どうして事前に「出る」と報告して
いただけないのかぁぁぁ~(・ω・)

あれですね、ナオトさんのblogを読んでいると
これでもかこれでもかと、自分が本当に
怠け者でることを竹槍で突かれるような勢いで
突きつけられている気がしてきて、おいらの
繊細なガラスの心はひびだらけでしゅ(>Д<)
  1. 2011/06/20(月) 09:46:19 |
  2. URL |
  3. あとむ #-
  4. [ 編集]

珍ばしゃん

道南エスケープルートはおいらのためでしゅね。
うふふ(^m^)

おいらがそのエスケープルートを走る日は
いつかしら、いつかしら~。きゃぴっ。
  1. 2011/06/20(月) 09:49:32 |
  2. URL |
  3. あとむ #-
  4. [ 編集]

無事完走してきたのだ。
遅いのはしょうがないので気にしないで欲しい。

>太マッチョなおっさん達のモッコリとプリケツやはみケツ
たくさんウロウロしています。
男女問わず鍛えた肉体は美しくある種芸術
チックにさえ感じる事がありますね。
自分もそうなりたいと願ってますが、つい
目の前のウマイものに手が伸びます。

う~ん、もしかして勘違いしているかも。
ボク自身は放置しておくと怠け者ですから(笑)
時折、自身を追い込んでいるだけ。

  1. 2011/06/20(月) 23:45:34 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gravelfreakr100gs.blog20.fc2.com/tb.php/923-4b7964cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる