Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紋別岳(2nd)へGO-! ‘10.03.07

準備はいいかい?

2010GSIMG_8508.jpg



カブ不在により“おとうさん”が代理

今シーズン2回目となる紋別岳に出掛ける。
誰も居ない駐車場から登り始めると、今週降った重い雪が一面を覆っていた。当初一番乗りに気をよくして歩き始めるが、足跡がない登坂路はチト辛い。
2010GSIMG_8438.jpg
ボクは2番手で登って先行者の足跡をトレースする訳だが、脚の長さの違いか微妙に歩幅が合わなくなってくる(笑) チト悔しいが山登りは小さなストライドが原則なので気にしない事にしよう。


天候は曇り、そして時折雪。
春を予感させるどころか、うつむき加減に登る姿は冬山修行っぽいのである。
重たい雪に埋まり気味なのかペースも思う様にはかどらない。
2010GSIMG_8434.jpg
2010GSIMG_8447.jpg

9合目付近から直登ルートに取りついて頂上を目指す。
堅く締まった雪面もあれば、腰まで埋まる場所もあって大変。
先週の漁岳ほどではないにしろ、登りでスノーシューがズボッと埋まるのには参った。
休憩らしき休みは取らず黙々と登って無事頂上に辿り着いた。

吹雪の跡が残る山頂周辺の樹木
2010GSIMG_9174.jpg

曇り空とちらつく雪で眺望は無し。
昼食はいつものカップ麺とおにぎり。ここで食べると何でも美味いねぇ~♪
2010GSIMG_8476.jpg
苫小牧在住、山の達人さんから周辺のお山情報を頂き、お山への興味がますます湧いてくる。が、何事もホドホドにする事を自信に言い聞かせ下山準備に取りかかった。
頂上でパチリ
2010GSIMG_8478.jpg

達人さん情報により、帰路は電柱ルートを辿ることにしてみた。2010GSIMG_8486.jpg

雪が重いのには閉口するがバサバサ雪を掻き分けながら下山。沢まで降りてくると木の橋を発見し、普段使っている沢落ちルートに合流した事を確認した。

ふと思い立って実験開始!
斜度45°程度、長さ5m位の斜面があったので雪崩実験。
2010GSIMG_8497.jpg
2010GSIMG_8491.jpg
締まった雪面に10数センチの重い湿雪が乗った状況。多分、湿雪はいつ滑り出してもおかしくない状態と思われ、実験にはうってつけの状況である。チョイチョイと上端部を突いてみるとゆっくりと滑り出し実験成功。春先は気を付けないといかんね。

前回同様下山中、それも後僅かを残すところで太陽が出てきた。
まぁこんなもんだ。
2010GSIMG_8498.jpg

先にスキーで下ったY本さんが待つ駐車場に無事到着。
2010GSIMG_8501.jpg

近くの温泉でザブンと汗を流しミッション完了。
湯上がりのサイダー美味し!
2010GSIMG_8503.jpg


散歩と舐めてかかったら結構ハードだったね~
登り:2時間3分
下り:55分

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/03/07(日) 10:01:37|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日の色々 ‘10.03.12 | ホーム | Husqvarna ‘10.03.04>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gravelfreakr100gs.blog20.fc2.com/tb.php/742-ee7bfa33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。