Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Valeoのメンテ ‘09.05.05



マグネット間にエポキシ樹脂を充填し作業完了。
樹脂充填により単独であった4つのマグネットが一体化した。円が形成されることにより製造時の接着剤剥離は避けられないにしても、剥離後のマグネット脱落の危険性が減少するであろうと判断。セル稼働時、マグネットだけに加わる応力(せん断力)も充填した樹脂が少なからず分担する事から応力の分散効果も期待出来る。少なくともそう思いたい。折角手間暇掛けたからね。
aab3250.jpg



車体に無事組み込めたら明日は近くのお山へ春を探しに行こう♪


以下は次回(本当は無い方が嬉しい)分解整備のための記録

バレオのメンテナンス記は多数あって有益な作業情報とさせて頂きました。しかし、樹脂選定のため検索するも使用銘柄の記述には辿り着けませんでした。分かった事と言えば二液性のエポキシ樹脂といこと。そんな中ボクが使用したエポキシ樹脂はコレ。ホームセンターで二箱購入。結果的に一箱でも充分でした。チューブにはまだ半分以上残っています。
ccb1182.jpg
明確な選定理由は無く、金属(その他素材もok)用で耐水・耐油性と謳われたモノをチョイス。気になる使用温度の記載はなし。エンジンからの発熱でセルモーター躯体温度はMAX50~70℃まで上昇すると推測。温度と振動による環境でどこまで耐える事が出来るのか未知数である。温度上昇に関しては実証実験で数値を確定させたい。

樹脂の充填状況
bbb3008.jpg
bbr6658.jpg
馴れぬ作業に悪戦苦闘だ。樹脂の整形は手間取るな。

組立
構成部品点数は少ないので迷う事はないけど、シム、ワッシャ類は念のため忘れないように紙に記録。分解後時間を置いて組立したので案の定順は忘れていた。何事も記録が大事だねぇ。
dab9921.jpg
ddr7854.jpg
お尻のアルミキャップは薄いので取り扱い注意。真っ直ぐにズイッと押し込む事。
ded4452.jpg

ブラシの組み込み
ブラシを押しつけるスプリングが入りづらい。悪戦苦闘の末プラスチックケースをナットで仮止めすると容易に収まりました。絶縁パーツの挟み込みをお忘れ無く。
eaa2041.jpg
ebb3804.jpg

遊星ギア他へのグリスアップであとは躯体の組立のみ。
この時代のBMWには珍しくトルクスボルトでした。
全て組み終わって作業台を見たら遊星ギア部のダストプレート(名称不明)が残っていたよ。

あ~やっちゃった~

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/05/05(火) 12:37:48|
  2. R100GS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<休日の過ごし方 4 ‘09.05.06 | ホーム | 休日の過ごし方 3 ‘09.05.04>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gravelfreakr100gs.blog20.fc2.com/tb.php/587-430aee19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。