Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日の色々 08.09.10

東日本フェリーが北海道3航路を撤退し道内航路が無くなる事が決まったみたいだ。
バイクでの利用は残念ながら無いけど、仕事ではよくお世話になってきた。

社会人一年生の20数年前、東北へ出張を命ぜられた。
乗り慣れないハイエースに荷物を積み込んで、更に勝手の分からぬフェリーへの乗船。ドギマギしながら船倉へ車を乗せたっけな。4時間の青函航路は丁度良い休憩タイムだった。無事に本州上陸を果たし目的の秋田県へ向かう。確か目的地は碇ヶ関方面だった記憶あり。高速道路もなくて、国道か県道か忘れたけど、暗くて狭い道を心細くはしってたな~(どうも最近回想記が多いのは何故?)

その後もことある毎にお仕事で海路を使う事が多かった。
今でこそ車を走らせ海を渡る回数はめっきり減ってしまったが、いつかはフェリーにバイクを積み込み東北地方をぐるりと回ってみたい。



それにしても渡道するバイク乗りは東日本航路の撤退は大きな影響を受けますね。


※9月11日追加
93年当時の時刻・料金表が机の中にあった。表紙は高速艇のジェットフォイル!
tqrPIMG_2418.jpg

何と11航路も就航していた。そういや岩内-直江津ってのもあったねー
tqrPIMG_2421.jpg


  1. 2008/09/10(水) 23:56:51|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<本日の色々 08.09.12 | ホーム | 本日の色々 08.09.09>>

コメント

東日本フェリーの撤退

困りますよね。

でも、函館ー青森は、道南自動車フェリーが引き継ぐとの事で
一応、安堵していました。

実際、自動車で渡るときは東日本さんより青函さんが空いていて
キャンセル待ちもほとんど無く、いつもそちらを利用していたので
「そんなに困らないだろうなぁ~」と思ったのも束の間、
そういえば、他のフェリー会社さんは、バイクが乗れない便が多かったような・・・。

・・・やっぱりライダーには、深刻な問題ですね。

新潟県でも佐渡への航路は、以前は新潟、寺泊、直江津と3航路あったのですが、
数年前に、寺泊航路のカーフェリーが廃止になり高速船だけになってしまいました。
一番近いので、重宝していたのですが・・・。
次は直江津航路も廃止かーという話しもあります。

変な所で無駄使いをせず
こういう所にこそ、税金等で補助をして
存続を援助して欲しいですよね。


  1. 2008/09/11(木) 09:39:44 |
  2. URL |
  3. @BOSS #PooosTlY
  4. [ 編集]

@BOSSさん|

廃止は燃料高騰と利用者減が理由なのでしょうね。先日同僚の出張精算が廻ってきたので確認したら、燃料サーチャージが、基本代金の他に3,100円発生していました。燃料代金補填だけでは会社の運営経費まで賄いきれなかったのかな。なんだか赤字路線を廃線にしてきた国鉄時代を思い出しました。
道内へのアクセスは3つあって旅行の形態も色々です。空路+レンタカーの旅、時間に余裕のある人達は豪華鉄路での旅、車両を持ち込みたい人は船。はたまた何処へも出掛けないと言う選択。様々なサービスの展開と個人の価値観の多様化が進んだみたいですね。急速な変化にもまれて海路が淘汰されたのかな~なんて考えてみたり。

15年前のフェリー時刻表が机の中に入っていて驚いたのは、11航路も合ったんですね、驚き!ジェットフォイル(水中翼船)の函館-青森は僅か100分!凄い時代だったんだな~
  1. 2008/09/11(木) 18:40:09 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gravelfreakr100gs.blog20.fc2.com/tb.php/464-0f0b3d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。