Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夕張XC参戦記 07.08.29

8月26(日) 競技当日

遂に来た夕張XC出場。
準備に要した時間と費用、そして今までの爽やか林道での修行が試される時だ。おっと、肩の力が入りすぎている、あくまでも競技自体を楽しむために出場するのだった。
当日の朝応援部隊が駆けつけてくれて嬉しい。[山賊ピット]はにわかに活気づいてきた!反面、チョロい走りを見られるのはチョッピリ気恥ずかしいな。

準備万端、さぁ、一丁気合い入れて走るかぁー!!

【朝】
昨晩は準備に併走した疲れからか寝袋に潜り込んですぐに寝入ったようだ。十分な睡眠で心地よく6:00に起床し周辺をお散歩。朝の空気はとってもウマイ!空は予報通りな曇天で嬉しい。暑がりな自分はギラギラの中ではまともに走ることなど出来ないから丁度良い空模様である。のんびりしたキャンプ場の雰囲気が漂いこれから競技があるなんて考えられない。しかし参加者が続々現地入りし、駐車場は一気にトランポであふれかえってきた。競技への準備が始まってなんだか緊張してきたぞ!

参加者のピット風景 凛とした空気が漂う
 IMG_20070826_0241.jpg
 IMG_20070826_0242.jpg

モトバレさんのピット。
IMG_20070826_0243.jpg

山賊ピット風景。現在朝食中です。
IMG_20070826_0240.jpg


【当日の流れ】
・車検、受付 7:00~8:00
安全に競技を進行するため出場車両の検査が行われる。車体の目視点検と、制動に関するチェック、車軸のガタなどをみられました。そしてMFJへの会員登録を済ませた。我がQちゃん(tmの愛称)も無事車検終了。
・ライダースミーティング
主催者のハタさんより、本日の競技運営方法について説明を受ける。内1周目は確認走行のため競技時間に反映されない。タイムリミットは5時間。スタートはゼッケン順に順次スタートする。Funクラスは一部ルート(V字谷越え)をパスする処置と、確認走行をカットしてそのまま競技に入るとのアナウンスがあった。
・競技開始 9:40~
車検・受付に時間を要したためスタート時間が延びた模様。

【今回の競技】
cross1との併催である夕張XC第二戦。クラスは大きく分けて4つ。AAクラス、Aクラス、Bクラス、funクラスである。ボクが出場するクラスはBクラスには排気量の違いでBⅠとBⅡがあり、出場するのはBⅡクラスだ。

       周回数  参加の分類
AA クラス:  10周 夕張XC、及び他のエンデューロ大会での上位入賞経験者等の上級者
A クラス: 9周 夕張XC、及び他のエンデューロ大会での完走経験者等の上級者
B クラス: 7周 夕張XC、及び他のエンデューロ大会への参加経験者等の中級者  
Funクラス: 5周 初級者

やっぱりボクが出るのはfunクラスが丁度良さそうな感じであるが、ここは一念奮起してBクラスにしてみた。給油(休憩)などのピット作業も自由である。

【競技開始!】

緊張感が無い・・・。
20070829011324.jpg
 photo by Mr Matagi

いよいよスタートだ!
ゼッケン順に十数秒間隔で各車スタートを切る。
出発直前の画像。ピットロードを併走するコースを駆け抜けるのだ。
7yubari091.jpg

最初の1周目はコースの確認走行。コースレイアウト、危険箇所の確認のため、目を皿のようにしてくまなく見渡した(つもり)。全体として起伏に富んだレイアウトで、登っては下りをくり返す感じであった。一部平坦な直線ルートや、クネクネと曲がりくねったトリッキーなコースである。

登りウォッシュボードを駆け登ってきた来た所。泥ヌタ前なので車両が綺麗だ。
IMG_3837_jpg.jpg
photo by ENDURODAYS.COM

要注意箇所と感じたのは2箇所。
第一に岩盤登り。
雨が降ると地獄絵図になるここの登りも暫く降雨がないのでまともな状態らしい。条件が良いとは言え、岩盤部までの登りアプローチ部はゴロゴロ石が助走スピードを押し殺す。一旦停車するとリスタートがキツイのである。

岩盤登り。たまたま上手く登れたシーン。6周は一生懸命押していたんだけどね(笑)
7yubari150.jpg


第二に沢越えルート。
V字になった沢を越える訳だが降りる角度きついため、フロントが刺さって前転しそうな位怖い所だ。登りは登坂したバイクのタイヤが沢水を引っ張るため濡れ始めるので滑りやすいから要注意。

ビビリながらおりてきて、これから登るところ。勢いが無いから登るのが大変なのだ!
7yubari493.jpg

他にも落とし穴が存在するが注意深く走れば何とかやり過ごす事が出来よう。ようやく確認走行して大まかなコース状況の把握をした。


でもっていきなり山賊ピットで休憩(笑)
もうレースはスタートしているけど慌てない慌てない。どっかり椅子に座り込んで水分補給して休憩。今思えばのんびりし過ぎたかな。
休憩を挟みこれから出発。休んでる場合じゃないゾー!!
64ca.jpg
 photo by Mr tett

続いて連続2周するが楽しい所とそうでないところがハッキリと分かれてきた。開けた作業道風なルートはいつも走り慣れた所と類似しているため、すんなり入り込めて楽しい♪何より対向車の心配がないからガシガシスロットルを開けることが出来る。先行する選手のホコリが凄まじいがのんびり走れば視界も開けてイイ感じだ。ウッズはクネクネで轍も多いがまぁこんなものでしょう。今まで散々木の根で滑って転けているので気を付けて走行したが、あっさりゴロン(笑) 一瞬の出来事に本人は何が起こったのか分からなくてポカンとする始末だ。最近はゴロンとする事が多くなってきたためかリカバリーも早い。人車共に問題ないことを素速く確認して再スタートだ。
周回遅れになるため後ろからはバオンバオンとか、バイ~ンとか鋭いエキゾーストで後続車両の存在を知ることになる。シングルトラックなどの追い越しが物理的に不可能な場所は少し我慢してもらい開けた所で一気にボクを追い越していく。追い越しも激しくて石つぶての攻撃を受けながら何とかやり過ごす。教えの通り変に避けたりせず追い越し車が通り過ぎるのを待つのみだ。それでも狭いところで接触したりするのは日常茶飯なのであろう。あちこちぶつかりながらボクを追い越す者。追い越されるタイミングが合わず、笹藪へ追いやってしまったりと(ゴメンね)楽しい事が要所要所であった。

轍の深いウッズを駆けのぼり、真剣に走っているところ。
IMG_4715_jpg.jpg
 photo by ENDURODAYS.COM

父さん格好いいだろ~?と娘に画像で自慢したら「猫背過ぎ!」と一蹴された。もうチョット褒めてくてもいいのに・・・。IMG_5424_jpg.jpg
 photo by ENDURODAYS.COM

嬉しいことにコースの所々に応援に駆けつけてくれた方々の顔が見える。スタート前にはまたぎさんが写真を撮りに来て頂き緊張が和らいだ。オランベさんは下りの場所でじっと観察しているので転けないように頑張って走った。またtettさんもあちこちでカメラを構えているのでチョット緊張だ。調子に乗るとすぐにネタを提供してしまうし。Ninjyaさんとエンデューロデイズ管理人さんのご両名はこのコースを知り尽くしているのか、いわゆる難所的な場所で遭遇する機会が多かったみたい。登りのウォッシュボードやウッズの滑るところ、そして岩盤登りなど、ネタを提供しやすい場所にいらっしゃたのである(笑) 声援を送ってもらったり、岩盤で押して貰ったりと大変お世話になりました。何故か転がるシーンを提供することはありませんでした。

話は戻ってやはりボクの鬼門は岩盤登りであった。8周の内まともに登ったのは2周だけ。数台がスタックし登頂予定ルートが塞がれて、次なるルートを探しあぐねている内に止まる羽目になるのだ。結局いつもの通り“押し”で乗車可能位置まで引き上げてスタートすることになる。上手い人とそうでない人の差はベストルートの選択を瞬時に判断しスタック車両をパスする能力に長けていることを実感した。最終ラップははまっている車両が無かったので、試しに右側から仕掛けてみるとイイ感じに登り始めた。おおっ、本日一番の岩盤登り達成だ!と思う間もなくスリップして右にゴロ~ン。この辺りがいかにも自分らしい(デヘヘ)。ウッズの轍掘れには沢山のマーシャルが待機している。と言うことはここも難所か?恐る恐る轍にはまってみると、スルスル順調に登ってしまい拍子抜けしてしまう。どうやら技量ではなく新品のコンペⅢに負うところが大きいようだ。
中盤以降は疲れもピークに差し掛かりあちらこちらで転がったり泥ヌタにはまっている車両が目に付くようになった。普段の林道散策と違い競技であるから、深刻なダメージでなければパスして先に進んだ。殆どのルートをどっかりシートに座って走っていて、普段の爽やか林道風に走っているのはご愛敬だ。速く走りたくても技量が伴わないので地味走りが結果的に一番速く走ることに繋がっているようだ。

びゅ~んと走ってきて・・・
b0e2.jpg

最後の下りを慎重に・・・
p1000644.jpg

するとゴール地点に到着し、時間計測の実施と周回記録用紙に穴を空けてもらう。そして新しい周回がスタートなのだ。
p1000653.jpg


都合3度ほどカフェ山賊に立ち寄ってピット作業と称した休憩を決め込んだので大分時間も押してきた。順位などは一向に気にしないが、タイムアウトはイヤなので最後の3周は無休憩で走ってみた。何故なのか後半がとても楽しく軽快に走れた気がする(あくまでも気だけネ)。ルートはほぼ掌握したので踏ん張り所と控えめに走るところの区別を付け、焦ることなく気持ちよ~く走れたのである。既に殆どのエントラントが走り終え、残りの数名で貸し切り状態でコースを走っていたみたいだ。邪魔することも邪魔されることなく最高に楽しい走りができてゴールに到着。周回数を記録する用紙にパンチアウトしてもらいボクの夕張は完結したのだ!


皆の待つ山賊ピットに戻る。
しばし心地よい疲労の中、椅子に座って放心し緊張をほぐす。やり遂げた充足感が何とも心地良いモノです。林道大福と焼き肉が何とも美味かったです。
さて、主催者側よりリザルトの発表と表彰式開催のアナウンスが入る。みんなでぞろぞろ開催本部へ向かう。Funクラスでモトバレのフクちゃんが堂々の2位です。ホントは真ん中のお立ち台に立ちたかったところでしょうが、次回期待しています。
続いてBⅠクラスで珍ばさんが3位の栄光を勝ち取ったのだ!凄いぞ珍ばさん、流石である。



無事完走できたのもひとえにみんなの声援と、ピット作業をして頂いたたまものです。一人での参戦ではきっと気持ちが萎えて競技を投げ捨てていたことと思われます。直接的、間接的に支援して下さった皆様に改めて感謝申し上げます。どうもありがとうございました!



おまけ

帰りは珍ばさんと近所の温泉へ汗を流しに行ってきた。
ザブッと体を洗って露天風呂に浸かったら、ケツに刺すような痛みが?ウギャ~~イテー!?ケツに手をあてがって湯船から飛び出した。どうやらお尻の皮が剥けたみたいだ(悲) 長い時間を殆どシッティングで走り通していたせいか、体に受ける衝撃の殆どをお尻が受け持っていたみたいだ。ここの湯は塩分の強いアルカリ泉なのか試しに舐めるとショッパイ♪これだもの痛いのもうなずける。同じく皮を剥いた方が湯船に入って悲鳴を上げているのが妙に連帯感を感じたり(笑)

周囲は夕張参加の赤ゼッケンの方々が多数集まってきた。走り方のチョットしたアドバイクを受け目から鱗である。普通のことを当たり前にこなすってのが、いかに重要でかつ難しいかを知った露天風呂での課外授業であった。そしてお尻の皮剥け対策を懇切丁寧に教えて頂いたが、実行に移す勇気はまだありません。

  1. 2007/08/29(水) 06:06:24|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<本日の色々 07.08.31 | ホーム | 夕張XC参戦記(最終準備編) 07.08.27>>

コメント

元気わけてもらいました!

初レースでの完走はご立派ですね。日ごろの山賊修行の賜物かと。ナオトさんの勇姿に、そこはそれ、自分も単コロおやじのはしくれ、見ているだけじゃ物足りなくて、帰路はご存知のとおり爽やか林道でしたが、これが結構発汗モノで、参戦お二方から頂いた元気パワー無しでは難関突破は無理だったかも!
それにしても、参戦した山賊・・・じゃなかった、もうお一方は崖落ち、立ち木激突であのリザルトとは、恐れ入りました!!いずれナオトさんもああなるんですねぇ(笑)
  1. 2007/08/29(水) 14:20:29 |
  2. URL |
  3. またぎ #-
  4. [ 編集]

お尻の皮向け対策は「オムツ」に勝るものなし!?(w
  1. 2007/08/29(水) 19:16:26 |
  2. URL |
  3. Z #17ClnxRY
  4. [ 編集]

見事完走おめでとうございます~。
ナオトさん、速かったっすよ。
スムーズで。
多分ピットで休んでいた時間を少々削れば、かなり上位に食い込んだはず・・・。
ワタクシ、FUNクラスで・・と思ってFUNクラスのリザルトとタイムを見ると・・・おいおいおいおい、Bより速いタイムだったりしねーか?と意気消沈・・・

うーむ、ナオトさん、今度、走り方を教えて下さいませ
  1. 2007/08/30(木) 09:51:14 |
  2. URL |
  3. ninjya #4Hix00RM
  4. [ 編集]

またぎさん
応援ありがとうございました!
みんなのサポートで気持ちよく走る事が出来ました。給油してもらったり、ゴーグル拭いて頂いたりとても助かりました。今思い起こせば、快適な山賊ピットでくつろぎ過ぎた感があります。どうも気合いが不足していた様に思われます。次回?はピットに来たら追い返して下さい(笑) 珍ばさんはスゴイですね。よくぞアノ状況で入賞しました。あの様な走りを可能にするのは遙か先か、不可能のどちらかです。しばらくは地味に走って確実な走りを身につけていきたいです。

画像を見るとアタック系なコースを征服したみたいですね。一本橋はマジで怖いですね。皆さん誰も落下せずに通過したとはスゴイです。やっぱり人の走りを見ているだけじゃつまらないですからね、今度是非連れて行って下さい。

Zさん
クリームを塗ると皮膚が擦れなくていいみたいです。そのままではクリームがパンツに付いちゃうのであて布が必要で・・・。
おむつは買いに行くのも、付けるのもイヤだな(笑)その一線は越えることが出来ない。

Ninjyaさん
改めて撮影隊お疲れ様でした。あそこを徒歩で歩き回るのは、まさに人間エンデューロですね(笑) また、走っている最中に声援を送ってもらい、とても心強かったですよ。密かに憧れていたENDURODAYSさんに沢山写真撮ってもらって満足です♪

いずれにせよ今回の順位がボクの実力ですね~。完走出来ただけ良かったと思っています。今回の夕張で色々勉強になりまして、次回?もう少し上手なレース運びにしたいですね。いやーそれにしてもfunクラスの速いこと!何処がfunクラスじゃ~と言わんばかりのタイムですよね!?自分もfunクラスで参加すれば良かったかな(笑) だけど、Bクラスで完走しちゃったのでfunクラスに後戻り出来ないみたいです~(泣)
基礎訓練を始め日々鍛錬しているninjyaさんに是非ともお手合わせ願いたいです!そして上手くなるコツをコッソリ教えて下さい!
  1. 2007/08/30(木) 18:19:59 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

紙オムツの吸水ジェル、実際に使ってる人って何人いるのでしょうね?
何はともあれ、NAOTOさんは既に遠い世界の人になってしまいました(苦笑

早くGS車検終わらないかなぁ…。
  1. 2007/08/30(木) 20:31:49 |
  2. URL |
  3. Z #17ClnxRY
  4. [ 編集]

普通に

 Naotoさんこんばんは。 夕張では二回ほど遭遇しましたよ。 現地でもお話しましたが、 全然普通に走っていましたよ。 走りなれてくればもっとスムーズに気持ちよく走れると思うので、これからもレースに参加してくださいね。 
 
  1. 2007/08/30(木) 20:35:25 |
  2. URL |
  3. ター #H3RSDWMg
  4. [ 編集]

Zさん
いや、遠くになんか行っていない普通の人ですから(笑)
だけど、面白いよコレ!まんず、何でも経験だよ~!!
GS復活かな。

たーさん
普通に走ってた何て言われると素直に嬉しいです。今回の夕張を足がかりに、少しずつ経験値を高めていきたいですね。もう少し速く走らないと動くシケインでみんなのじゃまですしね。
手を挙げてボクをパスした時の仕草がメッチャ格好良かったですよ!また一緒に走りたいです。
  1. 2007/08/30(木) 23:54:35 |
  2. URL |
  3. Naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gravelfreakr100gs.blog20.fc2.com/tb.php/321-40dc8e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。