Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

利尻島 ポン山

利尻島に行ってきた。
目的は業務で。
観光シーズンとお盆休暇なのかレジャー客とか帰省の人々が目立ったフェリー。
天気は今一つだったが、翌日からは天候も回復傾向にあった。
P8070380H26.jpg





乗船前は歴史建造物の確認。
P8060264H26.jpg
鋼・コンクリートを取り扱う者としては興味ある物件。
初めてまじまじと眺めて見た。昭和初期に建造された構造物であるが、
歴史的価値があるのか十分な手当がなされていた。
建造当初のフォルムを尊重した補修がなされている。
專業者による詳細調査が行われている最中であった。
稚内のシンボルマークとして今後も大事に残されるのであろう。

そして乗船。
海風が気持ちいいので島に渡るまでデッキにあるベンチで過ごした。
風が心地よい。
乗客がかっぱえびせんでカモメの餌付け中。
慣れている彼らは上手にキャッチしていた。
P8060293H26.jpg
P8060303H26.jpg

調査現場の下見をして宿に戻った。
かすかな期待あって、もしかしたらウニが食卓を飾るかも♪
あっさり裏切られましたが(笑)
昭和風な雰囲気一杯で昔風な宿。エアコン無いのがチト辛いな。
P8060365H26.jpg

予定の調査を終えて翌日は帰札する。
離島の日はお客様への報告を終えれば、フェリーまでフリーだ。
折角なので朝活することにしてみた。
目指したのは利尻山の隣にあるポン山(444m)

左にポコッと見えるのがポン山だ。
登山口からおよそ40分程度で山頂に辿りつく。
とても整備された登山道だ。
分岐よりポン山へ向かうが、ここへの来客は少ないのか蜘蛛の巣が一杯 笑
P8080523H26.jpg

登山口から歩いて分岐で左に向かう。
今度は右へ向かいたいね~
P8080429H26.jpg

山頂から臨む利尻山
尖った山頂が格好いいね!
P8080441H26.jpg

山頂に大事にされていたききょう。
青と白の二色が咲き誇っていた。
P8080452H26.jpg
P8080456H26.jpg

そして下山。
楽しみにしていた甘露泉
河川の無い利尻で珍しい湧水。
冷え冷えでとても美味しかった!渇いたのどに最高のご馳走だよ!
P8080471H26.jpg
P8080466H26.jpg

姫沼にも向かった。
もしかしたら姫沼に写るさかさ利尻富士に遭遇する可能性を期待し。
が、ずっと雲に隠れてダメだった。
お店のお姉さんに聞くとよくある事らしい。
円形の利尻島は気候の影響で場所によっての天候の違いが顕著みたいだ。
彼女はオホーツクの街から、利尻に移り住んで来たらしい。
利尻の自然が大好きらしい!そんな移住っていいねー。

フェリー乗り場の沓形に向かう途中で。
P8080475H26.jpg

最後の利尻山を目に焼き付けて島をあとにしました。
今度は山登りで島に行きたいですね。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/08/06(水) 15:22:29|
  2. アウトドア
  3. | コメント:0
<<検診 | ホーム | 秋の雰囲気>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる