Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

2014 恵庭岳 2nd

4月の春山を堪能中!
友人リクエストで恵庭岳に登ってきた。
2週間前の恵庭岳は真っ白だったけど、二回目の本日は真っ青な青空が広がった。
サイコーだね!
DSCN9171+1.jpg








樹氷
DSCN9103+1.jpg


登山道
DSCN9115+1.jpg


岩塔直下
DSCN9142+1.jpg
DSCN9133+1.jpg

サンゴ
DSCN9131+1.jpg

大福
DSCN9151+1.jpg

山頂から
双子山
DSCN9164+1.jpg

羊蹄山
DSCN9148+1.jpg


風不死岳、樽前山
DSCN9161+1.jpg

支笏湖
DSCN9159+1.jpg

山頂看板と一緒に
DSCN9172gs.jpg
DSCN9167+1.jpg

この日のルートはオコタン分岐より冬道コースを辿った。
前回は地図とにらめっこしながら、時折ルートを外れて思いのほか時間が掛かってしまった。
地図はあるものの出すのが億劫になり、他力本願で踏みあととピンクテープを頼りにしすぎたかもしれない。

前回の記憶が新しいので、地形と風景で迷うことなく先へ進むことができた。
毎度だまされるスキーの跡は使わない。

初めて登る同行者は天気いいもんだから喜んでいる。
が、時折出現する急登に手を焼いていた様子。
疲れないようにゆっくりと歩みを進めた。

山頂直下。
目指すは山頂である。
ルンゼを登り支笏湖が姿を現した。ん~いい光景だ!
山頂に向かうため左側のロープを伝う。
そして山頂到着!

360のパノラマビューだ!すばらしい風景♪
いつ登っても恵庭岳はイイ!
ひとしきり風景を堪能していると後続者の男性2名。
30代と、同世代の50代。
最後に4人で山頂写真を撮った。

山頂は徐々に崩壊しているみたいだ。
もっとも立ち入り禁止(推奨)になって初めて山頂に立ったので健全な状態は知らない。
お地蔵さんの前に立つと比較的新鮮な崩壊跡が確認できる。
そこに埋もれている物体を発見し発掘作業。

それがファンタグレープの空き缶なのだ。
約40年前自分が小、中学生の頃のデザインと思われる。
郷愁に誘われ写真をパチリ!
そして同じ思いをする人々もいるかも知れぬない。
そう言う思いで、缶を廃棄せず看板標識の前にそっと置いておきました。
今後、どなたかが同じ思いで写真を撮るかもしれないので、恵庭岳登山のブログや、ヤマレコを確認してみようと思いました。ちょっと楽しみです(笑)

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2014/04/19(土) 00:17:37|
  2. 山歩き
  3. | コメント:0
<<初乗り CRM80 | ホーム | 2014 盤渓山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる