Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013 大雪山縦走

大雪山縦走記

層雲峡の黒岳から登って北海岳ー白雲岳ー赤岳を経由して銀泉台に下る。
銀泉台からはバスに乗ってレイクサイトで乗り換えし層雲峡まで運んでもらう。
紅葉期の車両規制でバスのみの運行であるが、逆にこのシステムを利用して縦走してみました。

秋を感じる登山道はサイコー
DSCN5214+1.jpg



改めて本ルートを歩いてきたがかなり気分よく歩くことが出来た。
初めてのルートもあったので気分は高揚する。
ガスったり晴れたりと目まぐるしく変わる天候であったがおおむね晴れ。
テーマ通り画像は登山ルートを中心にした。

ひとまずズルしてロープウェイとリフトを乗り継いで7合目へ向かう。
感覚的には樽前山の7合目駐車場からスタートする気分じゃのぉ。
DSCN4957+1.jpg

黒岳で記念写真撮って石室に向かった。
ここはバイオトイレがあるので大手を振って用が足せるのだ。
それまでの道のりも楽しい。
DSCN5024+1.jpg
DSCN5039+1.jpg

更に歩くよ
今回の目的の一つは紅葉狩り
緑に白と赤や黄色、ホントきれいなコントラストだ。
DSCN5044+1.jpg
DSCN5064+1.jpg
DSCN5078+1.jpg

白雲岳手前は休憩スポットらしく多くの登山者でにぎわっていた。
ここで一服タイムだ。
DSCN5111+1.jpg

まさかの雪渓を横断。
この雪は2013年特有なのか大雪の名残?
季節外れの雪が好きな自分には嬉しいルートだよ。
DSCN5113+1.jpg

そして白雲岳に到着。
足首のトラブル抱えた身に岩場登りはキツカッタ。
DSCN5169+1.jpg

白くて眺望無い山頂が残念だったけど一気にガスが引き始めて快晴に!!
うわーなまら嬉しい♪
ここがかの有名な”ゼブラ”スポットなんだね。
残雪期に見たいなー

ここでG君、ノシ。君達と合流予定であったが、見事山頂で合流。
上手い事タイミングが合った。
ひとしきり双方の無事をたたえここでお昼ごはんタイム。
その後はG君持参のスィーツを舌鼓。うん、美味かった!ありがとうね。

先へ進むとまた真っ白(笑)
DSCN5172+1.jpg

そしてここも初めての赤岳山頂
標高は高いけど大地にある山頂なので高度感は希薄かも。
八剣山のヘビを今回のお供にしました。
DSCN5182+1.jpg

本当に綺麗な登山道。
歩くことが楽しいのだ。
DSCN5218+1.jpg
DSCN5227+1.jpg

赤岳の下りルートはもみじ祭りでした。
銀泉台の登山口には観光客が鈴なりでした。
DSCN5266+1.jpg

日帰りの大雪でしたが一本線を歩けたことが十分な満足を得られました。
お手軽に日帰り縦走を楽しめるのだから銀泉台の車両規制も悪く無い。
帰りのバスはラッキーにも座れたのでぐっすりと睡眠時間に充てたのだ。
たかだか30分のうたた寝が体力回復に貢献した。
帰路ではお目パッチリで運転したよ。

あ~楽しかった。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/09/22(日) 19:18:45|
  2. 山歩き
  3. | コメント:0
<<2013 朝活8th  ≪樽前山8≫ | ホーム | 帯広>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。