Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012 尻別岳

春山を目指して留寿都に向かう。
H24TEIMG_7134.jpg

今時期の山事情に疎く積雪状況ならびに埋まり具合が不明。
現地で困らぬようにスノーシューとアイゼンを持ち込む事にした。
ウェアの選択も悩みどころで、とりあえず寒さにヤラレない様にジャケットもザックに
忍ばせた。暑さも予想されるので発汗対策の着替えやタオル・手拭いも沢山詰め込んで、
ザック容量の7割方は衣類関連。30㍑程度のミレーは荷物でパンパン。

もう少し容量の多いザックが欲しいな。



尻別岳は初めてのお山。
初めてはワクワクする反面不安要素も少なくない。
「夏山ガイド」を読んで、ネットで調べて備える。
登坂時間は登山口からおよそ1時間40分。
日帰り登山には丁度良い時間と考える。
H24TEIMG_7110.jpg

で、登山口に向かう林道に到着するが、積雪で車両乗り入れが不可能。
うひゃ~またもや林道歩き。最近そんなのばかりだ。
これで3時間コースが確定。
今時期に夏山ガイドを使うのは無理があるのね・・・。

登山口を示す看板@雪に埋没中
H24TEIMG_7113.jpg
なだらかな勾配の林道歩き続ける事1時間16分経過、登山口に到着。
程なくして雪が消失し地盤が顔を出し始める。
南斜面に位置する登山道なのかほぼ乾燥状態。
尾根を伝う登山道はなかなかの急勾配で手強い山だ。

H24TEIMG_7121.jpg

一部残る雪渓をキックステップで慎重にやり過ごす。
休憩を挟みつつ山頂に到着。
H24TEIMG_7146.jpg


普段から行儀の良いオレだから天気はバッチリだ!

ウソです。同行者の面々の賜でしょう。
山頂は抜群の眺望でサイコーでした。
羊蹄山のシルエットはいつ見ても惚れ惚れしちゃうね~。
H24TEIMG_7159.jpg
どどーんとそびえる羊蹄山
H24TEIMG_7165.jpg

晴れ渡る空の下昼飯がウマカッタですよ。
のんびりくつろいでそろそろ下山準備。

上から眺めると登山道の尾根と林道は並行している様が確認出来る。
登りで予想外な時間を費やして時間も押してきたので下りはショートカットしてみた。
H24TEIMG_7143.jpg


ショートカットルートは美味しそうな斜面もあってシリ滑りグッヅを持ち込めば良かったかも。
そして時間短縮に大いに貢献。安心だったのは多の登山者の足跡。
の山を知っている方はこの直登ルートを常用しているみたいだ。
H24TE尻別岳登山ルート3 (2)

当日は、白羊さん、んださん、そしてお一人様登山でご一緒したM口さん。
大変楽しいお山登りになりました。
また一緒に登りましょう。

記録
登坂:3時間13分
下山:1時間と10分位

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/05/03(木) 10:12:44|
  2. 山歩き
  3. | コメント:2
<<本日の色々 | ホーム | 準備作業>>

コメント

尻別岳… やられた~
エ○パワー充電御苦労様です。次は、昆布岳でお会いしましょうか。
オイラは、アフリカ組会合のため日本海方面某露天風呂にて楽しい時間を過ごさせていただきました。GSスタンバイ願います!…5日雨…かな?
  1. 2012/05/03(木) 17:26:04 |
  2. URL |
  3. 珍ば #-
  4. [ 編集]

尻別岳

ここもいいお山でしたよ。
尾根の急こう配は足腰鍛錬にバッチリ!
周囲の眺望もサイコーですね。

あの尖がった山は何?
後に調べたらそれが昆布岳でした。
魅力的な山の形です。
今度ここに登りましょう。

道南アフリカ露天会合はいかがでした?
いつかは行きたい混浴&太田神社参拝です。
  1. 2012/05/03(木) 22:27:09 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。