Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

本日の色々


今年度のお仕事も完了。
最終電車に乗ることも暫くないであろう。
H24TEDSCN3436.jpg



函館、釧路、襟裳、等々の道内巡業を終えてホッと一息。
2月末より不夜城と化す職場もシバシ消灯時間が早まるであろう。

先日の出張で襟裳から海沿いの国道を走ってみた。吹き飛ばされるから元々少ない雪
も最近の陽気で消失し春の雰囲気満点。
広尾町へ向かうため、お試しで行きは帯広経由、日高経由で道路事情を確認。
結果、帯広経由に軍配が上がったのは道東道の全線開通効果に依るところが大きい。
若干伸びた日高自動車道にも期待を寄せたが、多くの片側1車線に行く手を阻まれる
ケースが多かった。

帰りは寄り道して襟裳岬
風がびゅーびゅー吹いていつもの風景。
変わっていない事に力強さを感じた。
H24TEDSCN3779.jpg


もうひとつ。
関わってきたトンネル工事の貫通式に参列。
北海道新幹線で道内6本あるトンネルの1本。
幾度となく貫通式には参加してきたが、ここの貫通式はかなりの賑わいであった。
報道各社も勢揃いしカメラの照明が眩しいくらいだった。
H24TEDSCN3658_20120331002928.jpg
H24TEDSCN3669_20120331002922.jpg

地元北斗市の首長挨拶は開業を心待ちにしている想いが強く感じた。
昨年全線開業した九州新幹線の視察に出向いたらしく、その時感じたことを述べていた。
実は自分も開業の数日前に鹿児島へ出掛けていたのでその雰囲気を肌で感じたところ。
市長の感想に興味深く耳を傾けていた。すると自分の感じた事と全く一緒であったのは偶然か。

賛否ある北海道新幹線だが自分は待ち遠しい。
函館まで来るのは嬉しい事だが、一層の効果を求めるには札幌延伸は必須事項だろう。
その時期は2035年?
自分が健在であると仮定しても、既にジジイの領域。
待つにはチト長いね。


この時期恒例行事の徹夜を乗り越えて無事3月末を終える事が出来た。
4月は休みを取って遊びに出掛けたい衝動に駆られるが、来期のため
に準備でなかなか叶わないのが実情。

まぁ近場に出掛けてお茶を濁そうかな。
  1. 2012/03/31(土) 01:08:19|
  2. 本日の色々
  3. | コメント:0
<<2012 風不死岳と多峰古峰山 | ホーム | 藻岩山と道南>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる