Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

2012 樽前山

樽前山
H24TEDSCN3060.jpg

支笏湖周辺も春の陽射しに近づいている。
湖面に映る恵庭岳、風不死岳と樽前山。うっすらと湖面が氷結していた。
キシキシ、パリパリと薄氷の軋む音。水流があるのか、氷は河口方向へ
移動しているみたいだ。
H24TEDSCN3075.jpg
H24TEDSCN3083.jpg






寄り道ばかりしているので樽前山の登山口に到着するのが遅くなってしまった。登山口と言っても国道脇の駐車帯だ。冬期間車両通行止めになっている道道を分岐まで歩き、更に林道を伝ってようやく山小屋がある7合目に辿り着く。夏期登山は7合目まで車で向かうので、改めて歩くとなると損した気分になるのは何でだろ~?
H24TEDSCN3092.jpg

山肌には登山者と縦横無尽に足跡が点在。
山小屋まであと少しだ。
H24TEDSCN3101.jpg

およそ2時間弱の修行を終えて7合目到着。
退屈だった林道を終えてようやく登坂開始だ。
H24TEDSCN3111.jpg
駐車場
H24TEDSCN3118.jpg

埋まり始めたのでここからスノーシュー
H24TEDSCN3131.jpg
背後には支笏湖
H24TEDSCN3124.jpg

夏は決められた登山ルートを辿る事になるが、冬は縦横無尽に足跡がついている。ゴロゴロしたこぶし大の噴火石に手を焼くけど冬は雪がキレイに覆ってくれるから歩きやすい事この上ない。コースを外れると植物を踏みつけたり、足跡から崩壊が始まるけど冬はその心配がないので直登することにした。

栗城さん風にカメラをセットして
H24TEDSCN3143.jpg

遅くてもいいから休まずに山頂を目指す。心臓がバフバフするとペースを落とし、余裕があれば歩幅を大きめに。運動不足気味な体を覚醒させるのだ。心配だったクラストもなくスノーシューオンリーでok。道具を準備してきたが、出番は次の機会か。

山頂は予定通りのペースで到着
H24TEDSCN3147.jpg
山頂は風が強いんだね~
H24TEDSCN3153.jpg

昼食はおにぎり2つ食べ、おやつはハイカローのスニッカーズ。
暫し休んで下山開始。
下りはスキーで下る親子のあとを追いパタパタ走って下ってみた。
もちろん追いつく事はないがいいペースで下る事が出来た。
H24TEDSCN3211.jpg

H24TEDSCN3228.jpg

見上げると自分の軌跡だけ
H24TEDSCN3231.jpg

7合目からは林道と道道を歩く。
消化試合っぽい雰囲気を醸しつつ駐車場を目指した。
H24TEDSCN3247.jpg

疲れたけど冬の樽前山も良かった。


記録(駐車場-山頂)
登り:3時間10分
下り:2時間

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/03/10(土) 21:01:48|
  2. 山歩き
  3. | コメント:2
<<2012 紋別岳 | ホーム | 春はもうすぐ>>

コメント

スノーシュで歩いた写真

が、あるかなぁ?と思って見に来ました。
いいですねぇ!!!

スノーシュ遊びは、今一番関心のある事の一つなんです。今度たくさん写真や土産話聞かせてくださいね~
  1. 2012/03/12(月) 19:37:10 |
  2. URL |
  3. テンション #Td5hu85A
  4. [ 編集]

テンションさん

とりあえずスノーシューは使いました。
そろそろ締まってきたので使用頻度も減ってきました。
やはり1~2月のパウダーの時に使うと楽しいです。
終盤ですがまだまだ遊べますよ。
一度山へ出掛けませんか?
  1. 2012/03/13(火) 21:31:56 |
  2. URL |
  3. naoto #BxYCzxlY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる