Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日の色々 07.09.30



IMG_20070815_0064.jpg

めっきり寒くなってきましたね。
つい先日まで暑くてヒーヒー言っていたんだけどな~。暑さ寒さも彼岸までって言うけどホントその通りですよ。早朝のお散歩に出掛けると吐く息が白くなってきました。う~さぶいなぁ~


さて、明日の夕張XCを観戦しようかと目論んでいましたが、急遽仕事になってしまいました。雨上がりの泥ヌタ地獄で苦労する姿を一目見たかったけど今回は諦めます。なにより2週連続バイクに乗らない日々が続いてチト欲求不満です。

来週の三連休(6~8)は何とかしてバイクを引っ張り出して遊ぶつもり。どなたか一緒に遊びませんか?tmでお山遊びもいいし、GSで爽やか林道もいい。MASAさんが本日出掛ける予定の函岳も魅力的だし。う~む悩むところだ・・・。それより天気はどうなんだ?
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/30(日) 02:22:40|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

本日の色々 07.09.23

IMG_20070923_0542.jpg


先週末の30℃越えとはうって変わって涼しい朝の札幌です。3連休は全て晴れ渡り最高のお山遊び日和になりましたね。かく言う自分はずっと自宅及び周辺で大人しくしていましたが・・・。
さて、2週続けて延期となった草野球に出てきました。
ここ最近試合に出ていないので好結果は期待出来ないから、せいぜい怪我をしないように務めるのが精一杯でした。まずはストレッチで硬い体をガンガンほぐしていたらそれだけで疲れてきました(笑)
試合結果はチョロい内容で負けてしまいました(笑)。しかしボクの打率は何と5割!お~高打率ジャン!数字だけは一人前ですが、何の事はない二打数一安打。あまりにも不甲斐ない攻撃で打順が二回しか回ってきませんでしたよ(悲) 守りではフライをキャッチし損ねて太ももにボールが当たってアイタタタ・・・。またしても紫系に変色しています。何をやっても打撲がついて回るウィークエンドです。


ラクダ袋改良
ようやく肩ひもずり下がりから解放されそうな予感。
水分補給用のキャメルバックですが、ボクの所持しているタイプは肩ひも脱落防止ベルトが無い。走っている最中に肩ひもがずり下がってきて邪魔くさくてしょうがなかった。夕張XCでその様な事態に陥ると走りに集中出来ないのでプチモディファイ。マジックテープを左右の肩ひもに縫いつけて脱落防止構造としてみた。見た目はあまりよろしくないが、機能さえ満たせばOKだ!我ながらナイスアイデアとほくそ笑み当日を迎えた訳で袋に水を満タンにし背負ってみると、うぬぬ、息苦しいゾ!?どうやらマジックテープ取り付け位置が上過ぎて丁度首に引っ掛かってしまう・・・orz。結局タイラップで応急処置して急場をしのいだ(恥ずかしー)
IMG_20070922_0538.jpg
肩ひもズリ下がり防止の遍歴
上:首つり仕様のマジックテープ
中:今回投入した新ベルト
下:応急対応のタイラップ

すると丁度良さそうなブツを発見。早速装着するとピッタリフィットだ!ベルトは長さ調整が可能で、ワンタッチで脱着出来る代物。そして純正品であるかの如く色もマッチしている。う~ん満足じゃ♪
ちなみにこのベルトは工事用ヘルメットのあごヒモです。もし同じ悩みを抱えている方が居ましたら是非お試しアレ!

ジャストフィット!
IMG_20070922_0541.jpg


秋の味覚真っ盛りで何を食べても美味いですな~♪ 冒頭の画像は栗ご飯にして美味しく頂きました。体重を絞らなくてはいけない自分には何とも罪作りな気節の到来なのだ。
連休最終日の本日は少しだけバイクの整備にでも充てようかな。まずはセール中のモトバレさんを覗いてきま~す。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/24(月) 09:44:37|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それで夕張はどうだった?・・・ 07.09.18



昨日は町内行事参加と車体整備等に時間を割かれて睡眠不足であるが、楽しい遊びが待っているので問題はない。荷物とお気に入りのCDを借り物トランポに積み込んでいざ出陣!
空は曇り模様。分厚い雲が今にも泣き出しそうな雰囲気であるが、お天気は成り行き任せだからやきもきしても始まらないのだ。前日参加のオランベさんより頂いた情報によると、15日の雨で結構タフなコースに様変わりしていると聞いた。雨の夕張は地獄絵図になると聞いた事があるけど、今回はレースでも無いのだからお気楽に出掛けることにした。雨の事よりお昼ご飯の方が気になる自分。今回の買いだし当番は自分なので、こちらの方が大切なのだ。食材に不足等の不備が発覚した場合みんなから「話が違う」と責められるからだ。一番の重要案件(買いだし)をクリアして一路夕張の街へ目指した。

現地では前日からの参加者や、本日1日のみの参加者で徐々に芝生スペースが車とバイクで埋まり始めてきた。芝生の一部が雨水に浸かっていたりすることから、これまでに相応の降雨であった事が推察される。前日走った車両を見てもそれは一目瞭然。まるで田んぼの代掻きをした農耕機の様相を呈している。なんだか凄そう。

休憩ピットの設営。
IMG_20070917_0513.jpg

満を持して投入されたnasakuraさん秘密兵器のWR250Fだ!まだ新車の輝きを放っている。エンジンの慣らしは済んでおり本日外装類の慣らしをするらしい!?いや~本当にココ走るの?
IMG_20070917_0515.jpg

前日入りしたNinjyaさんにルート状況を聞くと、水たまりルートの一部に深く掘れてはまるポイントがあると情報を頂く。詳細は走ってのお楽しみという事でおあずけです♪
受付を済ませていそいそと身支度を始め早速スタート!
コース概況はズバリ8月26日のXCコースを辿るルート設定である。岩盤ルートを回避するなど途中エスケープルートなどの配慮もされている。スタート前半は林道の一部であったり、水はけの良い路盤材で構成されているので降雨による影響は少ない。つまり走りやすい。ウッズや山肌を切り開いて作ったルートは道路としての構造はなされておらず表土やその下にある粘度で滑りやすい。特に含水率が高まると顕著にいやらしさを増してボクみたいなライダーをいたぶり始めるのです。

ここのコースが初めての4名様を従えて先導役を仰せつかったのでゆっくり慎重にコーステープに沿って走り始めた。最初5名で走っていたがその内バラけてしまい3人となる。例の水たまり3連コースに出くわし慎重にルート取りする。しかし水深を測る訳でないからハマルか否かは通ってみないと分からない。要するにカンと運に委ねられたくじ引きなのだ。で、結局まんまと大当たり!ずっぽりはまってもがくモノだから泥しぶきを背中一杯に浴びちゃったよ~。Junさん引き揚げ作業お手伝い下さりありがとう!

ninjyaさん元気よくウッズを走り回っていまース♪
IMG_20070917_0518.jpg

お隣にいて、一緒に走ったXRさん。深い轍と格闘していました。また一緒に走りましょうね!
IMG_20070917_0520.jpg


1~2周してからピットに戻り小休止。皆さんそれぞれタップリ楽しんで戻ってきました。
其の一:うなだれるnasakuraさん。想定外の外装慣らしが進んで
IMG_20070917_0524.jpg

其の弐:うなだれるMASAさん。激下りで前転を披露して帰還。背面が見事な泥んこ状態♪
IMG_20070917_0527.jpg

其の参:ジックリと走って来たまたぎさん。オンコースだけでは飽きたらず、笹藪にも寄り道しながら戻ってきました。天晴れだ!!
IMG_20070917_0529.jpg


コースレイアウトが前半と後半を別々に走る事が出来ることから、1周をフルに走ってみたり、特定のルートだけを攻める事も可能で皆さんそれぞれの楽しまれていた様子。ボクは苦手の岩盤を数度チャレンジしましたが一発登坂はならず、押して押して押しまくる修行の場になってしまった。実は何度か目のアタック時に黄色いマシンの方(匿名の師匠です)が岩場で止まっている。しめしめ、ココでどか~んと抜いてイイ所を見せましょうとコースを左に取ったらバッスンと止まってお終い。イイところ所か無様な姿をさらすだけ。ね、結局こんなところがボクの実力。
途中焼き肉タイムで午前消費したエネルギーの補充。泥まみれの姿で皆さんと食べる焼き肉もこれまたウマし!満腹で眠気が催さない内に第二部スタート。その後皆さんそれぞれのフリーライドを堪能した模様です。
さぁ午後の部スタート!
マシンと対話しながらコースへ向かう珍ば師匠。
IMG_20070917_0531.jpg

EDルートの山岳ツーリングへ出掛けるjunさん。
IMG_20070917_0532.jpg

オマケの自分。
IMG_20070917_0533.jpg


夕刻になって順次後始末をして帰路につく方もチラホラ見えました。我々も最後のひとっ走りを終えてフリーライド終了です。いや~ホントに楽しかったなぁ♪
参加の皆様大変お疲れでした、また遊びにいきましょう!





でもって、楽しいオフロードイベントから帰宅すると待ち受けているのが大洗濯大会。帰宅後そぼ降る雨の中、薄暗い明かりを頼りにゴシゴシジャブジャブ。自宅前で水道を使いライディングウェア、ブーツ、ヘルメット、ゴーグルの泥落としに続き、大物であるバイクの洗車。今度は洗濯機で衣類を洗い始める。ライディングウェア、ヘルメットの内装、エルボプロテクタ、山賊手拭い等々。楽しいお山遊びの後には地味~な作業が待ち構えているのだ。はぁ~疲れた~。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/19(水) 00:00:24|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夕張フリーライド  07.09.17

参加の皆様大変お疲れ様でした♪

ホントは晴れる予定(実は隠れ晴れ男)だったんだけど、珍ば師匠の雨乞いのパワーに負けてお昼過ぎから小雨でした。ようやく夕張の本当の顔が少しだけ垣間見られました。一周するだけで泥んこ天国もとい地獄でしたね♪ 皆さんそれぞれゴロンとやったみたいで、そりゃ見事な泥人間の出来上がり。

怪我もなくマシントラブルもなくとっても楽しい1日でしたね~!
お昼の焼き肉も美味かったし言う事無しです。

皆さん汚れに汚れまくって後始末が大変ですね。ボクもこれから片づけに掛かります。放置するともの凄い事になるし(笑) 詳しくは後ほど。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/17(月) 19:05:12|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

本日の色々 07.09.15

IMG_20070915_0509.jpg

今週は色々と忙しく走り回っていて、お仕事もお山踏査が主体の泥んこウィーク。
赤鬼に出迎えて頂いた登別方面の山を歩き回ってヘトヘト。翌日は北見でこれまたお山の藪こぎ修行。蚊の大群に襲われつつ3時間山の中を爽やかトレック。すっかり泥だらけになったが着替えも無いのでそのまま帰宅。泥まみれなウイークデイだった。まぁ嫌いじゃないからいいか。

自生するホップ。お山には色んな植物がある。
IMG_20070912_0505.jpg



今日は朝から草野球の予定であったが雨でキャンセル。2週続けての延期にチョッピリ辟易とした気分になる。どちらかと言えば野球そのものが好きと言うより、その後の焼き肉がすきなのがホントの所だ。バイクでも似たような所があって走りもとっても好きだけど、その後みんなでワイワイするのが好きなんだな。


さて、週末一日目の行事がなくなりすることは一つ。
お昼寝だ。ビッグタンクマガジンの夕張XCとGS4daysの記事を読みながら夢の世界へ。本能に従順となり惰眠をむさぼり平日の疲れを癒していました。それでもまだ眠たい。
明日は町内会行事のお手伝いとtmのメンテをして過ごすつもり。そして17日は夕張へ出掛けフリーライドしてきます。雨降ると大変なので照る照る坊主こさえました。17日遊びに行きましょう!!


週末用の車を準備した。
ワンボックスのトヨタハイエース。
 IMG_20070915_0510.jpg

豪華装備とは無縁なシンプルで無骨な内外装。マニュアルミッションだし、窓にモーターなんぞ着いていない。荷物を運ぶ事だけに目的を絞った潔いスタンダードモデルだ。この車結構速い。前モデルの3Lエンジン搭載車はいかにもディーゼルな雰囲気満々のエンジンであったが、コイツは俊足でビックリだ!チト線の細さを感じるエンジンフィールであるが気持ちよく走らせる事が出来るランナバウトワンボックスだ。ブレーキもガツンと効くので制動に不安もない。仕事に遊びにハイエースを選択している理由が分かったような気がする。こんなの欲しいな。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/15(土) 22:48:41|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

本日の色々 07.09.11

夕張XC第二戦の回想録

順位にこだわらないで臨んだ夕張XC第二戦。完走を第一優先に目指したので当初目標は達成できたので自分としては大満足である。しかし自分がどの様な走りをして今の成績に納まったのか?また、周囲はどの様な結果を残しているのか?公式発表のリザルトをベースに気になるポイントを抽出し軽く検証してみた。

比較検証するには様々アプローチ手法があるだろうが、今回の検証では一般的な算術平均による周回タイムを使う事にした。各クラスで周回数に相違がありため、まるっきり同じ土俵での比較にはならないけど、おおよその目安にはなると考えました。

以下の条件でデータを取りまとめた。
1)完走者のみのデータを採用
2)クラス毎周回数が異なるので一周当たりのラップタイムを使った分析にしてみた
3)クロスカントリーコースは一周12kmとした

データ其の1
まずは基本となるデータから。
NO-1.jpg

NO-2.jpg

ベースとなるデータから読み取れる事。
1.AA、Aクラスの速さが際だつ。両クラスの差はおよそ2分
2.Bクラス中、BⅠ、BⅡの差はない。マシンの優位性を発揮出来ないコースレイアウトであったと考える。
3.首位と下位の相対差は上位クラスほど差は少なく、下位クラスでは大きな幅がある。
4.AAクラスは1周当たりのラップタイムに変動が少ない。安定した周回をこなしている。


9月12追記

データその2-1※9/14修正済み
各クラスの走り方を良く見る事にした。
基本データを元に最速ラップと、最遅ラップを抽出した結果である。
NO-3.jpg

・少し乱暴に言い切ってしまうと1周目が最速ラップで、疲れの出始める最終ラップ付近が最遅となっている。これは体力・気力とも充分みなぎる競技前半に好タイムをマークし、コースも荒れて疲れはじめた終盤にはタイムが落ち始めると言う、ごく順当な結果出なかろうか?
・初っぱなより最速タイムをたたき出すAAとAクラスはお化けだ!!
・Bクラス、funクラスは体がコースに馴れる2周目以降が好タイムとなっている。
・面白いのはAAクラスを除き最終ラップに若干の頑張りが見える事。自分もそうであったように有終の美を飾ろうとする心理からか?

データその2-2
統計データのバラツキ要因となるラップタイムにムラのある数名のデータを排除して、Bクラスの最速ラップと、最遅ラップを出してみる事にした。
NO-3-2.jpg

・想定通りBⅡクラスの最速ラップは他のクラスと同様に1周目という結果に落ち着いた。言うなれば自分の1周目がBⅡクラス最速データの足を引っ張っていたいたことが証明された。でへへ!
・BⅠクラスに変動は無し。他クラスとのトレンドの相違はサンプル数の少なさが要因か?

データその3
でもって、今までの結果表にボクの結果を挿入し比較してみる事にした。そこには見るも無惨な惨憺たる結果が待ち受けていた・・・orz ウヒャァ~~~(恥ずかしいなぁ)
まぁ冷静に分析する事にしよう。※一部間違いの修正あり。
No-61.jpg

・とにかくオ・ソ・イ!! 5周目の39分て何だ?まるで林道ツーリングに着たオッサン状態だゾ。
・山賊ピットでくつろぎ過ぎ。まるで夕張に遠足に来た小学生みたいだゾ。
・脈絡のないラップタイム。走り方にムラがアリ過ぎ。
・だから言ったろ?転けるなよって!
・funクラスにも及ばない成績。こりゃ一から出直しだな!
・あれ?最終ラップはリキ入れて走ったんだけど遅いな。岩盤でゴロンが影響したか?
・だけどね、仲間も沢山居て楽しかったから成績なんてどうでもいいやぁ~♪と、話をそらしてみる(笑)

余裕ぶっこいてピースサイン出すどっかのおぢさん。完全に爽やか林道ツーリングと勘違いしているヤツ!こりゃアカン。※ninjyaさん画像頂きました~。
e0022736_1126289.jpg


これはあくまでも備忘録であり、今後の楽しい山賊ライフを送る上での指標にもなろう。今の自分には理屈を並び立てるより、バイクへの習熟度を深める事と体力増強が一番に求められるのは周知の事実である。順位をとやかく言うのではなく、競技結果を客観的に捉え今の実力が何処にあり、今後何をすべきなのか明確になったと考えている。
色々見ると笑っちゃうような事ばかりでした。
漫然と競技に出るのではなく、順位による分析を踏まえ、反省と今後の競技に向けての目標(目的)樹立に役立てていきたい。


さぁ次なる目標に向けて頑張るぞ~!


テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/11(火) 01:27:26|
  2. tm250
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

本日の色々 07.09.07

今週末は所用によりノーバイクデー。
まぁ先週もゲレンデ4daysで遊んだことだしタマにはおとなしく色んな用事を済ませるつもり。気候もめっきり秋の気配が漂って来ましたね。ぼやぼやしていると白い物が降りてくるので計画的に行動していきたいものです(予定を立てるのが苦手だけど・・・)


8日は野球
むむ、人材不足により駆り出されたけれど大丈夫かな?
夕張XC後はすっかり運動もさぼり気味で体重も戻りつつあるんだよな~。張り切りすぎるとアキレス腱切ったり、スライディングで擦過傷になったりと野球は怪我の宝庫ですからね~気を付けねば。それと台風9号の影響は大丈夫かな。雨降りの野球はそりゃ悲惨でドロドロになっちゃうしね。出来れば逃れたいな~

9月8日追記
IMG_20070908_0495.jpg

と、思っていたら中止の連絡。やはり台風9号の影響で中止の判断が下った模様。まぁ順当な判断でしょう。しかし、朝起きると台風一過のスッキリと晴れ渡ったお空。嬉しくも恨めしい青空に心境は複雑だ。

今日、明日は大人しくガレージの清掃作業でもします。夕張XC,GS4DAYSの後かたづけが残っており、内部はゴミ溜め状態なのだ。
IMG_20070908_0496.jpg


16,17日は夕張フリーライド
苦手を克服すべく夕張F・Rに参加予定。何より自由気ままにあのコースを走り回れるのは魅力的です。都合により17日の1日だけの参加を計画。ホントは2日間みっちり稽古すると少しは馴れるのだろうけど、16日は町内行事で裏方さんのお役目を頂戴する羽目に・・・。タマにはこちらのお務めもしっかり果たさなきゃね~。
こんな所や・・・
IMG_5421_jpg.jpg

あんな所や・・・
7yubari420.jpg

ホコリの中で・・・
_MG_3695.jpg

走ると楽しいです。操作技術も大事だけど、体力増強が当面の課題。今回のFRでは連続走行にチャレンジしてみよう。

トランポ欲しい・・・
tmで遊ぶのならやっぱりトランポが欲しいな。とても便利だし、遊びのフィールドも広がるから欲しいところ。

だけど我慢しよう・・・。
  1. 2007/09/07(金) 18:43:14|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ゲレンデシュポルトフォーデイズ 07.09.02

今年も開催のゲレシュポ4days。
猛牛2daysとのコラボ開催である。毎度の顔ぶれや1年ぶりな面々、そしてお初な方々とお会い出来る楽しみなイベント。遊びのフィールドは毎年違えど、各地よりビッグオフでゲレンデ遊び好きな面々がベースとなるヒダカの地に集結。主催者は参加者で、趣旨に賛同する有志での開催。誰かに楽しみを提供してもらうのではなく、自身で愉しみを見いだす集まりだ。さて今年はどんな風かな?

IMG_20070901_0335.jpg

Day2の9月1日から合流した。
集合場所は札幌近郊に位置する道の駅。ほぼ定刻通りに到着すると、身軽なヒダカ前泊組の面々が集合済だ。ボクを含めた当日合流者がポツポツ集まり始める。およそ20台弱程度かな?結構な台数に膨れあがってこれからの林道ツーリングに気持ちが高ぶる。

天気が良くてイベント日和。
9月の割りには気温も高くまともにジャケットを着込むと汗ばむほどなので、プロテクターの上にはペラペラのジャンバーだけにした。バイク用でないためかベンチーレーションが不十分で、走っている割りには熱の逃げ場が少なく暑い。荷物は最小限にとどめたつもりであるが、寝袋の寝具セットに着替えを入れると左右のパニアは満杯になってしまう。どうも旅慣れていないせいか荷造りは苦手な作業である。いろんなシュチュエーションを想定し過ぎて、簡単な旅も引っ越しパックになってしまう。そのくせ肝心なモノを忘れてしまう事もあり呆れる事が多い。

さて、幹事役のraizo氏より本日の旅程説明がなされる。
まぁ簡単に言えばダートを繋いでヒダカの街を目指すという事。人数も多く全集団での移動は物理的に困難が想定されるので2分割で移動とした。参加者は自身の嗜好や経験を自己判断の上、編入すべきチームを決めた。
A班:アタックチーム!ビッグオフを意のままに操る経験豊富なダート集団。
B班:爽やかチーム!緑のトンネルを爽やかに駆け抜ける林道トレックグループ。

MASAさんがA班の、ボクがB班の先導役で道の駅をスタート。

いつも好き勝手に走っているだけで、当該ルートの地理に明るくない自分。B班チームを上手にリード出来るかな? IMG_20070901_0339.jpg




9月3日追記分はここから(画像は後で挿入予定)

今年はコマ図ラリーの形態は取らず、おおよそ事前試走により確定しているルートを先頭車両のあとを追う追随方式となった。B班はボクを含めて10名のメンバーで構成される。道の駅を出発して右折地点でいきなり悩む。先発のA班は先行してしまい姿はとっくに見えなくなっていた。ええいままよ、とばかりに勘を頼りに曲がったところ無事目的ルートに乗っかった。ホット一安心もつかの間で、今度は林道入の入り口が分からない。いつもは出ることだけで、逆進することは皆無だから分からないのである。何とか迷いつつも無事目的の林道-1に入ることが出来た。

休憩中なのだ。
IMG_20070901_0340.jpg
 
ストレートを駆け抜ける。カッチョエーなー!
 IMG_20070901_0352.jpg
 IMG_20070901_0356.jpg
 IMG_20070901_0362.jpg
 
林道トレックであることからペースを控えめに要所要所で休憩と人数確認をしながら進んで行く。一度タキラルの東屋に立ち寄り、A班との合流を試みた。きっとB班にもチャレンジ精神旺盛な方がいらっしゃるだろうから、A班のアタック模様を見て貰おうと考えたのだ。が、未到なのか出発済みなのか分からないけれど、合流に至らず。

少しココで待ってみたけどアタック班とは会えなかったな~
IMG_20070901_0366.jpg


次なる合流ポイントの苫小牧方面を目指した。
ここからは暫しのリエゾン区間を楽しむ。休日の観光地であることと、工業地域への抜け道である国道で、ほぼ全線追い越し禁止区間でのんびりと走る。支笏湖を右手に眺めながらプチ観光も取り入れたルート設定だ。実のところ林道を経由することも可能ではあったが、ここ数週間の好天により林道が乾燥しきって、後続車両が埃まみれになる事態に陥ってしまった。爽やかトレックは自分だけで、後続車両は忍耐トレックを強いてしまったようだ。

そんな経緯で快適国道を繋いでポイント-Uに向かう林道入り口に到着。ここもフラットで硬く締まった快適林道。一部火山灰のルーズな路面こそあれ走行に支障をきたす難所はない。ほぼ一定速で走り抜け、若干舗装路を繋いで目的のポイント-Uに到着した。合流時刻を過ぎておりA班がポイント-Uを探索中かと思いきや、入り口を間違えて迷子になった模様で結局ココをキャンセルする事に。我がB班は希望者のみが軽~くアップヒル、ダウンヒルで腕試し、肝試ししながら小一時間チャレンジして遊んでおりました。

ビッグオフでダウンヒル&アップヒルは圧巻だな!
 IMG_20070901_0377.jpg
 IMG_20070901_0382.jpg
 IMG_20070901_0385.jpg

無事みんなと合流出来た。
IMG_20070901_0387.jpg

合流地点のM石油に到着。人間の水分補給と、バイクの給油を済ませ、A・B班混成で本日最終林道の猛牛の丘へ出掛ける事にした。途中コンビニで昼食を買い込み、丘で食べようと言う寸法である。逆入り口からアプローチするため、不案内な自分をまたぎさんがサポートしてくれた。道々からはボクがバトンタッチして先導するといきなりミスコース。農家の軒先へお邪魔して慌ててUターンする羽目に。みんなゴメンね~(反省)
次なる目的地へ向けて移動中。
 IMG_20070901_0390.jpg
 IMG_20070901_0396.jpg

ようやく猛牛の丘入り口を見つけて登坂開始。
登坂ルートは部分的にサクサク火山灰のため、救援を要する車両もあろうかと思い中腹で待機した。スイスイッと通過する者、悪戦苦闘する者、ゴロリとやってしまう者、それぞれのアプローチ手法で丘を制覇(ないしは返り討ち)していました。TAKUさんもポイント-Uでの教訓を生かしながら堅実な走法でこの丘を登頂する。ここは山のピークでそよ風が何とも心地良いポイントで、昼食にはうってつけの場。

丘へ向かう最中です。
IMG_20070901_0401.jpg

IMG_20070901_0404.jpg

IMG_20070901_0407.jpg

IMG_20070901_0408.jpg

IMG_20070901_0412.jpg

IMG_20070901_0419.jpg

丘からの帰り道
IMG_20070901_0436.jpg

IMG_20070901_0442.jpg

IMG_20070901_0444.jpg


しばらくここで歓談した後、ヒダカの街へ向かうことに。道々までのダートは埃が凄いことから少しだけ先行して、後続車への影響を最小限に留めようと埃の沈降を期待した。するとボクの意図を知ったか知らずか、1200GSの猛追に合う羽目に。
追っ手は“またぎ”さんだ!
今回のフォーデイズを焦点に、お出掛け用の登山靴(ブロックタイヤ)を新調するつもりが在庫切れで、革靴(ロード寄り)での参加となったらしい。しかし、そんなことはお構いなしにボクのテールにピッタリとロックオン♪ 逃げるボクを鼻歌交じりで追いかけましていたとさ!は~疲れた~

余談ではあるがポイント-U,猛牛の丘登坂で明らかな進化を遂げた方が!!
柿色信者で、柿色布教委員長を兼任する950ADV使いのケイン委員長だ。走りに鋭いキレが見受けられた。いつもならスタックしているであろう登坂ルートも(失礼!)涼しい顔してサラリと通過しているし、何より「今日はバイクを倒す覚悟で来たのだ!」と鼻息も荒い。小耳に挟んだ話であるが、どうやら打倒BMW(のんたん、naoto)を合い言葉に、ダートの師匠まで招へいし日夜鍛錬に明け暮れているらしい(スゴイゾ!)。最近は200SXの導入も視野に入れるなど、小さい方での勢力増強を図るプランも構想中だとか。血気盛んなケインさんに押されっぱなしだ!ぼんやり過ごしている内に“勇払の疾風(ケインさんの事ネ)”に“石狩のんきおやぢーず(僕のことネ)”は既に先を越されているのが周囲の一致した見方らしい。むぅ~挽回しなくては!
色んなドラマを展開しつつ目指すはヒダカの街。1時間程度の移動路はお腹も空いてきたことも手伝い、右手に力も入り気味だ。時折気持ちをリセットしながら無事にヒダカ到着と相成った。
IMG_20070901_0450.jpg

既に到着済みのA班は温泉で汗と埃を流しているみたいだ。直接ヒダカ入りする方々もチラホラ集まり始め挨拶を交わす。僕らB班も買い出しやマシン給油に出掛けたり、簡易的にシャワーを浴びて汚れもサッパリです。夜宴の準備も着々と進められ、炭火を熾し、食材をカットしてジンギの準備に余念がありません。tettさん差し入れのサフォーク肉(顔の黒い羊)もとっても楽しみだ。乾杯の音頭を皮切りに、【2007ジーエスフォーデイズ夜の宴】が始まった♪
冷えた生ビールと、なまら美味いお茶で喉を潤し会話も弾む。夕食は北海道定番のジンギである。今回は通過する街の特産である厚真ジンギスカンをMASAさんとraizoさんが段取りしてくれた。そしてサフォークの串焼きも滅法旨かったなぁ~

共通の趣味がバイクでなおかつオフロード系な集まり。アチラコチラで話が盛り上がって笑い声が終始絶えなかったようだ。
ふと聞き耳を立てるとこんな会話が・・・
後続者「監督、話が違いますよ。酷い埃でしたよ。一体どうなっているのですか?」
監督 「君たちには悪いと思っている・・・。まぁ我慢してくれタマエ」
何処かで聞いたことのあるこんな会話があったとか、無かったとか。


そしてヒダカの夜は更ける・・・




明けてday3
鰯雲が空一面に広がって秋になったことを教えてくれる。雨の前兆とも言われるけど、その後のヒダカはどうだったのだろう?
IMG_20070902_0461.jpg

のんびりと朝食中
IMG_20070902_0465.jpg

本日の予定はマサニコロベツ林道である。これから別方面へ移動する者や、所用による帰宅組を除いて9:00出発に向けて準備が進められた。ボクも残念ながら帰宅組なのだ。何度も一緒に出掛けようと考えて、途中離脱した場合のスケジュールを頭の中で組み立ててみたものの、時間的に間に合わないことがハッキリしたので潔く帰宅することにした。その後のお楽しみ林道はMASAさんからの報告を待ちましょう♪
朝のブリーフィング風景。
IMG_20070902_0481.jpg

でもって皆さんお出掛けデース!
IMG_20070902_0485.jpg



皆さん今年も楽しい集いをありがとうございました!
来年も同じようにヒダカの地でお会いいたしましょう!!

[ゲレンデシュポルトフォーデイズ 07.09.02]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/09/02(日) 23:55:32|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。