Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日の色々 07.08.31

IMG_20070828_0289.jpg

楽しかった夕張XCも終わった今、キッチリと日常生活に戻っております。心地よい緊張感に包まれた夕張いかったなぁ~♪まぁそんな余韻に浸ることなく忙しい日常業務に振り回されています。

8月も終わって、明日からは9月なのだ。だけど今年は蒸し暑い日が続いたな~。暑くてバイクに乗るのも嫌気がさすほどの気温でヘロヘロになるし。しかし、8月も後半となるとようやく北海道らしいカラッとした気候が続いて快適になってきたね。まさしくこれからがバイクシーズンなのだ♪朝は肌寒く、日中はジャケットを脱ぎたくなるのが理想の気候。バイクシーズン後半の部も楽しく走りたいですね。


そうは言ってもバイク三昧な自分の行動にチョットだけ気が引けるのだ。家族は仕事、学校、塾、バイトなど忙しく行動している中、遊び呆けているキリギリスおやぢは完全に浮いた存在。
タマの出張帰りにはお土産が必須アイテムとなるのである。モノは何でもokだが、普段と違うモノを買って驚かしてやりたい。

そこで巷で人気の生キャラメルなるモノを買ってみた。
興部はノースプレインファームのキャラメルだ。例の牛乳が旨いNPF製だ(勝手に頭文字化)。ついでに牛乳&飲むヨーグルトも一緒に買ってみたり。実はコレ札幌市内で買いそろえたのだ。便利な事に札幌駅の中にあるどさん子プラザで売っている。

キャラメルと飲むヨーグルト、牛乳も買ったよ。
IMG_20070828_0309.jpg

キャラメルはこんな風です。
IMG_20070828_0310.jpg

驚いたのは味ではなく値段!!
何気なく支払いを済ませようとオネエさんに値段を問うと750円也!! うひゃ~何かの間違いじゃないのか?? 買うの止めようかと考えたけど、格好悪いからとりあえず買う事に。ビックリっす。今時のキャラメルってこんなに高いのかね。

とりあえず娘達は喜んで食べていましたから、ヨシとしましょう。はぁ~いかったいかった♪
そんでどんな味?と箱を見たら無かった・・・orz


気を取り直してこれからのモーターサイクルカレンダー

8月31~:GS4days in HIDAKAです。皆さん林道+ジンギを楽しみましょうね~♪

9月16、17:夕張フリーライド。XCのルートを自由に走り回れる楽しめるイベント。対向車の来ないダートを思う存分自分のペースで走れるよ。みんなで走って、ジンギなんていいかも。

9月16日:ムックさん企画の空知林道を楽しもう♪烈さんに案内して頂ける空知アタックツーリング。コレとっても楽しそう。烈さんについて行けるかな? 

9月22日:猛牛道東ツー。秋の道東ウマイもの巡り+林道散策かな?

9月30日:夕張XC第三戦。再度挑戦して時間短縮に挑戦してみるか?

10月中旬:南北海道エンデューロ。ここも大いに興味アリ。


日程に間違いがあったらドシドシ指摘願います。

さぁどうしようかな?
スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 05:22:09|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕張XC参戦記 07.08.29

8月26(日) 競技当日

遂に来た夕張XC出場。
準備に要した時間と費用、そして今までの爽やか林道での修行が試される時だ。おっと、肩の力が入りすぎている、あくまでも競技自体を楽しむために出場するのだった。
当日の朝応援部隊が駆けつけてくれて嬉しい。[山賊ピット]はにわかに活気づいてきた!反面、チョロい走りを見られるのはチョッピリ気恥ずかしいな。

準備万端、さぁ、一丁気合い入れて走るかぁー!!

【朝】
昨晩は準備に併走した疲れからか寝袋に潜り込んですぐに寝入ったようだ。十分な睡眠で心地よく6:00に起床し周辺をお散歩。朝の空気はとってもウマイ!空は予報通りな曇天で嬉しい。暑がりな自分はギラギラの中ではまともに走ることなど出来ないから丁度良い空模様である。のんびりしたキャンプ場の雰囲気が漂いこれから競技があるなんて考えられない。しかし参加者が続々現地入りし、駐車場は一気にトランポであふれかえってきた。競技への準備が始まってなんだか緊張してきたぞ!

参加者のピット風景 凛とした空気が漂う
 IMG_20070826_0241.jpg
 IMG_20070826_0242.jpg

モトバレさんのピット。
IMG_20070826_0243.jpg

山賊ピット風景。現在朝食中です。
IMG_20070826_0240.jpg


【当日の流れ】
・車検、受付 7:00~8:00
安全に競技を進行するため出場車両の検査が行われる。車体の目視点検と、制動に関するチェック、車軸のガタなどをみられました。そしてMFJへの会員登録を済ませた。我がQちゃん(tmの愛称)も無事車検終了。
・ライダースミーティング
主催者のハタさんより、本日の競技運営方法について説明を受ける。内1周目は確認走行のため競技時間に反映されない。タイムリミットは5時間。スタートはゼッケン順に順次スタートする。Funクラスは一部ルート(V字谷越え)をパスする処置と、確認走行をカットしてそのまま競技に入るとのアナウンスがあった。
・競技開始 9:40~
車検・受付に時間を要したためスタート時間が延びた模様。

【今回の競技】
cross1との併催である夕張XC第二戦。クラスは大きく分けて4つ。AAクラス、Aクラス、Bクラス、funクラスである。ボクが出場するクラスはBクラスには排気量の違いでBⅠとBⅡがあり、出場するのはBⅡクラスだ。

       周回数  参加の分類
AA クラス:  10周 夕張XC、及び他のエンデューロ大会での上位入賞経験者等の上級者
A クラス: 9周 夕張XC、及び他のエンデューロ大会での完走経験者等の上級者
B クラス: 7周 夕張XC、及び他のエンデューロ大会への参加経験者等の中級者  
Funクラス: 5周 初級者

やっぱりボクが出るのはfunクラスが丁度良さそうな感じであるが、ここは一念奮起してBクラスにしてみた。給油(休憩)などのピット作業も自由である。

【競技開始!】

緊張感が無い・・・。
20070829011324.jpg
 photo by Mr Matagi

いよいよスタートだ!
ゼッケン順に十数秒間隔で各車スタートを切る。
出発直前の画像。ピットロードを併走するコースを駆け抜けるのだ。
7yubari091.jpg

最初の1周目はコースの確認走行。コースレイアウト、危険箇所の確認のため、目を皿のようにしてくまなく見渡した(つもり)。全体として起伏に富んだレイアウトで、登っては下りをくり返す感じであった。一部平坦な直線ルートや、クネクネと曲がりくねったトリッキーなコースである。

登りウォッシュボードを駆け登ってきた来た所。泥ヌタ前なので車両が綺麗だ。
IMG_3837_jpg.jpg
photo by ENDURODAYS.COM

要注意箇所と感じたのは2箇所。
第一に岩盤登り。
雨が降ると地獄絵図になるここの登りも暫く降雨がないのでまともな状態らしい。条件が良いとは言え、岩盤部までの登りアプローチ部はゴロゴロ石が助走スピードを押し殺す。一旦停車するとリスタートがキツイのである。

岩盤登り。たまたま上手く登れたシーン。6周は一生懸命押していたんだけどね(笑)
7yubari150.jpg


第二に沢越えルート。
V字になった沢を越える訳だが降りる角度きついため、フロントが刺さって前転しそうな位怖い所だ。登りは登坂したバイクのタイヤが沢水を引っ張るため濡れ始めるので滑りやすいから要注意。

ビビリながらおりてきて、これから登るところ。勢いが無いから登るのが大変なのだ!
7yubari493.jpg

他にも落とし穴が存在するが注意深く走れば何とかやり過ごす事が出来よう。ようやく確認走行して大まかなコース状況の把握をした。


でもっていきなり山賊ピットで休憩(笑)
もうレースはスタートしているけど慌てない慌てない。どっかり椅子に座り込んで水分補給して休憩。今思えばのんびりし過ぎたかな。
休憩を挟みこれから出発。休んでる場合じゃないゾー!!
64ca.jpg
 photo by Mr tett

続いて連続2周するが楽しい所とそうでないところがハッキリと分かれてきた。開けた作業道風なルートはいつも走り慣れた所と類似しているため、すんなり入り込めて楽しい♪何より対向車の心配がないからガシガシスロットルを開けることが出来る。先行する選手のホコリが凄まじいがのんびり走れば視界も開けてイイ感じだ。ウッズはクネクネで轍も多いがまぁこんなものでしょう。今まで散々木の根で滑って転けているので気を付けて走行したが、あっさりゴロン(笑) 一瞬の出来事に本人は何が起こったのか分からなくてポカンとする始末だ。最近はゴロンとする事が多くなってきたためかリカバリーも早い。人車共に問題ないことを素速く確認して再スタートだ。
周回遅れになるため後ろからはバオンバオンとか、バイ~ンとか鋭いエキゾーストで後続車両の存在を知ることになる。シングルトラックなどの追い越しが物理的に不可能な場所は少し我慢してもらい開けた所で一気にボクを追い越していく。追い越しも激しくて石つぶての攻撃を受けながら何とかやり過ごす。教えの通り変に避けたりせず追い越し車が通り過ぎるのを待つのみだ。それでも狭いところで接触したりするのは日常茶飯なのであろう。あちこちぶつかりながらボクを追い越す者。追い越されるタイミングが合わず、笹藪へ追いやってしまったりと(ゴメンね)楽しい事が要所要所であった。

轍の深いウッズを駆けのぼり、真剣に走っているところ。
IMG_4715_jpg.jpg
 photo by ENDURODAYS.COM

父さん格好いいだろ~?と娘に画像で自慢したら「猫背過ぎ!」と一蹴された。もうチョット褒めてくてもいいのに・・・。IMG_5424_jpg.jpg
 photo by ENDURODAYS.COM

嬉しいことにコースの所々に応援に駆けつけてくれた方々の顔が見える。スタート前にはまたぎさんが写真を撮りに来て頂き緊張が和らいだ。オランベさんは下りの場所でじっと観察しているので転けないように頑張って走った。またtettさんもあちこちでカメラを構えているのでチョット緊張だ。調子に乗るとすぐにネタを提供してしまうし。Ninjyaさんとエンデューロデイズ管理人さんのご両名はこのコースを知り尽くしているのか、いわゆる難所的な場所で遭遇する機会が多かったみたい。登りのウォッシュボードやウッズの滑るところ、そして岩盤登りなど、ネタを提供しやすい場所にいらっしゃたのである(笑) 声援を送ってもらったり、岩盤で押して貰ったりと大変お世話になりました。何故か転がるシーンを提供することはありませんでした。

話は戻ってやはりボクの鬼門は岩盤登りであった。8周の内まともに登ったのは2周だけ。数台がスタックし登頂予定ルートが塞がれて、次なるルートを探しあぐねている内に止まる羽目になるのだ。結局いつもの通り“押し”で乗車可能位置まで引き上げてスタートすることになる。上手い人とそうでない人の差はベストルートの選択を瞬時に判断しスタック車両をパスする能力に長けていることを実感した。最終ラップははまっている車両が無かったので、試しに右側から仕掛けてみるとイイ感じに登り始めた。おおっ、本日一番の岩盤登り達成だ!と思う間もなくスリップして右にゴロ~ン。この辺りがいかにも自分らしい(デヘヘ)。ウッズの轍掘れには沢山のマーシャルが待機している。と言うことはここも難所か?恐る恐る轍にはまってみると、スルスル順調に登ってしまい拍子抜けしてしまう。どうやら技量ではなく新品のコンペⅢに負うところが大きいようだ。
中盤以降は疲れもピークに差し掛かりあちらこちらで転がったり泥ヌタにはまっている車両が目に付くようになった。普段の林道散策と違い競技であるから、深刻なダメージでなければパスして先に進んだ。殆どのルートをどっかりシートに座って走っていて、普段の爽やか林道風に走っているのはご愛敬だ。速く走りたくても技量が伴わないので地味走りが結果的に一番速く走ることに繋がっているようだ。

びゅ~んと走ってきて・・・
b0e2.jpg

最後の下りを慎重に・・・
p1000644.jpg

するとゴール地点に到着し、時間計測の実施と周回記録用紙に穴を空けてもらう。そして新しい周回がスタートなのだ。
p1000653.jpg


都合3度ほどカフェ山賊に立ち寄ってピット作業と称した休憩を決め込んだので大分時間も押してきた。順位などは一向に気にしないが、タイムアウトはイヤなので最後の3周は無休憩で走ってみた。何故なのか後半がとても楽しく軽快に走れた気がする(あくまでも気だけネ)。ルートはほぼ掌握したので踏ん張り所と控えめに走るところの区別を付け、焦ることなく気持ちよ~く走れたのである。既に殆どのエントラントが走り終え、残りの数名で貸し切り状態でコースを走っていたみたいだ。邪魔することも邪魔されることなく最高に楽しい走りができてゴールに到着。周回数を記録する用紙にパンチアウトしてもらいボクの夕張は完結したのだ!


皆の待つ山賊ピットに戻る。
しばし心地よい疲労の中、椅子に座って放心し緊張をほぐす。やり遂げた充足感が何とも心地良いモノです。林道大福と焼き肉が何とも美味かったです。
さて、主催者側よりリザルトの発表と表彰式開催のアナウンスが入る。みんなでぞろぞろ開催本部へ向かう。Funクラスでモトバレのフクちゃんが堂々の2位です。ホントは真ん中のお立ち台に立ちたかったところでしょうが、次回期待しています。
続いてBⅠクラスで珍ばさんが3位の栄光を勝ち取ったのだ!凄いぞ珍ばさん、流石である。



無事完走できたのもひとえにみんなの声援と、ピット作業をして頂いたたまものです。一人での参戦ではきっと気持ちが萎えて競技を投げ捨てていたことと思われます。直接的、間接的に支援して下さった皆様に改めて感謝申し上げます。どうもありがとうございました!


[夕張XC参戦記 07.08.29]の続きを読む
  1. 2007/08/29(水) 06:06:24|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

夕張XC参戦記(最終準備編) 07.08.27

8月24日(金)

ようやく車体整備を始める。準備悪すぎ!!プンプン!
IMG_20070824_0227.jpg

19日の夕張お手伝いでtmを稼働させたため、ウィークデイの20~24日までを車体整備及び装備品の準備期間とした。イヤな予感は当たるもので、平日は仕事が忙しく、部品購入だけで殆ど車体に手を掛けることは出来なかった。これはマズイ!このままでは無整備状態での出走となる。急遽金曜日の午後は仕事を休んで夕張XCの段取りに充てることになった。
タイヤを外したリムをモトバレさんへ持ち込んで、手ほどきを受けながら(と言うか半分以上やってもらった)ムースをはめる。チューブのタイヤ交換とは少しばかり勝手が違う。スムースにビードをリムにはめ込むには、専用の器具や長目のタイヤレバーが必要である。悪戦苦闘の末コンペⅢ+ムースをリムに押し込んで作業完了。前後2本の作業で汗だくでした。組み込んだタイヤを一旦自宅へ搬送してから、地下鉄を使ってトランポの手配。トランポのハイエースを借り受けた後、バイク乗降ラダーを借りになかさん宅へ。あちこち走り回ってへとへとだ。だけどこれからがマシン整備の本格作業のため弱音は吐けないのである。エンジンオイル交換その他必要と思われる部品交換を行なってガレージを出たら明るくなっていた・・・orz
それでもまだ全ての段取りは終わっていない。


8月25(土) 競技前日

これからトランポへ積み込むところ。太陽が眩しいゼ!明日は曇って欲しいな。暑いとアレだから!?
IMG_20070825_0232.jpg

本日は夕張への移動日に充てる。
自宅から現地まで1時間強の移動時間であり、当日移動も十分可能であるが万全を期す意味で前泊することにしたのだ。余裕を持って15:00に自宅を出発するつもりだ。
やり残しのマシン整備を9:00から開始。前日洗浄したエアクリーナーに専用オイルをスプレーし装着しマシン整備は完了。そして青ベースのシールの上にゼッケン123番を貼り付け車体が完成した!

後は装備品を忘れ物しないように入念にチェック。結構うっかりミスが多いので幾度と無くチェックして忘れ物を無いように心掛ける。あれもあったらいいな、これも必要だよな、そんなんで夜逃げ風の大荷物になってしまった。

今回はトランポによる移動。ごく普通の白いハイエースは標準ルーフで飾りっ気ナシ。中のバイクが見えなければ、まるで仕事に行く風情ですが、まぁ贅沢は言えませんが。理想はハイルーフのスーパーロングあたりがそれらしくてかっこいいんだけどね。夜間は荷物を出してこの中で就寝するつもりです。

ひとっ風呂浴びて、とりあえず散髪に出向く。身も心も清めて(?)明日に備えるのだ。
食料、飲料水の買い物と、ガソリンを携行タンクに給油し一路夕張へ向かう。現地では既にモトバレの面々がピットを開設しくつろいでいる。その横にボクも陣取って就寝準備を進めた。思いの外前泊組が少なく、他は遠方からの参加者のみでした。札幌及び近郊組は当日参加が多そうである。

夕刻の競技場敷地。もう少しで陽も落ちて真っ暗闇に。
IMG_20070825_0236.jpg

その夜は珍ばさん、nasakuraさんの3人で焼き肉をつつきながらバイク話で盛り上がる。

明日は早いから早めに寝ました。ZZZ・・・

続く・・・
  1. 2007/08/28(火) 12:10:15|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕張XC完走出来た!  07.08.26

無事完走してきました!IMG_20070826_0246.jpg


ヘナチョコ父さん少しだけ気合い入れて無事走りきる事が出来たのダ!心折れることなく普段の練習を思い起こし8周を回って来ました。ぜっけん123番、”各駅停車ナオト号”が頑張れたのも、ひとえにサポート隊のご尽力と、応援部隊の熱い声援のたまものです。そして裏方さんで頑張ってくれたマーシャルのサポート。

皆様、本当にありがとう御座いました!!

少しだけインプレッション
1)最高に楽しかった♪得も言われぬ充実感!
2)岩盤登りは手強かった
3)赤ゼッケンの速さにビックリ!
4)ケツの皮がむけた。イテ~
5)でんぐりは4回だ!
6)体のあちこちがきしんでる、アイタタタ・・・
7)みんなの声援がとっても励みになった!
8)帰路の温泉サイコー♪


詳しくは後日報告致します。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/26(日) 21:09:55|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夕張XC参戦記 07.08.23

IMG_5817.jpg

出場手続き完了!
申込みおよび参加費の払い込みを済ませ、無事受理されました。
ゼッケンは“123番”です。出場クラスはBⅡとしました。ホントはfunクラスの参戦を希望していましたが、ここは考えを変えてひとつ上のクラスで参加します。参加する事と、完走を最終目標に決めています。

出場にあたり、4つの基本理念を掲げることにした(自身への言い聞かせ)
・まず、楽しめ! 楽しい爽やか林道散策だぞ!それも大集団で。
・転けるな! 転倒は怪我と疲労の元。ヒートアップしないで堅実な走行を目指せ!
・休め! 長丁場に耐えうるため遠慮しないで休むこと!
・止めろ! 無理と判断したら躊躇せず競技から離脱しろ!怪我をしては元も子もない。
入賞へ向けた尖った目標は全て捨て去り、完走だけを重点目標としたユル~い考えとしました。それでも場合により完走すら諦めることを念頭に置いた行動目標としています。全てに於いて“趣味”の一環であることから“怪我”による周囲への迷惑を最大限排除する必要性からです。

しかし、読み返してみると、じいさんばあさんが散歩に出歩くときの注意点みたいだな(笑)


意を決して参加を決めた初めてのバイク競技にドギマギなのだ。
8月2日の参加決意から、ほぼ頭の中は夕張一色で黄色に染まっております。
年だけは人並みに取っていても、経験も技能も薄っぺら。だけどアチラの世界が気になって仕方ない。好奇心だけが旺盛で、どこにでも居る普通のお父さんには大冒険なのです。基本理念に則った123番の青いバイクがヨタヨタ走ってます。参加の皆様、お手柔らかにお願い申し上げます。山賊手拭いはどれにしようかな?やっぱり夕張にちなんで、黄色いハンカチ(手拭い)がいいかな。


※前日より夕張に乗り込んでいます。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/23(木) 08:19:54|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

本日の色々 07.08.20

~山日和~

朝露が葉っぱの上に乗っかっている!夏らしい画像だな、ウン!(自己満)
IMG_20070818_0130.jpg


本日はお山作業の日@18日
今回はコース設営のお手伝いに出掛けてきました。
大したことは出来ませんが、少しでも役に立てれば、と言う思いで出掛けてきました。
地元から少し離れた場所なのでトランポによる遠征。
配置された木杭をかけやでガンガン打ち込んで行く。普段あまり使わない道具で手元がかなりアヤシイが、無事担当数量の杭は打ち込んで来ました。他の皆さんは古いマーカーを撤去したり、コーステープを張りに行ったり忙しく働き始めていました。日帰りの自分は一足お先に帰ることにしました。今回の設営作業、少しは役に立ったのかな?

離れた場所で設営のためバイクで行くが、相変わらずあちこちでゴロン、バタンと転がっていた自分。気づいたら打撲のアザのオマケも付いちゃって、痛い状態・・・。

現地には初めてお会いする○久○さんが’04tm250 4Tで登場。同じ4Ttmなのでとっても気になる。メンテの事を色々聞いたりして大変ためになりました。クラッチが不調になって帰還した模様で、大事に至らなければいいのですが。それにしてもお手伝い参加の皆様の上手なこと。こんな状況を目の当たりにして妙に自分の技量不足が心許ない。基本は楽しんで出場を目指すけど、楽しむ前に玉砕する予感・・・。こんなんで大丈夫か自分?


今回は借用したトランポで遠征した。これってとっても便利だねー!!泥と汗で汚れた服を着替えて、復路はとても快適に帰路に着く事ができました。おいらもこんなの欲しい象!
IMG_20070818_0118.jpg

朝の整備風景。スゴイのはここでステムベアリングの交換やら、クラッチプレートの交換をするなど、工場と変わらぬ雰囲気が漂う。エンデューロライダーはこの位出来なきゃダメなのね!?
IMG_20070818_0145.jpg

結局ドロドロ
IMG_20070818_0151.jpg

泥つまりすぎ。
IMG_20070818_0152.jpg





~海日和~

フェリー&GS
IMG_20070819_0192.jpg


苫小牧の岸壁で黄昏れてきました@19日
我が良き共の100GSを引っ張り出していざ出陣!
何でGSに乗ると外気温が高いのだ?と、ぶつくさ言いながら一路国道を走って苫小牧F・Tへ。何と超レアバイクのスズキRE5にお目にかかれた。現車を見るのは初めて。オーナーさんと暫しバイク談義にふけってしまった。エクゾーストノートはやはりレシプロエンジンとはひと味違うな。タコ足(等長EXマニ)入れたマツダのRE(12A)に似た感じ。って同じREだから当たり前だし、こんなインプじゃ分かんないな(笑) フェリーターミナルで所用を済ませ帰路に着いた。上着を忘れた帰路はとっても寒かったですよ。北海道秋近し・・・

フェリーに乗船するライダー達。
IMG_20070819_0184.jpg

suzukiRE5
IMG_20070819_0168.jpg

ラジエターの大きさから熱処理に苦労した事が伺える。エキパイ下端には冷却孔がある。
IMG_20070819_0171.jpg

何とも不思議な形状のエンジンブロック。車と違ってこちらは横置きエンジンで、シングルローターです。
IMG_20070819_0169.jpg

帰路は結局林道散策。
IMG_20070819_0202.jpg

ずっと走りっぱなしだったのでここで休憩。ここまで来たならさっさと帰宅すればいいものを・・・。
IMG_20070819_0207.jpg
  1. 2007/08/20(月) 18:17:41|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

本日の色々  07.08.18

先日開催された夕張EDの動画をモトバレさんで見ましたが、なかなかトリッキーで面白そうなコース設定でしたね。お山のコースが延々と続いて気力・体力・忍耐力が勝負の鍵という感じが伺えました。滑る岩盤登りも入っており皆さん苦労していたみたいです。スキルアップを果たしいつかは参加してみたいです。

◎ようやくハンドガード取り付け!
周囲より“早く付けないとダメだべさー”と言われ続けようやく装備したのである。テーパードハンドルは3種存在する事を知り、ピッタリマッチの品をチョイスしようと調べた結果、導入が遅れに遅れたのである。そんなもんだから転けてレバーを折ったり、クラッチ・ブレーキのマスター破損には人一倍神経を使ったお山走りを心掛けてきたのだ。もし、何かの拍子にハンドル周辺を壊したら、“ホレッ言わんこっちゃないだろう~”と言われるのを避けるために。これからはセミオートブレーキ&クラッチ(藪で勝手にブレーキが効いたり、クラッチが切れる事)に悩むことなく、かつ心おきなくゴロンする事ができますよ!?
ハンドガードを付けると引き締まって見える!
IMG_20070818_0112.jpg

グリップも新調しステンワイヤでガッチリ固定。これで雨も怖くない?
IMG_20070816_0101.jpg


そしてゴーグルの準備も完了。
レンズの端部にあるポッチをロールオフ装置の取り付け用部品と思いっきり勘違いし、失笑を買ったのは記憶に新しい所。物を見て初めてどういった構造なのか理解する事が出来ました。百聞は一見にしかず、まさにこの心境で御座います。ゴーグルは2年前に購入しお蔵入りしていたオークリーと新たに仕入れたスコット。ロールオフも2ヶ準備。

ちまちまと装備品を準備しました。  IMG_20070816_0099.jpg


ゴーグル&ロールオフ。眼鏡対応のゴーグルは少ないし、バーゲン品も滅多になくてメガネ人間はハンデが多い。  IMG_20070818_0114.jpg


はぁ~資金も底をつき始めた、宝くじ当たってくれ。あぅ、買ってないし・・・。まだ準備しなきゃいけない物もあるし。初めて何かをするってもの凄くお金が掛かるのね。

◎雑誌購入
最近バイク雑誌の購入はBTMと別冊MCのみ。
特に今月号のBTMは夕張エンデューロと、北海道4daysの特集が組んでるから楽しみにしていた。  IMG_20070818_0106.jpg

タイム設定等運営面で色々あったみたいですが、悪天候の中無事終了したみたいですね。数少ない北海道のオフロードイベントですから、継続される事が望まれます。ふと一面ドアップの選手画像を見ると、なんと“ターさん”でした!ここのブログにもリンクを貼って頂いてますが、昨年のヤマハオフロードスクールで初めてお目に掛かったのでした。見覚えのある顔だな・・・と調べてみたらビンゴ!でした。格好良く写っていますね♪  IMG_20070818_0110.jpg


で、気になる北海道4daysはどうかと。
今回お手伝いした事もあり、見覚えのあるコースに目の前を通過した車両が沢山写っているから妙に親しみを覚える。走行画像もヤマグチさん、W林さん、ムラカミさん達が格好良く写っているな~♪こんな風にバイク雑誌の紙面を飾れるなんてとっても羨ましいです。いつかはボクも!?  IMG_20070818_0108.jpg

IMG_20070818_0109.jpg



これから出掛けてきます。
  1. 2007/08/18(土) 06:22:48|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

灼熱の日高路その2  07.08.17



IMG_5682.jpg

暑さにヤラレながら何とか日高に到着。15:00を目標としたが、うどん屋の順番待ちと、渋滞の低速走行のため16:00近くにようやく到着した訳だ。蓄積した体の熱を冷ますため木陰で一休み。受付のため木陰から出るとジンワリと汗が滲んでくる。がぶがぶと水分摂取が過ぎたようだ。だけど熱射病も怖いので過度の水分摂取はヨシとしよう。

周囲を見渡すとバイクの姿はない。どうやら一番乗りみたいだ。
本日はボクを含めると11名で、内訳は野郎9名、女性2名の参加である。昨年日高でご一緒した方々や、暫くぶりのKeNさんとご対面。いんやぁ~懐かしいッス♪みんな元気にしてたかや~?
今回の宿泊先は国設のためか諸手続きが少しだけ面倒くさい。参加者名はもちろん年齢を記入し、両日の活動内容まで記入する必要があるのだ。活動内容?むぅ~何て書こうか?飯喰って、酒飲んでバカ話を深夜まで!とは照れくさかったので書きませんでした。アカデミックな活動テーマ(内容はナイショ!)で書類を提出したところ、係員さんから「会議室を提供しましょうか?」と言われる始末。冷や汗をかきながら丁寧にお断りしました。何だか汗の掻き通しだな(笑)

当日は急遽参加出来なくなった方がいて9名に変更届して無事キャンプイン!
研修目的の利用が多いためか、我々の様なオヤジ単車乗りの姿は皆無だ。荷物を部屋に放り込み、とりあえず“風呂”の方と“買い出し”に分散し、夕刻に始める“ジンギ”までそれぞれの時間を過ごしたのだ。

注文した食材とコンロ・炭、食器類を受け取って野外食事スペースへ。ここの利点は全ての道具類を借り受けられる事にある。申込みのハードルをクリアすれば手ぶらでOKな利便性を有しているのだ。Micマン?さんの乾杯音頭で日高キャンプの夜が始まった。お初の方も居て自己紹介タイム。関東、関西、中部、近畿、東北、在住者よりお国なまり?の自己アピールが始まる。この儀式は恒例なのかな?殆どが顔なじみの方であるがその人のキャラが良く見えて面白いやり方だ。と、一通り巡ってボクの番。ふとしゃがんでいるウメちゃんを見ると何と炊飯作業中。ここでジンギセットを注文すると、ラム肉、野菜、タレの基本セットに“白米”が付属する。自炊を基本コンセプトにしている施設の意向が伺えるセット内容だ。この白米をご丁寧に米研ぎし、持参のガスストーブで炊飯しているマメなウメちゃん。出来上がりが楽しみだ。出来上がったご飯のボリュームにビックリ!!5~6合はあるんでないかい?結局マメなdbさん、ちぐちぐさん合作のおにぎりへと変身し、後の夜食と朝食の一部になって胃袋を満たしてくれたのである。

みんなで食べるからジンギは旨いんだよね~♪
IMG_20070813_0092.jpg

炊飯番兵のウメちゃん。上手に炊けましたね!
IMG_20070813_0091.jpg


F6MLメンバーは全国各地で開催される集いに積極参加しているためか、長距離ランナーが多数存在する。一例を紹介すると、青森在住のdbさんはグローバルな視点で日本を捉えているせいか、47都道府県と言う概念は無い。陸路を基本とし、空路、海路を自在に駆使して国内を箱庭の如く飛び回っている氏の行動力にはいつも感服する。何故か“雨が好き!”なお方。
そして皆さんの走行距離も半端じゃない。愛読書の「別冊MC」誌では“我ら10kmクラブ”と言う連載記事が象徴するように、バイクでの10万km越えはある種偉業なのであろう。もちろんバイク便などの職業バイクで10万km越えなんてザラかも知れないが、パーソナルユースでは素直にスゴイと思えてくる。今年、晴れて20万kmを越える今出川君@ST号にはとっても敵いません。ロータックス製650シングルエンジンの高耐久性が実証されています。イタリア製品侮り難し!目指せ30万km制覇!そんな訳でボクの6万km何てのはまだ慣らし期間のヒヨッコみたいなものです。んん?ヒヨッコとな?と言う事はボクのGSはピヨピヨ隊ですか?tmでもヒヨッコ扱いだし、いつになったら成鳥になれるんだ!?

脱線はさておき、楽しい時間が過ぎていきます。そろそろ時間も押してきて、野外ジンギ場を撤収し室内で二次会が始まる。少~し濃いめの会話が続き夜が更けていきました(笑)



翌朝もどか~んと晴れ渡る!!
次なる目的地へ向けて出発の準備を進める。再会を約束し三々五々と日高の地を去っていった。ボクは単独帰還のつもりであったが、ノブさん@F650GSがフェリー乗船までの時間を使い林道を走りたいという事なので、少しだけお付き合いさせて頂く事になった。数少ない林道レパートリーから考えた結果、千歳方面のフラット林道を選択した。帰りの船着き場である苫小牧に程なく近い事と、何より荷物満載の650GSでの走りやすさを優先したためだ。途中夕張に立ち寄って、先日教えて頂いた “カレー蕎麦”を汗だく覚悟で食べようと目論んだのであるが、何と長蛇の列!炎天下で順番待ちする気力はとうの昔に置き忘れてきたので、あっさりパス。あのお店って人気あるんだね。折角夕張に立ち寄ったので快速旅団でコーヒーブレーク。
川端より車の隊列から離れて快適な道々ルートを巡る。別段有名な場所ではないが、なだらかな丘陵地帯となっていて、思いの外雄大な風景が目を楽しませてくれた。

遅い昼食をコンビニでまかなってから、市内の喧噪を抜けて林道へ。数分走ると突如現れる林道の静寂さに自分でも少しビックリ。コンビニからほんの数キロ先の静けさはとっても贅沢な空間に思えてならない。
IMG_20070814_0094.jpg

ノブさんは650での林道経験が無い事からこの林道はピッタリなルートと確信する。堅く締まって凹凸の少ない路面。幅員の余裕もあるし、対向車両が現れても充分な離隔を持ってやり過ごすことが出来るので安全面も文句ない。カンカンに照りつける強烈な日差しも左右に生い茂る樹木が見事に遮って路面に届く光りはわずか。外気温も明らかに低く快適である。木漏れ日の中を2台はゆっくりペースで林道散策を楽しみました。しかしながら予想に反し、ノブさん2度ばかり林道と戯れて北の大地と親密度を深めたみたいである。箱の簡易リペアで一汗掻いた後船着き場の苫小牧へ向かいました。

これでボクの夏休み絵日記の完成です。短い休みですが充実した2日間。F6関連の皆様、楽しいひとときをありがとうございました♪


それにしても暑かったなぁ~♪(こればっか)

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/17(金) 23:59:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

灼熱の日高路 07.08.16



100GSでお出掛け。
F650仲間の集いが日高で催されるので顔を出してきました。
GS4daysでも馴染みの場所で、かなり好評なキャンプ場です。今回はキャンプ場が満員のため、施設の建物で宿泊と相成りました。

8月13日(月)
先日の特訓効果のためか体の節々が痛く、ゴロンと転がったときに出来た青あざが痛々しい(笑)。まさかバイクで青あざを作るなんて考えても見なかったことだ。一体自分はどこへ向かおうとしているのか本人自身も良く判っていない。まぁあまり深く考えないでほどほどに楽しみましょうか。

この日も無風でピーカンの空模様。お昼に出発を計画したのが間違いの元。何も最高気温の時間帯に出発する必要は無いのですがね。例の如く汗だくになりながら宿泊キットを詰め込んで用意が出来た。暑さ対策のため肌の露出は最小限に留めてスタート。風を切れば涼しくなるかと思ったら大きな勘違い。上からは太陽光がギラギラと体に降り注ぎ、下からはアスファルトの照り返しが容赦なく襲いかかり、熱の逃げ場はどこにも無く体温が上昇して行く。しまいにゃ、左右に突き出た火鉢(シリンダーの事ね)で暖を取っているつま先がブーツで蒸し焼きになっている。マジでやばくね?

しょうがないので休憩。
IMG_5671.jpg
  腹も空いた頃合いなので道路端の食べ物屋を物色するためスロー走行。うどんの看板があったので、冷たいざるうどんを想像して空腹に拍車が掛かった。畑にぽつんと建物があって車が10台くらい止まっている。店員より10分ほど待つと言われたが、今更違う場所へ行く気もしないので我慢の子になる。注文したおろしざるうどんが旨かったな~♪

ここで待ち受けているのは一服君。そう言えば田園カフェでも同じ様な木馬があったな。
IMG_5674.jpg



お腹も満たして満足するが、ここからまた灼熱我慢大会の始まりだ。
なんでこんなに暑いんじゃー、と毒づきながら時折両足をステップから外してつま先冷却をする。快調に飛ばして川端を過ぎて滝下に入ると何故か渋滞???うぬ、事故でもあったか?と考える間もなく本日が帯広での花火大会であったことが思い出された。そう言や、昨年の同時期のキャンプでの帰り道、反対車線でこの光景を見た記憶が蘇った。昨年は花火大会開催日が帰路のため渋滞に会わずに済んだのだ。

暑さに変わりはないが、福山辺りは混雑もなく快適に進む。
IMG_5680.jpg

まぁブツクサ言っても仕方がない。目の前の現実を処理する必要があるので左路側帯すり抜け作戦を実行するまでだ。同じ境遇のバイク乗りが必ず居るもので、10数台すり抜けしたところ、車列の渋滞にはまっていたバイクが勢いよくボクの前に踊り出し、彼もすり抜け部隊に編入してきた。彼が先頭になりしばしランデブー。時折両足をステップから外してぶらぶらさせている。んん?ボクと同じ行動を取っている。まじまじバイクを窺うとR100GSP/Dではないか。両足に火鉢を抱えたバイクだから彼の足も蒸し焼きにされているのだな、そう思うとなんだか妙な一体感が生まれるから不思議だ。紅葉山まで彼とランデブーしてここから日高まで順調にソロ走行が出来た、つもりが日高の街の中心街から6km手前でまたも渋滞の憂き目に・・・。
バイクの乗車経験の無い方より時折言われるのが「バイクは風切って走るから気持ちいいでしょう~?」そんなことありません。寒冷地仕様の体にはメチャクチャ堪えますがな・・・。

続く・・・。
  1. 2007/08/16(木) 18:26:23|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕張XCに向けて  07.08.15



8月11日(土)
=行きはヨイヨイ帰りはシンドイ=
持久力のなさを痛感し、体力増強プログラムを組んでみた。いや、大したものではなくてごくありふれた運動で体に軽く負荷を掛ける事にしたのだ。基本は有酸素運動による基礎代謝量の向上を目的とした。ホームセンタでの買い物があったので、車を使おうとしたが思いとどまってチャリンコを車庫から引っ張り出してきた。Myチャリが無いので娘チャリを借りる事にした。普通のチャリですが6段変速ギアにより登坂状況に合わせた走りが可能だ♪

首にタオルを巻いて、カゴにはスポドリと缶コーヒーを放り込んでいざ出陣!
スタートは下りにつき至って快調♪風を切るってこの事を言うんだね!とっても気持ちがイイのだ!二輪(バイク)に乗っても普段からプロテクターに身に纏い、ヘルメットで頭部を覆っているから風を切る感覚は希薄なのだ。半袖・短パンで乗る勇気はもはや持ち合わせていませんし。

IMG_5643.jpg
第一の目的地、銀行のディスペンサーでお金を下ろし資金の用意。ここから国道36線を恵庭方面へ向かう。札幌ドーム付近が赤い人で溢れかえっている事からコンサドーレの試合があるみたい。混雑したドーム周辺を越えるとパタリと人の波が消えて返って不気味な位。ペダルも軽やかにスイスイ~と国道を東進する。平坦ないしは下りで構成される往路は殆ど汗を掻かずに順調にスーパーデポへ到着した。必要なネジを買ってベンチで休憩。チャリの良いところは駐車場に苦労することがないし、風景を楽しみながら流す事が出来るところ。

IMG_5605.jpg
  予想通り登り主体の復路は汗だくの連続であった。1~2速を主体に何とか国道までの登りを制覇したのだ。平坦な国道はラクチンでヨロシイ!スイスイ漕いで小学生とバトルしながらドーム前に到着しここで休憩タイム。敷地内に入って周辺を散策する。綺麗に刈り込んだ芝が目に鮮やかだ。駐輪場横にはビオトープがあり(元々あったのかな?)眺める事に。ほんのちっちゃな水たまりですが、水生昆虫や水辺の鳥、トンボが飛び交っていました。暫くぶりにみたギンヤンマ、縄張り争いでバトルするオニヤンマ。おっと、寄り道が過ぎたようだ、早く帰宅しましょうか。難関である心臓破りの坂を乗り越えて無事帰宅。タップリ汗を掻いて良い運動になったな~♪
 IMG_5615.jpg
 IMG_5633.jpg


のどが渇いたので裏庭で果物を物色。運良くプラムとブルベリーが少し残っていたのでつまみ食い。うんめ~♪  IMG_5655.jpg


その晩、気をよくしてジョギングに出掛ける。
自宅の周りをおよそ3~4km、走ったり歩いたり。走るってこんなにキツイことだったとは・・・。1km止まらずに走る事が出来ないひ弱さ・・・orz。こんな体力で夕張に参戦出来るかな。更に調子に乗ってその晩もうひとっ走り。バテバテの一日がようやく終りを迎えました。はぁ~疲れた~。



8月12日(日)翌朝
ジリジリ・・・ジリジリ・・・
容赦ない日照りが朝の睡眠を妨げる。強制的な目覚めは7:40。折しも日本列島が高気圧に包まれて北海道も真夏日を予感させるピーカンのお空。8:00前でこの天気。ピークのお昼過ぎには一体何度まで気温が上昇するのだろうか?昨日は急激に体をイジメ過ぎて疲労が抜けていない。と言うか、体が重くて疲労感一杯の朝。普段やらない運動を一気にやったことの反動か、筋肉が悲鳴を上げ、体の節々が痛い。一晩熟睡すると翌日ケロッとしていた頃が懐かしいぞなモシ。ごそごそ起き出して準備をし始める。
本日は夕張に向けた林道走行なのだ。班長さん、なかさんと合流してスタート。タキラル線左を進む泥ヌタコース。あまり得手では無いのでゆっくり慎重にコースを選んで難所をやり過ごした。4駆のアタック隊も泥んこになって楽しんでいる。双方軽く会釈してこの場をすり抜け、次々に現れる大きな水たまりを抜けていった。するとなかさんがバランスを崩して痛恨の立ちゴケ。迅速なリカバリーでバイクの水没は免れた。一仕事した後、第二の集合ポイントに到着。ここでモトバレの面々と合流だ。  IMG_5660.jpg


そんななか、なかさんはすっぽんぽんになって泥汚れの洗濯、モトバレの社長はパンクの修理で出発準備に忙しい。暑い、それにしても暑い。軽く林道1本走っただけで汗だくだ。防具類で熱の逃げ場所が少なく、真夏日にこの姿は見ているだけでも暑苦しいな。出発前なのに疲労困憊状態・・・orz     

仲良くパンク修理中なのだ。
IMG_5656.jpg


本日はモトバレの社長と班長さんに稽古を付けて頂く日だ。この天気では走りの学習と言うより、気力を高める精神鍛錬に近いものがある。何だか修行僧の坊主になった気がしてきた。高僧2名に対し、坊主4名の都合6名で崇高な修行に出掛けてきます!?

IMG_5663.jpg
  林道は殆ど木陰となるので気温が低めで気持ちいい。ただし、走っていればの話。早速上り坂に差し掛かり講師(あれ、高僧じゃないのか?)2名と、受講生1名(福ちゃん)が登坂に成功した。残りの受講生は登坂→失敗→疲労を繰り返し遂に気持ちが折れ曲がり、コッソリ迂回ルートで先回り。もうダメ!許してけろ~♪挫折組3名がバッタリ道ばたで倒れ込んでいると、成功者3名が到着。講師陣から矢のような叱責を浴びつつ反省する3名。

その後講師陣からはぐれてしまい。ミスコース&ミスヒルクライム。勢いよく登りにチャレンジするとあっさり転倒??? 斜面上の倒木に気付かずフロントからスリップダウンだ。その後頑張って登りを続けるも木の根に引っ掛かってストップ。なかさんは大きな窪地でゴロン。後ろを振り返ると他の受講生のバイクも腹を見せる修羅場と化した(お~怖っ!)。やおら班長さんが到着し、ここはコースで無い事を告げて引き返す事に。既に体力の殆どが奪われてフラフラだ。

水飲み場公園の東屋で休憩。
なまら暑いので、全ての装備を脱ぎ捨ててパンツ+Tシャツ姿で放熱開始だ。疲れているせいか自然と体は水平(寝ころがる)になっていく。こうなると他人の視線なんぞ気にしない。きっと奇異の目を向けられていたのだろうな・・・。周囲の皆様大変ご迷惑お掛けしました。水分補給と放熱が功を奏したのか少しだけ気力が戻ってきたのだ。帰路はウッズ中心のルート設定なので、慎重なルート取りを心掛ける。気を抜くと直ぐさま“ツルッ”とフロントが取られゴロンと転がっている。最終のシングルトラックを快適に走り抜けて本日の林道修行は終了です。と思ったら脇道に逸れ、急坂下りのおまけが付いてようやく終了。最後の最後まで平坦路を選択しないところが講師陣の親心でしょうか(笑)

あまりの暑さに避暑地に逃亡。ここから出たくない。
IMG_5664.jpg

基地局に戻って水飲み場で頭から水を浴びて正気を取り戻した。なんだかバイクの練習と言うより暑さとの戦いに終始した本日の林道特訓。社長ならびに班長さん、本日は大変ありがとうございましたm(_ _)m これに懲りず、また稽古を付けて下さい♪


自走組はトランポ組とお別れして一路自宅へ向かう。
当然タキラル線経由で戻ることになります。猛牛の水飲み場のアプローチで暑さに耐えかねたのか、なかさん水浴びしていました(気持ちはよ~く分かります!)。水飲み場でクールダウンした後は、タキラル線左のこぶし大深砂利と格闘しつつ最終修行が完了です。ショップオアシス(ふせ商店)でのアイスがとても美味かった~♪
  1. 2007/08/15(水) 18:24:07|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日の色々  07.08.09

7月の降水不足の反動ともとれる降雨がここ最近目立ちますね。スコールっぽく降ってみたり、北海道に見られない湿度上昇を伴ってみたり、お日様の恋しい8月です。我が家の家庭菜園の状況が気がかりだけど、最近は夕張の準備で頭が一杯で、他のことが疎かになりつつあります。むぅ、少し浮き足立っているので落ち着かないとダメだな。今週は何が収穫の対象となるかな。タマに早起きして出来具合を見て来よう。


遂に夕張XC受付開始だ!
開催要項等よく吟味して申込みします。
なかさ~ん、一緒に頑張りましょうね~♪


少しずつ必要装備の準備を進める。
今回準備したのはゴーグルのロールオフ、フロントタイヤ用ムース、リヤタイヤ用ハードチューブ、エルボーガードなど。
IMG_5587.jpg

ゴーグルは最低2セット必要(周回時に交換)で、まともなゴーグルは一昨年に買った1つだけ。レンズにポッチが付いてこれは何だろうと不思議に思っていたけど、ロールオフの取付用ポッチと言うことを最近知りました(無知です) そんでもって1セット準備完了。もう一セット用意しなければいけません。
タイヤは前回コンペⅢを買ったのでこちらを使用する。サイズを140(130)とした。走破性は幅広が効果的らしいので迷わずこちらを選択。限定商品と言う言葉に弱い方と同様に、走破性向上の文言に滅法弱い自分だ。どうやら廃盤となった130の在庫は既に無く、同一寸法と言われる140をチョイスした。で、懸案のチューブはリム打ちでパンクの可能性の高いフロントのみをムース、リヤタイヤはチューブ仕様の混合バージョンにした。この方法に賛否両論ありましょうがとりあえず今回はこれで走ってみます。ムースは初めての使用であることから、走行インプレッション、耐久性等、今後継続的に報告したいと思います。

これがムースです。堅めのスポンジと表現すれば判りやすいかな?
IMG_5589.jpg

そしてエルボーガード。普段はダイネーゼを上半身のガードとして使っていましたが、最近ブレスガードを頻繁に使用している。そうすると、肘が無防備となるのでダイネーゼに肘パッドのみを取り付けて着用している。メッシュ生地のダイネーゼと言えど、肌に密着すると暑ぐるしい事この上ない。以降ブレストガード単体使用をするために、肘単体のガードを追加した。

最後にグリップのワイヤリング用針金も用意した。先日のモトバレ林道研修会で、ついにグリップがクルクルなっちゃいました。これは直ぐに処置すべきだと言われていたので早速グリップを固定します。

物の準備はそれなりに順調ですが、体の準備は一朝一夕に行かないのが現実。当日までにもう少し持久力アップしたいものです。恐ろしい位体力が落ちているのでせめてあと少しだけ体力増強に励もうと鋭意努力中だ。

ファイトーイッパァ~~~ツ!!!

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/09(木) 12:44:41|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

夕張XCに向けて  07.08.06

IMG_5541.jpg

唐突ですがケツが痛いし、体全体が重たいです(体重って意味じゃないよ)。


台風5号の影響を受けて道央も雨模様。何処かで散策を予定していたけど結局は出掛けず自宅で過ごす土曜日。仲間が数名遊びに来てバイク談義に花が咲く。どうも話の焦点が夕張XCにの話で盛り上がった。色々話を聞くと準備すべき物や、車両整備のツボを教えて貰う。実はこういった競技は初めてなので初心者クラスでの出場を希望しているのだ。つい参加クラスをポロッと漏らしたところ、メンバーから一斉にブーイングが!? え、funクラスって初心者のクラスですよね?ボクみたいオフロード経験が多くない人とか、競技経験のない方々のカテゴリーですよね?それともU-40とか年齢制限があるのかな?ズルイとか、tmでそりゃねーだろとか散々言われる始末(笑) 皆さんボクの実力を勘違いなさっている。ボクの場合道具だけが先行しちゃって、実は伴っていない事を。

まっそれはさておき、競技(夕張)に出場するには2つの理由(希望)がある。
1つ目:対向車の来ない専用コースを走ってみたい。
2つ目:エンデューロデイズさんに写真を撮ってもらいたい。

1つ目をそんなの当たり前だ~アホくさ!と一蹴する無かれ。普段馴染みの一般林道では常に第三者(主に対向車)を考慮した走りが求められ、終始緊張を強いられるのだ。要らぬ心配のない専用コースってのはそれだけでエライのだ!しか~し、対向車が無い代わりに後からブイブイプレッシャーを掛けられるけどね。結局前か後かの違いだけで緊張感は一緒か(笑) 
2つ目は走っている自分の姿ってのが気になるところ。動画となるとウマイ、ヘタが如実に再現されるが、画像はある時間の一瞬だけを切り取ったもの。タイミング良ければ、格好良く写る可能性を秘めているのだ。だけどエンデューロデイズさんが当日現地に来るか否かは不明ですがね。

そんな訳で当日までは3週間の時間がある訳だ。
後悔しないように日曜日も早速練習です。今回は夕張に参戦する方を多く擁するモトバレーゼさんの山走りに混ぜて頂く事となった。お店で買い物最中夕張参加の意向を社長に告げると一緒に練習へ行かないか?とありがたい申し出!もちろん二つ返事で参加の意思を告げました。普段気心の知れた面々とだけしか走らないためか、見ず知らずの方とのお山はチョッピリ緊張デス。折角のチャンスですから胸を借りるつもりで走りにいく事に決めました。

カシャコン、カシャコン・・・カシャコン、カシャコン・・・。
日曜日の朝、tm君がダダこねて朝の目覚めが悪い。カシャコン、カシャコン・・・。一向にエンジンの掛かる気配なし。バッテリー残量も怪しくなってセルを封印しキックで頑張っているのだ。あれこれ試みるがどうにもならず、最終手段のjunさんコールでヘルプミー!!2、3アドバイスを受けてトライしたらあっさりエンジン始動。嬉しくもあり複雑な心境。まだ自分のバイクになっていないゾ。
思いっきりモーニングキック100連発で全身汗だくになって右足がヒクヒクしてきた(笑)。8:15からキック魔になって幾度と無く挫けそうになる。集合時間はとっくに過ぎてしまったが10:30自宅を出発だ!!

9:00集合の走行会。11:00を大幅に過ぎたけど念のため集合場所に出向くが、やはりバイクの姿はない・・・。とっても楽しみにしていた走行会でしたがボクのミスで合流ならず。結構ブルーになるが、ここでいじけても何も始まらない。割り切って“自習林道”の始まりです。気楽な反面ひとりぼっちがチト寂しい。やっぱり誰かとの楽しいお喋りが林道走行の重要なスパイスである事を思い知った午前の部。自習はいつもの定例修行林道である。

IMG_5543.jpg
  いつ走っても最高に楽しい林道だ。前日の雨でスリッピーな路面。大きな水たまりも思いっきりスピードを乗せて通過すると、ブーツの裏に水圧を感じるだけで、体にしぶきが掛からない!?おお新たな発見だ。昨日の雨と今日の湿度の高さが相まってお山全体がしっとり濡れている。倒木越えが滑る滑る!丁寧に処理しないと、一気にフロントが持って行かれて気付いた時には地面へゴロ~ンと転がったり。自主練も結構楽しいな♪

休憩ポイントでの一こま。ガスが覆ってしっとり空模様なのだ。
IMG_5548.jpg


自主練最中もハスク軍団を探しつつ、どうにか電話連絡が付き無事合流に成功した!
IMG_5551.jpg

駐車場へ到着すると、泥んこ軍団が異彩を放っている(笑) バイク、ウェアとも見事な泥汚れで午前中の健闘ぶりが伺える。社長を始めハスク3台、WR1台、DR1台の顔ぶれ。尋常ではない汚れ方に泥ヌタアタックかな?と思うがそうでも無いらしい。直ぐさま午後の部がスタートし、汚れの原因が判明した。

林道入って間もなくいきなりの急坂登り。鯉の滝登りならぬオヤヂの泥坂登りだ♪おっと失礼、夕張で好成績をあげているFさんも参加しているのだ。こやつが手強い坂で一発登坂は許してくれない。先頭では猛烈なアタックにより待機中の我々に猛烈な泥つぶてが容赦ない。深い轍によりローダウンした車両は辛い場所だ。ボクはtmのサスペンションに助けられ押しを交えて登り完了。直ぐさま林道を経由しウッズへ突入。ウッズと言うより笹地獄で前が見えない。笹パンチの洗礼を受けつつどうにかやり過ごす。休む間もなく泥坂登りが始まる。ルートは数本あるが一番容易と思われるコースを辿ってもあえなくスタック。人の手を借りてこの場をやり過ごす(ヤベ、珍ば師匠にこの記事を見られないこと祈る) この辺りはまだ体力、気力とも多少の余裕があった。

山の中は暗いから手ぶれでこんな感じ。
IMG_5557.jpg

相も変わらずウッズと坂登が繰り広げられる。
途中の激坂登りポイントで休憩タイム。体もバイクもヒートアップしているので丁度いいお休み時間です。猛烈な発汗体質の自分は背中の水筒から水をゴクゴク補給する。みるみる汗となり体の外に排出され、それをくり返すのだ。気にはなっていたがミネラル分(塩分)の補給が皆無である。そろそろカラータイマーが点灯する頃かな?

次なるステージに移り山登り。WRさんはかっ飛んで登り切り、DRさんも数度のチャレンジで同じく成功。続く社長が果敢にアタックするもいきなりお茶目な展開に♪頑張った形跡を残しつつハスクのオブジェが完成だ!
IMG_5563.jpg
  ボクもこの坂をチャレンジするが、中腹に出来た深みにはまって登坂ならず・・・。これが今の実力ですわ。一部の方を除き、皆さん疲れが見え始めた頃かウッズで転がったり、登りではまったりと消耗した体力で何とか頑張っているようです。ボクも沢山転がっていました(笑) 何事も無かったように澄まし顔でみんなに付いていくのは大変でしたけどね!そして最後の登りは体力消耗で1本の倒木を超えることが出来ない。そこへ颯爽とFさんが現れてフロントタイヤを引っ張り上げて頂きました(うっ、本日2回目の救援要請)。どうもありがとう♪

そろそろ本日の山練も最終章。
林道を駐車場に向かうと思いきや、左折して班長ルートを巡って締めとなりました。それにしても班長さん、なかさんは顔が広いですね。ここでもたびたび話題に上がっていました。

体力的にはきつかったです。持久力のなさを痛感し終盤は車体のコントロールがままならぬ状況が散見されました。とても楽しい林道修行でした。皆さん気さくな方で、何よりとても上手な方ばかり。是非とも次回の修行にも参加させて頂きたいと思います。どうもありがとうございました!
IMG_5568.jpg


人もバイクも凄いことになっている・・・
IMG_5565.jpg



本日の教訓
・沢山経験を積むべし
・基礎体力の向上に努めるべし
・喪失したミネラル分の補給を考慮すべし
・疲れたら休むべし
・昼飯は必ず食え!



8月7日追記
午前中は遅れを取り戻そうと縦横無尽に探索して走り通しだった。一度給油して更に走り回ってスッカリ昼飯は忘却の彼方へ。無事午後の部で合流出来た安心感からそのまま走り込んで終わってみたら完全にエネルギー切れしていた。やっぱり食事は大事ですよ、ふせ商店で食べたパンとオロナミンCが美味かったなぁ~♪ ここのお店でも班長さん、なかさんはどうした?と聞かれましたよ(笑)


元気ハツラツ~? いえ、フラフラですから・・・。
IMG_5577.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/06(月) 18:20:16|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

夕張XC準備-1  07.08.03

8月26日に照準を合わせ徐々に準備しています。
そうは言っても色々考えている時間はあまりないので、主だった物より順次段取りしていきます。

前後タイヤの準備。
IMG_5525.jpg
  ミシュランのコンペⅢをチョイスしました。一応チューブも新品を準備しようと考えています。しかし、ムースにしてはどうだ?と問い掛けられ只今思案中。パンクフリーを考えるととても心強いが、コストの壁を乗り越える事が出来るかが鍵となる。

プチ整備
すでに準備していたチェーン、ドライブ・ドリブンスプロケの交換。
ドライブ側はクリップ固定なので容易に終了。ドリブン側は9つのナイロンナットを新調して新品スプロケに交換して終了。チェーンの交換作業が予想外に手間取ってしまった。不要なコマを外すべくピンの抜き取りが出来ずに往生する。少ない知識をフル動員して知恵を絞るが上手く切り離せないのだ。整備の達人にヘルプを求めるにも深夜なので自粛し、何とかグラインダーでカットし接続のコマをクリップ留めしてようやく終了。ふぃ~疲れた~・・・。
今まで整備を人任せにしたツケが回ってきましたね(笑)

どうにか納まった・・・。
IMG_5537.jpg


参考画像
新旧チェーンの比較。これだけ伸びるという証拠です。まぁ伸びるという表現よりローラー部の摩耗によりガタが多くなると言った方が適切かな。  IMG_5533.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/03(金) 07:53:27|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

夕張XC  07.08.02


8月26日夕張XCに出場します。

大丈夫かオレ?

以上

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/08/02(木) 12:50:02|
  2. エンデューロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。