Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

GSで林道散策♪  07.07.30


土曜日の早朝は活きのいい雷と共に盛大な雨で一日がスタートした。
まさしくバケツをひっくり返した、と言う形容がドンピシャな豪快な降雨でした。終日晴れたり小雨がパラついたりと今ひとつハッキリしない空模様であった。およそ1ヶ月ぶりのまとまった降雨で畑もホッと一安心。まさに恵みの雨となりましたね。そんなんで土曜は大人しく自宅でノンビリ過ごしつつ、地下車庫にこもってバイクの整備をぼちぼちやっていました。(結局行き着く先はココなのだ) 
今週の日曜日は猛牛組合の不定期活動に参加するため天気が気になるところ。雨降りじゃ泥ヌタ修行みたいでイヤだし、ピーカンだとホコリが凄くて煙幕地獄となりこれまたキッツイ。微妙な湿り具合が好きだなぁ~♪
IMG_5450.jpg


さて、どうも最近“チーム山賊”の一員に転向したと思われているフシがある。爽やか林道ライダーを自負する自分にはなんとも似合わない呼び名である。マイナスイオンを全身に浴びながら林道大福を食べるのが至福の時、と考える自分とはあまりにもかけ離れた呼称に違和感を禁じ得ない。更に今年度の猛牛活動低迷の一因にボクの爽やか林道(一説には修行とも呼ばれている?)が大きく影響していると風の噂で聞こえてきたのだ。本日のドミニカ散策はその辺りの事情をコッソリ探りながら方向修正するために参加することにした。果たしてどうなる事やら。


日曜の朝7:40。空はピーカンの晴れ模様!背中にハイドロパックを背負っていざ出陣!暫くぶりに取り回すGSは重たいな(笑) 林道でお昼寝(ゴロン)しないよう注意せねば!


定刻ジャストに集合場所に到着し、組合長を先頭に6名が国道経由で目的地へ目指す。第二集合ポイントで参加予定者が全員集まった。参加者は以下だ(敬称略)。
のんた青鉄人さん@悪代官スラッシュ
nasakuraさん@ラリーの空テネ
yasupaさん@スーテネ
オランベさん@1150
ちーさん@ダカール
おささん@チーム柿
ケインさん@チーム渋柿隊
なべちゃん@XR230
そしてボクのナオト@爽やか林道エクスプレス♪
IMG_5420.jpg

今回は由緒正しい猛牛の集い。
全員が猛牛参加の珍しい走行会だ。オランベさんやケインさんはイボ靴を新調したばかりで今回の走りが楽しいものになる事でしょう。そもそも今回の走る目的は人それぞれ。純粋に林道トレールを楽しむ者、ドミニカ料理を堪能したい者、4daysルートの下調べを兼ねる者と三者三様です。出発前に全員で軽くミーティング。走行ルートの概略説明と注意点を簡単に説明し情報の共有化を図りました。最近はMGレート(走行の難易度を示すバロメーター)がサッパリ使用されていません。昨年MGの詐称事件が横行し、人を疑う事の無い純真無垢な組合員がアチラコチラの林道で悲鳴を上げていたとか(笑)。あれって便利な物差しだから何とか復活させたいな~。このままでは自然消滅の憂き目に・・・。

IMG_20070729_3718.jpg

およそ1年ぶりに訪れるドミニカ1も多少の変貌をとげているが、まぁこんなものでしょう。入り口からして泥ヌタ攻撃で先行きが心配されたが、皆さん何喰わぬ顔で走りきるあたり流石だ。ボクは最後尾でビビリながら付いて行きました。砂利の登りでおささんが950と戯れていました。登り口に段差があって確かめながらゆっくり通過したいところ。ハイギアードなマシンには辛い路面状況だ。最近サンド走行に開眼したおささんはめっきり実力を付け、2回ほど楽しんだ後難所をクリアしていました。道具として使い倒す姿勢に潔さを感じずにはいられなかった。ケインさんは自宅周辺で走るのに飽きたらず、690ADV乗りをコーチに迎入れマンツーマンで個人レッスンを受けているとのこと。よほどキビシイレッスンなのかメッチャ腕を上げたようです。チンタラ流していると後から黒くて大きい(人・バイク共デカイ!)のが迫ってくると恐怖です。むぅ~チーム柿色勢力の拡大を企てているみたいだ!危うしフラット軍団。
 IMG_5427.jpg
 IMG_5428.jpg
 IMG_5429.jpg
 IMG_5430.jpg
 IMG_5431.jpg
 IMG_5432.jpg


でもって1本目の林道を楽しくクリア♪ ここはMG3でいいですかね?
舗装路を継いで2本目のドミニカ2へ向かう。リエゾンは折しも日曜日の観光ルート。観光地へ向かう道内外の車両が溢れる中を辛抱走行で切り抜ける。こういったシチュエーションで実力を発揮するビッグオフ。十分な動力性能と快適な乗り心地で目的地へいざなってくれる。

ドミニカ2入り口に到着しここで一休み。
水分補給と放出?し、少し疲れた体に[林道大福]の糖分が体に優しく染み渡る。う~んウ・マ・イ!休憩ポイントでは暫くぶりにお会いする方が多くてついお喋りに興じてしまう。ドミニカ2は延長距離40km弱のロングレンジである。40kmの道のりは大きな半円を描いたルートである。常に左手に山、右は崖の地形が延々と続くのである。1本の林道でこれだけの距離を楽しめるところは数少なく、貴重なルートの一つであるから大切にしてゆきたい。チョッピリ残念な事にここにも新しい道路の建設工事が始まっている。誰もが通年安全快適に走る事が出来るのは歓迎すべき事ではあるが、果たして需要があるのだろうか?と思うようなルートに利用者不在の感が否めない。

のんた青色鉄人さん(何で青色だ?)先導による快速林道の始まり!それぞれ自身が快適と考えるペースを維持しつつ長~い道のりを刻みはじめる。山の中腹を切り開いた林道で標高は低め(せいぜい400m位)な事から植生もご近所林道と同一で親しみやすい。時折路肩が崩れて幅員の減少を除くと走りやすいルートである。このルートのお気に入りは後半部分にあると感じています。目を見張る眺望は無いものの、緑のトンネルの奥には遠くの森が見え始め、奥行きの深い雄大な景色を楽しむ事が出来るのです。いやはや何とも気分がイイ♪
 IMG_5467.jpg
 IMG_5468.jpg

そうこうしているとモッコリとした親爺の○ンコの山が林道上に現れる。出来れば見たくない“山”であるが、こちらと彼らの生活圏にお邪魔した訳だから刺激しないようにソッと立ち去る事にしました。最後はフラット林道を快適ペースで走って舗装路に出て本日の林道行が完結した。
 IMG_5471.jpg
 IMG_5473.jpg


これより遅めの昼食を摂りにカフェドミニカへ向かう。
IMG_20070729_3752.jpg

昨年よりドミニカ林道走行の際は必ず立ち寄るお店として組合内でも人気を博しているカフェだ。定番の定食に加え、今年はスペアリブ定食とランチメニューが増えるなど、訪れる者の胃袋を満足させてくれる。このお店の楽しみの一つに野外での食事が楽しめる事では無かろうか?大きな木の下で心地よい微風が疲れた体に優しいのだ。
IMG_5484.jpg

空腹時殺気だった腹ぺこ隊も、胃袋を満足させると落ち着いた大人の会話が可能となる。話は北海道4daysでの思い出話や、これから開催が予定されるGS4daysのルート選定など様々。そして本日のドミニカ林道の反省点など多種多様なのである。走りも楽しいが気の合う仲間でとりとめのない会話はもっと楽しい♪他愛のない会話で笑い転げる時間が大好きだ。ボクの場合、集いに参加する目的はこの為、と言っても過言で無かろう。

手を染めて面白いと感じたことは深く追求したくなるのが自分の性格だ。普段なら飽きて三日坊主か、次なるターゲットを見つけ長続きしないのであるが、今回は少しばかり事情が違い導入当初からtmお山活動が止むことなく続いている。結果的に[爽やか林道探索(別名:山賊アタック)]が様々なシーンで影響を及ぼしていることが判明した。爽やか林道も楽しいし、今回のような猛牛林道トレックもこれまた面白い。にどちらに偏ることなくバランス良く楽しむ事を目標に行動しようと。だけどXデーまではもう暫くtmとの関係が続きそうな予感・・・? ヒヨコがパタパタ羽ばたくまで暖かい目で見守って下さい!





帰り道・・・
自分が写っている画像はこれだけです♪
IMG_5517.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/30(月) 12:42:56|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

本日の色々 07.07.27




暑~い日が続いてとても夏らしい!車に乗っていてもジリジリと照りつけるお天道さんで暑い。元来暑がりな自分は苦手とする気節なのだ。最近はクールビズなるものが定着し掛かっているのでノーネクタイがチョッピリ嬉しいな。
そう言や最近の雨に当たった記憶が久しくない。最後に傘を差したのはいつだったかな?新聞記事にはおよそ1ヶ月間の降水量は8mmであると書かれていた。なるほどこりゃ少ないいね、いつか帳尻あわせの豪雨が無ければいいのだけど・・・。
週末ファーマーとしては作物の成育がとても心配です。ジャガイモ大丈夫かな?枝豆ガンバレよ!

IMG_20070726_3657.jpg

見る者を圧倒するスゴイ店構え骨董品店?かな。昔ながらの店構えも年々パワーアップしているな~。十数年前に一度中を覗いた事があるけれど、所狭しと昔のものが陳列していた。今はどうなっているかな?
本文とは全く脈絡の無い画像です。

と言う事で(どういう事だ?)本日の色々なのだ。


○ハンドガード
 IMG_20070726_3665.jpg
 IMG_20070726_3667.jpg
未だに未装着のハンドガード。早く付けたいのだが、テーパーハンドル用ガードの選択につまずいている。たまたま立ち寄った旭川のショップでテーパーハンドルには3種類あると言われ、装着ハンドルのタイプを調べてから購入すべきとアドバイスを受けた(ごもっとも)。フィットしないガードを付けると直ぐに緩んでガードの効果が半減するとか・・・。このハンドルに合うガードはどれでしょうかね。

○パーツ購入
駆動系パーツを仕入れてきました。
IMG_20070726_3669.jpg
  ドライブ、ドリブンのスプロケ、それとチェーン。現在のスプロケはF=13T、R=52Tを、今回はF=13T、R=51Tと少しだけ高速寄りにしてみました。1Tだけの変化に気付くかな?何でそんなもの買うのかって?その辺りは後ほど・・・。

○エアフィルターオイル
tm用に買ったエアクリーナー(スポンジ)用のオイルスプレーです。実はエンジンオイルを染みこませるものと思いこんでいたのですが、どうやら間違いらしい。ちゃんとしたものを使うべきと言われて慌てて購入した(汗) ホント素人丸出しな自分・・・。
洗浄は灯油でしますけど・・・ハッ!もしやこれも間違いか!?
IMG_20070726_3668.jpg


○復活じゃ!
折れてしまったTT250の右ミラー。
形あるものいつか壊れる事は承知の上ですが、名残惜しくて溶接の達人に相談してみた。「随分細かい溶接だな~」、ボソッと一言。良い仕事をしてくれて帰り際にボクの席にまで届けてくれた(嬉)!!
ありがとうS谷さん。
IMG_20070721_3618.jpg

IMG_20070721_3622.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/27(金) 00:57:52|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

北海道4days2007(番外編:7/16画像)  07.07.24

IMG_20070716_3557.jpg

北4最終日の7月16日画像です。
場所は夕張SS-9の林道ステージです。スタートすぐのSSですから、体力・気力ともみなぎってのチャレンジだったと思われます。
林道の分岐部でエントラント側から見ると右コーナーです。どのコーナーも同じですが、全くのブラインドでした。回転半径を想定しつつ減速から加速に移す一連の作業は千差万別でした。お仕事しながら走り方の勉強をさせて頂きました。


とりあえずこの記事を持って北4関連は完結致します。
来年はエントラントとして参戦記を書くのか、それとも今回同様裏方さん日記となるのか未定です。どの様な形態にせよ関わっていきたいと考えております。あっ、それより北4って隔年開催だったかな?



ドウゾご覧下さい♪ [北海道4days2007(番外編:7/16画像)  07.07.24]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/24(火) 23:58:46|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

爽やか林道トレック♪ 07.07.23

IMG_20070722_3643.jpg

何となく無理のあるタイトルだな・・・。
爽やかなのかハードなのか別にして、昨日は林道散策を楽しんできました!先週の北4で、SSでの走りを眺めていたけれどすっかり触発されて出動と相成りました。やっぱ林道は最高だね~♪
IMG_20070722_3642.jpg


今回はMASAさん、junさんとご近所を軽―く楽しんで来ました。肩の力を抜いてノンビリトレールなのだ。こちらは雨が降ったのかな?ホコリも立たずにとても快適に楽しめました。反面、粘土質なルートは滑って少しばかり汗をかいてしまった。緑も濃いし最高のシチューエーションを楽しんできました。
いかんせんピヨピヨな自分ですから途中でjunさんにお手伝い頂いたり・・・。体力・気力の不十分さを感じたトレッキングでした。

午後のルートでは組合の皆さんとバッタリ遭遇2件。
IMG_20070722_3637.jpg

ケインさん@950ADV
お仲間3人で楽しんでいました。新調したばかりのイボイボなゴム靴がお似合いでした。カッコイイラリージャケットもケインさんのやる気を感じましたね!今年はまだご一緒していないので是非遊びに行きましょうね!

IMG_20070722_3644.jpg

なかさん@セロー
すれ違いざま記憶にあるジャージで、辛うじてなかさんと判断出来ました。親セローと子セローで、何とオフロードピヨピヨ隊の教官をしていました。駐車場から4台で仲良しランデブー♪いつもなら後からブイブイ迫ってくる事はなく、丁寧に先導していました。普段のヤンチャ振りは何処へやら~!?

帰りはお決まりのお店(山賊ショップ)でドリンク&味噌パンタイム。美味しかったですね!

 


今回も楽しく走る事が出来ました。皆さん大変ありがとうございました!
  1. 2007/07/23(月) 23:58:05|
  2. 林道
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

北海道4days2007(番外編:7/15画像)  07.07.22

IMG_20070715_3493.jpg

北4サポート隊として仕事をこなしつつ、少しだけ皆さんのファイトぶりを撮ってみました。7月15日ザクザクルートがキツかった千歳のSS-7です。


7月16日分は後ほど・・・。


ドウゾご覧下さい♪

[北海道4days2007(番外編:7/15画像)  07.07.22]の続きを読む
  1. 2007/07/22(日) 17:38:45|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

北海道4days(番外編)  07.07.21

北4後は何とか普段の生活に戻っています。
余韻に浸りつつ、ブーツを革靴に、ジャージをYシャツに着替えていつものお仕事モードに気持ちを切り替えて。ココの更新する時にはあの時の出来事が色々思い出される瞬間。サポート、競技とは違った事を書いてみます。


=昼食=
16日の夕張SS後に立ち寄ったお蕎麦屋さん。
ココでの一押しはカレー蕎麦らしい。結構有名なお店らしく12:00前の入店に関わらず、店内はほぼ満席状態。お客さんもその辺りの事情を知ってか食事後は気持ちよく席を譲ってくれ、チーム猛牛の6名が着席出来た。  
IMG_20070716_3565.jpg

注文はお勧めメニューの”カレー蕎麦”!他のお客さんのもり蕎麦も美味そうでしたが、ここは定番メニューで攻める事にしました。やおら席に運ばれた”カレー蕎麦”はドンブリのエッジまでなみなみと盛られ、腹ぺこ隊には嬉しい演出である。カレーの香辛料がが食欲をそそる。蕎麦もシッカリとした歯ごたえで、まっとうな蕎麦を提供している事が伺えた。暑い夏にはピッタリなメニューかも。食べきる頃にはじんわりと汗が滲んできた。  
IMG_20070716_3563.jpg


スッカリお腹も満たされとっても満足なお味でした!
SSERの山田さんを初めスタッフも方もこちらでお昼を摂られていました。勘定してお店を出ると沢山の方が並んでおられました。やるな~藤の屋!
※メンバーの殆どがこのお店の存在を知っていた。知らぬボクはモグリか?


=トランスポーテーション=
北4での競技車両搬入方法は様々。道内組を含め自走組は少なく映りました。やはり車体・タイヤをベストコンディションで競技に臨むには、競技前の車体負荷は最小限に抑えたいのが人情。何より装備品の運搬もあるので自走は大変ですしね。

トランポで一番多いパターンは車体積載型で定番の[トヨタハイエース]がダントツ。それもスーパーロングのハイルーフ。荷物はタップリ入るし、車中泊も余裕でこなしますからね。その他、軽トラ、ピックアップトラックなどで運搬していました。こちらのメリットは汚れたバイクを気兼ねなく運搬し、洗車場でジャブジャブ洗う事ですかね。そう言えばトレーラータイプは殆ど見かけなかったような・・・。

ここで紹介するのがコストパフォーマンスに優れたトランポ。
関東圏より参加のW林さんのトランポはタウンエース。一般的な5ナンバー枠のワンボックスで、ハイエースに対比すると小振りな車体ディメンションである。しかしこの車に3台のバイクを積み込んで芦別に来たから天晴れである。出発時と同様、これから収めるバイクはXR400,XL250パリダカ、XR200(レーサー)の3台。収納方法に周囲の方々は興味津々なのだ。

早速収納が始まった。
車体の両側に400と250を進行方向に向け、ギリギリまで両脇詰めて押し込め、真ん中を空ける。中央には200を後ろ向きでジワジワと収めて、最後はハンドルを左右に振りながらピッチリと3台が収まりました。時間にしてものの十数分、お見事でした!   
IMG_20070716_3587.jpg

一台当たりの搬送コストはとてもリーズナブルですね。
また、トランポ本体も2座席貨物登録の構造変更がなされているので
こちらの年間維持コストの低減も図っているとのこと。みんな色々工夫しているな~♪

こちらはWピックのnasakuraさんトランポ。テネレをみんなで乗せました。 20070721213559.jpg




=フリーライド=
すぐ近くで開催されていた夕張フリーライドを覗いてきました。
これからエンデューロへ参加を予定している者にはとても有り難いイベントですね。いきなり競技は怖いし、そもそも競技に使うコースを走る事でレースの疑似体験が可能なのだ。何より対向車が無いし(当たり前か?)スキルアップにももっていこいだ。
IMG_20070716_3576.jpg

会場へ到着し周囲を見渡す。目の前の急峻な山が飛び込んでくる。どう考えてもバイクでは登坂不可な勾配だ。およそ40度は超えているだろうか?すると1台のバイクが山へ向かうといきなり登りはじめた!マジッスか?転げ落ちやしませんか?

数度のトライの後遂に登頂成功!スゴイです!
うお~ココを登るのですか?ポチッと見える人影が・・・。
IMG_20070716_3566.jpg

拡大するとこんな風です。
20070721213501.jpg


続いてエンデューロコースの見学。
色々なwebに登場する激坂コースへ。2台のバイクが練習にいそしんでいる。この坂は中腹にオーバーハング気味のコブが構えており、ココでジャンプ一番決めて頭頂部に着地するのがセオリーなのか。とてもそんな真似できません(怖)

飛んでます!
IMG_20070716_3570.jpg

着地シーン。
IMG_20070716_3573.jpg

見学中
20070721213538.jpg



=おまけ=
光岡製のミニカー♪
2st50ccでちゃんとナンバーも付いている公道走向可能車。ここの学校の車庫ならびに敷地には多種多様な車バイクが保存されていました。目に留まったのは超マイナー車のS53年製レオーネクーペ。青空駐車の割りに程度抜群でした。どうやらここの学校長の趣味の一つであるとか。自動車の専門学校であるから実益も兼ねる趣味ですな~♪
IMG_20070716_3588.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/21(土) 22:12:38|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

北海道4days(サポート隊)最終編  07.07.20

IMG_20070716_3497.jpg

サポートday3 7月16日(day4夕張)
気絶するように寝入って翌16日は快晴の朝を迎えました。
仮眠の後朝帰りのクマさんを見送った組合長と直後に起きた自分は宿の外をうろつく。部屋に戻って結局二度寝した。

布団を抱く者、大の字で寝転がる者。無防備なところをtettさんにフォーカスされました。 c7e0.jpg


今朝は8:00玄関前駐車場集合。
ブリーフィングで本日のお仕事内容と注意点の喚起が言い渡された。お仕事は夕張SS-9ルートの安全確保。第三者とエントラントとの隔離作業である。チーム猛牛は3台の車に分乗し、それぞれの持ち場へ向かうことに。SSルートは幅員3m程度。路面は締まった状態で適度にバラストが存在する一般的な林道。窪地は水たまりとなって点在している。また、道路両側には生い茂った草木によりコーナーの先を見通すことは困難であろう。直線区間の少ない割とテクニカルなルートであった。時折姿を見せるコンクリート製の横断側溝がイヤな存在だ。その人工構造物は道路を横断し、降雨による洗堀で周囲の路盤材が流されているため、部分的にコンクリートの角が現れた状態となっている。無遠慮にここを通過するとリム打ちは必至で、パンクが想定された。どこも同じであろうが、路面状況を十分に考慮し、想像力豊かなライディングが求められる。

担当箇所に到着。思いっきり山の中です。一切の生活音から遮断された静寂な世界だ。聞こえるのは鳥のさえずりと木の葉のこすれる音のみ。あまりにも心地よいシチュエーションに思わず寝入ってしまいそうだ。
我々の視界に入って間もなく右コーナー。上位に付けている方々は。本ルートを熟知しているかの如く、アウトインアウトで目前のコーナーを最短で駈けていった。う~んお見事。速い人ってメリハリがあり、かつ無駄な挙動がありませんね~目の前で実証してくれました。その後も続々と選手達がコーナーを通過。色々な走りの50数台じっくりと観察して選手達を応援していました。

nasakuraさんですよ~
IMG_20070716_3542.jpg


IMG_20070716_3502.jpg

IMG_20070716_3505.jpg

20070720215017.jpg

IMG_20070716_3508.jpg

IMG_20070716_3533.jpg

IMG_20070716_3538.jpg

20070720215103.jpg


その後も続々と持ち場の前を選手達が駆け抜ける。素晴らしい環境で競技をしている選手達が裏山です。幸いにして競技中第三者の進入禁止処置を取ることなく良好な環境下で無事SS-9が終了致しました。選手達は最終SSをやっつけた後、観光客でごった返す富良野経由で芦別のゴールを目指した。

芦別のゴールゲート!
IMG_20070716_3580.jpg

nasakuraさん無事ゴール!我々のA-TEC到着と時同じくしてゴールという偶然さ!  IMG_20070716_3577.jpg


表彰式
nasakuraさんはインターナショナルクラス2位と言う快挙!画像はエキスペリエンスクラスの表彰状況です。やそまんさんが居ますね!
IMG_20070716_3591.jpg


月桂冠は総合1位の村田さん、総合2位福岡さん、総合3位はW林さんでした。(暫定:詳しくはSSERwebサイトにて) 選手の皆様お疲れ様でした。長い(短い?)4日間も終わりです。
IMG_20070716_3592.jpg


これにて我がサポート隊の業務は完遂しました。
大きな怪我、事故等無く無事終わったみたいです。チーム猛牛の皆様大変ご苦労さまでした!!
(裏方さんも結構面白いもんだなぁ~♪)



  1. 2007/07/20(金) 22:02:58|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

北海道4days(サポート隊)その3  07.07.19


day2その2 7月15日(day3パルクフェルメ編)

心地よい疲労感に襲われながら猛牛バス(別名:快速珍ば号)に揺られるお仲間達。過度の疲労で脳神経は興奮状態にあり眠気は殆ど催さない。逆に興奮気味な脳細胞が普段より一層饒舌さに拍車が掛かる。車中では千歳SS-7のサポート結果についてあれこれおしゃべりしながら向かう先は夕張市。
IMG_0846.jpg
  先の財政破綻で一気に全国レベルまで知名度を上げた街である。そんな不名誉な認知よりも昔から全国的に名を馳せてきた赤肉メロンの名産地でもある。寒暖の差が糖度の高い美味しいメロンを産出するそうな。今年の初物は2玉で数十万円のご祝儀相場を付けるほどの人気ブランドでもある。今がまさに旬である。今回の4daysでも美味しいメロンが振る舞われていました。またモーターサイクルとの繋がりも見逃せない街である。夕張XCや夕張EDが開催されるなど北海道のオフロードシーンを盛り上げている。そしてキャンパー御用達の[快速旅團]が駅前に店を構える。ちなみにこのお店の快速丼がボクのお気に入りです。直接的な支援は出来ないけれど、その街へ出向くことがボクなりの応援と考えているので件の街へ行くことが出来てチョッピリ嬉しい。と、脱線している内に夕張市内に到着だ。

今宵の宿に到着。
SSERの関係者や春木さん達と同じ宿。エントラントは駅前のホテル泊みたいだ。食事前にチーム猛牛にて祝杯をあげる。Nasakuraさんとやそまん君の健闘を称え、我々の筋肉痛に労をねぎらう。若干2名を除き冷えたビールが五臓六腑に染み渡るぜ~♪
でもってお腹がぺっこぺこ!期待を込めて向かった夕食はバイキング形式なのだ。嬉しくもあり悩ましい食事の形態。適量を腹八分でお腹に収めると問題ないのだが、空腹時の制御不能時にバイキングはタブーだ。暴走気味にアレコレチョイスして山盛りプレートの完成だ。案の定皆のお皿はえぞ富士クラスにまで積み上げられている(笑) 本日消費したカロリー×1.5倍のエネルギーをお腹にため込んでごちそうさまでした♪とっても美味しく頂きました。

これからフリータイム。風呂に入る者、寝転がる者、飲んだくれる者、人それぞれ。ご近所なこともありnasakuraさんを激励しにパルクフェルメへ出掛けることにした。
投光器に照らし出された広い駐車場でエントラントが車両整備にいそしんでいる。見た感じタイヤ交換の車両が多いみたい。連日の長距離リエゾンとSSによるダート走行でタイヤの摩耗も一段と進んだからであろう。nasakuraさんもせっせと車体整備しています。バイクを寝転がしてフロントタイヤの交換作業もあっという間に終わらせる当たり流石です。これまでの概況を聞くと自身の車両にまつわる不具合他、ホント色々な出来事があったみたい。この辺りはご本人の報告を待ちましょう!
照明により作業性を向上させていました。
IMG_20070715_3485.jpg
 
サクサクフロントタイヤ交換しています。
IMG_20070715_3496.jpg


宿に戻って本日の反省会?
難所1,2,3,4共に皆さん苦労したことが判明。特に180度登りターンの難所1は活況を呈し、サポート隊も盆と正月が一緒にきた忙しさを味わった様子だ。他の難所もいろんなドラマが繰り広げられていたみたい。ホントにご苦労さまでしたm(_ _)m

しか~し押し作業が入ったのは試走者の判断ミスでは無いかと執拗に詰め寄る組合員!可哀想に監督は小さくなっていました(笑) ←監督負けるなガンバレ~♪
c36f_32.jpg

この画像サイコー!
(tettさん&のんたんさん、使わせて頂きます)





テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/19(木) 22:34:56|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

北海道4DAYS(サポート隊)その2 07.07.18

サポートday2(7/15)
とりあえず必要と思われることを想定しおおよその準備を進めた。
大きな忘れ物さえ無ければHOPのご近所にコンビニ等のお店が近接しているので、何とかなると踏んだ。HOPの周囲には新興住宅街が隣接している関係で、何かと便利な立地条件である。
IMG_20070716_3595.jpg


当日はチーム猛牛とチームゴリラさん(3名)と共同でサポート。
チーム猛牛のサポート隊は当初5名。のんた鉄人組合長、MASAさん、tettさん、珍ばさん、そして自分の5名。更なる呼びかけにオランベさん、yasupaさん、クマさんの3名が応えてくれた。そしてかっこうさん(その節はお世話になりました)も含めると総勢9名のサポート隊となりました。
 IMG_20070715_3368.jpg
IMG_20070715_3370.jpg
コースの一部です。スタートからウッズと直線ダートを数度繰り返し難所コースのお出まし。最終ストレートを下るとフカフカ火山灰がコンニチハ!登りながらほぼ180のターンをバンク上で行う必要あり。重量車でこの複合技をこなすのはかなりの経験が求められる。一度登り切り、スイッチして下るのが吉。


まずは地道にコーステープの設置。連絡車も兼ねたバイク2台(セロー+TTR)で回って迷いそうなところを探して入念にテープを張った。また、ハイスピードになることが予想される直線ルートに存在した木の根の除去や、お隣で開催イベントのお子ちゃま進入禁止処置などして大方の作業は終了です。アレコレ言う間もなく皆さんテキパキと作業を進めている辺り流石です。程なくSSERのスタッフも到着して計測装置の設置などSS-7の設営を進めていました。
IMG_20070715_3378.jpg


当然我々の基地となる千歳猛牛本部の設営も万全です!
テント、テーブル、イス、飲料水ピット、林道大福?が整然と並べられ猛牛基地を設置した。 IMG_20070715_3480.jpg


ここでチームゴリラの面々が登場。伊藤キヨハルさん始めエキスパートな方が試走したけど圧倒的な速さ!KTM,WRがもの凄いスピードでぶっ飛んでいく!いいモノ見せて頂きました♪
 IMG_20070715_3374.jpg
 IMG_20070715_3373.jpg

チーム猛牛も最終チェックを兼ねてぐるりと一周してきた。軽いTTR(100GSとの対比)では滅法面白いルートである。ウッズも最高に気持ちいいし、100GSでふらついていたザクザクルートも軽快に走る事が出来る。これなら競技者も最高に楽しめるルートであろう!そう確信して試走を終えた。

さぁ、競技開始の定刻が迫りあとはエントラントを待つだけです。
所定の位置に皆が散らばって待機すること十数分、記念すべく第1号車の登場です。難所ルートに差し掛かるとスタックして柔らかな火山灰に埋まる。うぉ、のっけからスタック発生だ!車両自力脱出は不可能と判断し組合長、yasupaさんが救援に駆けつける。基本的に時間を競う競技であるため我々は積極的に手出しはしない。ただし、主催者サイドより安全の確保ならびにスムースな競技運営のための救援処置を行うべし!とのお達しが出た。

参加者のスキルは様々です。当然4daysに求めるモノや思い入れも人それぞれ。競技として上位入賞を志す者、景色とグルメを楽しみとして参加される方もいらっしゃるでしょう。スパッと走りきる方や、思いっきり堀込んでスタックする方、ジワジワと自力登坂する方。そして足下の悪さに堪えきれずバタリと倒してしまったり。皆さんそれぞれ持てる力を出し切って臨んでいましたよ~♪
オフィシャルと言いつつ不謹慎ではあるが興味の対象は昨日までのリザルト上位者の走り。
村田さんを初めとするトップに位置する走りはお見事です。先を読んでルートを素速く見据えて、躊躇無くコースを攻める。経験と実力に裏付けされた走りに一切の無駄はありません。こういった走りは練習で得られる物なのか?それとも生まれつき持ち得たチカラ?何はともあれ貴重なシーンを見ることができました。

我らが猛牛nasakuraさん。トップヘビーなテネレでこの難所をアッサリ乗り切って先へ進んじゃいました。
IMG_20070715_3446.jpg


ヤマグチさん+R100GS。色んな方が乗り継いだGSも今やヤマグチさんが飼い慣らしている様子。渋滞気味のSSをスマートにかわしていたよ。
IMG_20070715_3428.jpg

W林さん。淀みのない見事な走りっぷりでした!
IMG_20070715_3452.jpg

100GSのムラカミさんもトラクションを活かして堅実な走りです。
IMG_20070715_3461.jpg


SSに入ってくる車両の多くが難儀していたこと。特に車重の重いビッグオフは軒並みスタックないしは転倒の憂き目に。あれおかしいな?ボクの予想を上回るスタック状況だ。まぁこれも競技の一部として思い出に刻んで下さいね♪
ルート上の渋滞や後続車の安全確保のため、スタック車両を押し出しに掛かる。僕らオフィシャルは大繁盛♪競技者と一緒になり坂道を押し上げ、頑張れよ~♪とエールを送る。

まぁ考えてみたら本日初のSSとは言え、ココに辿り着くまで数百キロの道のりを経ている参加者達。疲れた体にむち打ってSSスタートしたら最高のウッズの余韻に浸る間もなくザクザク火山灰で過惨敗したのだ(hamacさんお借りしました!)。今更だけど客観的に見れば結構きつ目なコースレイアウト&路面状況だったかも。何とも無責任なオイラ!?

押して、引いて、起こして、を繰り返している内にコチラのエネルギーが切れてきた。2リットルのキャメルバックからの水分補給も全部汗となって体の冷却用に消費される。エネルギー切れを示すカラータイマー(何処に付いてるんだ?)がピコピコ点滅し今にも消え入りそうな位だ。周囲を見渡すと難所1担当のお二人も疲労困憊の模様。あちゃ~椅子の上で寝ちゃってるよ!
7月7日の試走が脳裏をよぎる・・・。
“重いヤツは少し大変だけど問題無いですね~♪”なんて安易な感想を述べた結果がそっくりそのまま自分に降りかかってきた・・・orz。この話はボクの胸の内に秘めておこう。門外不出&封印&マル秘で国家レベルの超機密事項だ!!


チームゴリラさんが最終エントラント通過の知らせを告げにコースを一回り。猛牛本部に戻った我々は本部テントでしばしの休息。それぞれの持ち場の状況報告をし合いながら林道大福を頂き疲れを癒した。これが美味いんだなぁ~♪
IMG_20070715_3480.jpg


我々の千歳猛牛本部もこれにて解散。翌日業務のオランベさんとはここでお別れ。どうもご苦労様でした。今度は押すんじゃなくて乗りに行きましょうね♪
迅速なる撤収作業を行い猛牛バス(珍ば号)で次なる目的地夕張へ移動だ!Go!!!!!!!!



続く・・・。



テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/18(水) 02:44:40|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北海道4DAYS(サポート隊)その1 07.07.17


SSER、A-TEC主催の北海道4DAYSも無事終了しましたね。
SSER初の北海道内だけで繰り広げられるラリーレイド。7月13日から16日までの4日間、色んなドラマが繰り広げられたのでしょう。猛牛組合よりnasakuraさん、やそまんさんが参加。両名ともガッツ溢れる走りを見せて健闘した。楽しくもあり苦労もあったと思われます。大変ご苦労さまでした!
本来であれば参加する側で報告をしたかったところですが、今回はサポート部隊として活躍(暗躍か?)して参りました。その顛末を少しだけ・・・。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

サポートday1(7/7)
当初4days観戦ツアーを予定していたのですが協力要請を受けたのが事の始まり。組合長を筆頭に数名の組合員でお手伝いを請け負うことになりました。

BTM春木さん監修の元、SS(走行時間を競うルート)、リエゾン等、着々とルートが設定されていたみたいです。そんなある日、千歳のSSをビッグオフで試走をしてくれないか?と問いかけがあった。既にSSのコースは決まっているらしく試走による最終チェックをするみたいだ。場所はHOP(北海道オフロードパーク)のエンデューロコースらしい。折角の楽しそうな申し出に断る理由は何もないので、その理由も考えず喜んで現地へ駆けつけました♪

我が良き友の100GSを見るやHOPの事務所前で、これで走るの?と係りの方から問われたり、春木さんのお知り合い2名も、あそこ走るの?と言われるなど、試走前からビビリモード半開?な自分。いきなり100GS+ナオトをコースに放り込むのは危険と判断した班長さんがルート確認に出掛ける。戻って来るなり通過不能箇所と、登坂困難箇所を数カ所指摘した。
“ナオトさ~ん、とりあえず言ってみるか~♪”とニコニコ顔の班長さん。スッカリ恐怖におののき涙目になって腰砕けの自分、帰りたくなってきた・・・。

この場の雰囲気に合わないぞ・・・。
IMG_20070707_3273.jpg

改めて試走の理由を聞くとこんな感じだ。
出場車両は250クラスのエンデューロマシンからリッタークラスのビッグオフが混走する。小・中型車両は車重の関係で問題ないだろうが、ビッグオフでの走破性を検証したいとのこと。要するに本ルートがSSとして使えるかどうかの確認である。なるほど走行不可能なコースじゃSSが成立しない、難易度が高くても一人で走りきる事が肝要であろう。それでもって車種問わずどこでも走り切るエキスパートに試走させては意味がない。標準的(定義は定かでない)なビッグオフライダーの所見が必要となってボクが抜擢されたみたいだ。

はまって身動きとれ無くなったらみんなが居るから何とかなるさ!若干居直り気味にスタート!
先導は春木さんと2名のエンデューロライダー、後ろに班長さんXRを従えた大名行列がスタートだ!スタート後はご存じの通りジグザグウッズの連続コース。ジグザグの折り返し点の一部がザクザクな事を除けば気持ちの良いウッズ。こりゃ素晴らしいルートですよ、皆さん気持ちよく走ることが出来るでしょう!そしてフラットツインが物理的に通行不可な場所はルート変更して対処した。

最後のフラットコースを抜けると火山灰ルートのお出ましだ。
いきなり難所1に遭遇する。ええいままよ、と登って右ターンを綺麗にこなす!
と言いたいところだが、ボクのイメージとGSが上手にリンクしておらず、右に傾き失速したGSはあえなくバタン・・・orz
照れ笑いしながら速攻でGSを起こしてザクザク路を下って難所2に差し掛かる。助走無しで登って途中でスタック。珍ば師匠の教えに従い、GSから降りて“押し”の作業に入る。その後は全て火山灰のザクザク路。まっすぐ走らせるのが困難だ。フラフラしながら歩みを進めてスタック箇所ではバックさせて何とかリカバリー。その後の難所はGSの武器であるトラクション+両足をバタつかせながらジリジリと登って何とかコースを1周した。ハンドルを押さえ込むのに上半身の筋肉はパンパン、全身汗だくでフラフラだ。
正直キツーいルートではある。ビッグオフが走行可能であることが検証された。もともと選手の腕試し的な要素であるSSだからこの位の難易度があると楽しめていいのかな・・・?
(この安易さが後々自分たちの筋力トレーニングの場になるとは・・・)

楽しそうに走っている春木さん!オニューのマシンがカッチョイイ!!
IMG_20070707_3275.jpg

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

地味に準備作業が続きます。
千歳SSのコースは確定しているので、競技当日コース上にテープ、マーカーの設置作業が待ちかまえています。多忙な春木氏に代わってコース設営を任されたので責任は重大です(大げさか?)。馴れぬ作業ではあるが難しいことは無いので概略計画(案)を立ててみる。作業内容、人の配置、準備すべき機材等々、判る限りのことを“覚え書き”に記して、当日作業するメンバーとメールでのやり取りが続いた・・・。


続く・・・。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/17(火) 21:09:07|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

本日の色々 07.07.14

IMG_6466.jpg

《北海道4days》
本日は二日目です。
北海道の雄大な風景を堪能しつつ、海の幸山の幸に舌鼓を打っているのかな~羨ましい!
どんなところを走っているのでしょうか?SSERの画像を見ていると爽やかな夏の林道や、牧場風景など牧歌的なイメージが伝わってきます。皆さん旅の醍醐味を味わっているのかな。

しか~し、あくまでもラリーレイド。SS(スペシャルステージ)では今までのリエゾンとはうって変わってアドレナリン噴出しまくりでしょう!移動路での快適性が低めのラリーマシンはSSでは水を得た魚。ガシガシぶっ飛んでいる事と想像します。
昨日のリザルトでは村田さんがトップ。さすがパリダカライダーです。
我が組合のnasakuraさんも10数位に付けている様子。トップページにある本日の総走行距離は何と590km!この中にSS2本が入っているからライダーの疲労度は並大抵では無いでしょう。どう言った展開になっているのでしょう?気になる結果はこれから発表されるリザルトを待ちましょう。それにしても最終ライダーが到着するのは何時だい?
05050009.jpg



明日は皆さんを応援しつつ押しにいきますよ~♪思いっきり走って下さいねー! 裏方さんだけどスッゴク楽しみなのだ。

《お買い物》
ホムセン&ツールショップに出掛ける。街中なのでお気軽にTT250を引っ張り出してスタート。すぐにエンジンは掛かるしマイルドなエンジンはとってもフレンドリーなTTR。トレールバイクの良さを実感です。最近街中へバイクでは出掛けないので(一体何処で使っているんだ?)違和感を覚えつつ交通の流れに身を任せる。何だか妙に怖いのだ。前後車に囲まれて、交差点では右折の対向車がスキを狙って曲がろうと構えているし、かっ飛び車も、ジイチャンノロノロ車も混在してスゴイ状況だ。

最近人里離れたお山を主な生息地にしているので正直メッチャ怖いッス!!おかしいなぁ~普段は車も乗っているんだけどな~!?
IMG_20070714_3351.jpg
 IMG_20070714_3349.jpg
 IMG_20070714_3350.jpg


肝心の材料(素材)を買い込んで帰宅。相も変わらず余計な物も買ったけどね(笑) 貧乏金ナシを地でいってます。
IMG_20070714_3360.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/14(土) 20:56:15|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

北海道4days2007  07.07.12

いよいよ明日からA-TEC北海道4daysが開催されますね~♪
エントラントはラリー部門55名、エキスペリエンスラン部門5名の総勢60名が参加するラリーレイド。一体どの様なドラマが生まれるのだろうか?

A-TECでの開会式風景 (2002TDNより)
 04280004.jpg
 04280006.jpg


出場車両もバラエティーに富んでいるなぁ~。
R100(80)GS、KTM950,アフリカTのビッグオフ系はやはり少な目。長距離リエゾンをこなしつつ、スペシャルステージでも戦闘能力の高い400~600ccミドルクラスのエントリーが多いのも頷ける。気になるのがXL250パリダカ。その心は?


走行距離
Day1:300km
Day2:580km
Day3:530km
Day4:210km
SSERらしく走行距離は多めですね。ゲップ出る位リエゾンを経てフラフラになった頃にSSとは恐れ入ります。普通のツーリングで1日600km弱走ったらケツが痛くてイヤになっちゃ距離。宿に着いたらバタンキューかな~

参加の皆様、夏の北海道を堪能して下さい!
我が猛牛組合のnasakuraさん、やそまんさん頑張ってね~!陰ながら応援していますゼ!!

競技風景 上:千歳tettさんですヨ!、下:芦別  (2002TDNより)
 04290024.jpg
 04280007.jpg


こんな感じでSSやるのかな~?(2004TDNより)
 starting grid
 05050008.jpg




こんな気持ちのいい林道が待ってるよ~♪(イメージ画像)
 IMG_8664.jpg
 IMG_1414.jpg
 IMG_1392.jpg


雄大な風景が待ち受けているよ~♪
 IMG_8382.jpg
 IMG_8426.jpg


美味いものが沢山あるよ~♪(上:積丹のお店、下:増毛のお店)
 08120002.jpg
 07260010.jpg


リエゾンも旅の醍醐味が味わえる!
IMG_8690.jpg


きっとアチラコチラで遭遇するでしょう。黒いヤツとは遭遇しないように(要注意)
08080007.jpg


「ゆっくり走ろう北海道」11日から取締強化中です。リエゾンも安全運転で!
04280021.jpg


ウイリーでGo!!  (2002TDNより)
04280034.jpg


お土産話待ってま~す♪

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/12(木) 23:50:24|
  2. 北海道4days
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

旧中山道-1  07.07.08



1日中山道で遊んできました。
あ、旧中山道(きゅうなかせんどう)じゃなくて1日中山道(いちにちじゅうやまみち)です。読み間違わないよう注意が必要です。有賀さつきさん、昔のネタをお借りしました。
IMG_20070708_3312.jpg

朝から夕方までタップリ遊んできました。
天気が良かったから埃だらけ。埃まみれの顔にビックリでした。やはり汚れないためには先頭を走る必要がありますけど、ボクの場合はまだまだ修行の身。皆さんの後を追ってライン取り等学習が欠かせません。とは言っても技を盗むのは本の一瞬だ。すぐに見えなくなってしまうから自習に切り替えるんだけどね(笑)

本日はMASAさんと元祖山賊なかさんの3名で楽しんできました。午前はごく近くの林道やウッズを堪能し、愛のスカイラインルートを走り休憩。やっぱり押しが入るとキツイね。押しの発汗分を木陰で水分補給してほっと一息。中間ポイントで、なかさんのお知り合いの、TTさん、WRさんとバッタリ遭遇したので都合5名で林道散策することに。その後も定番ルートを走り込んでバイクの給油と、お昼タイム♪コレが楽しい一時なのだ。

午後も精力的に走りまわり皆さんグングンペースが上がってイイ感じ。頑張りすぎて休憩ポイントで寝てしまう方もアリ(笑) これだけ走れば疲れますよね。そろそろ時間も押してきたし、お疲れモードに入ってきたのでルートを戻り方向に取りました。もう体はバテバテ、着衣は埃まみれ。叩けばホコリの出る体になってしまいました(悲) 

タキラル駐車場で一休みして、最後の力を振り絞り林道のオアシス“ふせ商店”へ向かいます。筋力の落ちた体では車体を強引にねじ伏せる事は出来ません。その事がバイクの挙動に逆らわず、無理のない操縦に繋がって結果的に車体が安定します。最後の30分が本日会心のライディングかも。
途中、お兄ちゃん2人が乗ったジム君と遭遇。後方からバイク2台が走って来る事を伝えたくて、スローダウンしつつ「バイク2台来るからね~」と叫んで指で“2”を表現した。するとお兄ちゃんはニッコリ微笑んでピースサインを返してくれましたとさ。あれ?


タイトル通り1日中山道で遊びました。
凄く楽しくてあっと言う間に時間が経過しました。本日も怪我もなく(一部凶悪な面構えあり)無事修行道を終える事が出来、皆様に感謝致します!



[本日の記録]

柿色200分離。なかさん置き場所に困ったらいつでも言ってね♪
IMG_20070708_3278.jpg

MASAさんtm号。ゼッケンが眩しいな~!最近2stが気になってきた。低速トルクでグイグイ登坂する様は見ていて裏山です。
IMG_20070708_3279.jpg

泥パックなのだ。
IMG_20070708_3283.jpg

お馬さんがパカポコとノンビリトレッキング。長くてしなやかな脚周りがいいなー。
IMG_20070708_3293.jpg

おっ!向こうから歩いてくるは、泣く子も黙る山賊さんだ!
IMG_20070708_3301.jpg

お楽しみのお昼時。木陰は涼しいけれどヤブ蚊アタックで早々とこの場所から撤退したのだ。
IMG_20070708_3295.jpg

腹ごしらえも済んでこれから第2ラウンドスタート!
IMG_20070708_3305.jpg

メッチャ爽やかなお山。
IMG_20070708_3309.jpg

疲れた体が甘いものを欲している。熟してマイウ~♪
IMG_20070708_3326.jpg


おしまい。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/08(日) 23:34:54|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

本日の色々 07.07.07

バタバタしたウィークデイも終わってようやく一段落。
今週は曇りがちで雨も落ちたり少しだけ不順な天候。週末の天気が気になったけど、カラリと晴れ渡り北海道らしい気候で一安心。
IMG_20070707_3253.jpg



○出掛ける
帯広へ行ってきました。実は楽しみが一つあるのです。
またしても牛乳ネタですが(笑)、調べたところ札幌市内でも興部の牛乳が売っていたのです♪いそいそと出掛けてきました。(詳細報告は後日)
IMG_20070705_3226.jpg

グイッといきましょう♪
IMG_20070705_3219.jpg

現場からの帰り道寄りました。楽しみな牛乳も1㍑のみの販売。いくら好きだといっても飲めないな・・・。
IMG_20070705_3233.jpg

パカポコと引かれていたよ。イイケツしてるなぁ~
IMG_20070705_3234.jpg


旭川
本日はわずか20分程度の用事でしたが出掛けてきました。モーニングハイウェイでひとっ走り。お気に入りのCDを流しつつ快適ドライブ!だけどタッチアンドゴーは疲れた。

セイコーマートでお買い物。日常的な風景。
IMG_20070707_3268.jpg

ココは野幌サービスエリアなのです。ようやく北海道の高速道路にもコンビニが出来て嬉しい♪そして24h営業ですから腹減ってもOKじゃ!セイコーマートよ良くぞ作ってくれた。あれ?今までの飲食ブースは何処へ?
IMG_20070707_3270.jpg


無事旭川より帰還。お昼前に帰着しました。折角のお休みですから休む間もなく着替えを済ませて100GSに跨る。準備に時間がかかってしまいやむを得ずアフタヌーンハイウェイで目的地へ。

今回は100GSですから爽やかダートです♪
無理なところは走りません。GSの美点であるトラクションを活かしたクロウリングで楽しみます。周囲にもバイクはいますが、脇目もふらずマイペースに楽しんできました。
なぜか画像はありません?

帰宅時の100GS。ホントに乗りやすいバイクだなぁ~♪
IMG_20070707_3277.jpg


チクショー!明日も爽やかダート行くぞ~!(元気だったらね)

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/07(土) 18:58:22|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

道北の旅  07.07.03

32.jpg

チョットだけ道北の旅に出掛けてきました。
残念ながら猛牛組合の道北ツーには不参加であったため、少しだけ気分を味わいに!特に林道にこだわることなく旅のキーワードは“ゆるーく周遊する”である。


今年の目標に掲げた湖沼巡りはサッパリ進行していない。ここは初心に返ってみることに。まずは浮島峠にある、「浮島湿原」から。場所は上川町から車で20分程度。国道273渚滑に向かい、浮島トンネル手前を右折。現在は湿原の下を貫く浮島トンネルの直上に存在します。
実はここを訪れるのは初めて。駐車場に到着すると、ここからは徒歩で1.6km先に目指すモノはあるらしい。一瞬躊躇するも、思い切って歩き出すことに。およそ20分の散策後に湿原地帯が顔を出したのだ。小さめの水たまりがあちこちに点在し、散策用の木道もキッチリと整備されている。

国道縁の看板。
11.jpg

駐車場からは徒歩となります。
14.jpg

徒歩ルートの1.6km区間は歩きやすく整備済。
155.jpg

水の透明度は低く、漆黒と表現すべき深い色合いで不気味さを醸し出している。周囲は長きに渡る植物の堆積から成り立っていて、水の循環がないことからこの様な色合いになるのであろうと想像する。池の周囲は思いの外ドライな状態である。湿地帯と言えばもう少し湿潤状態で、グチュグチュ状態が多いのだけど乾燥化が進んだのであろうか、湿原にありがちなズブズブとぬかるむ雰囲気は希薄であった。直下に位置する土木構造物の影響を受けた可能性も否定できない。湿原は堆積植物と雨水からなる大地の産物。乾燥化が進むと元の姿にはなかなか戻れないデリケートな存在。大事にしていきたいですね~!

経路には手つかずの自然が残ってます。朽ちた巨木の幹に白樺が緑を湛えています。
13.jpg

15.jpg

ようやく湿原に到着!
16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

湿原でひっそりと咲いている花々。
22.jpg

21.jpg

20.jpg

ここから一気に紋別へ向かう。
紋別で用事を済ませてお隣の興部町へ。ここへ来たのは訳があるのだ。昨年の道北ツーで休憩ポイントして訪れた際、道の駅で飲んだ牛乳がとても旨かったのである。道北ツー=牛乳の図式がガッチリと構築され、今回再来の目的は“興部で牛乳を飲もう!”と言っても過言ではないのだ。急く気持ちを抑えつついざ売店へ行かん!
25.jpg

出てきた牛乳。確か大瓶と小瓶があったはずだがサイズはひとつになっている。瓶の紙ぶたをペチッと剥がして半分ほどゴキュゴキュとのどに流し込む。うむ、ウンマイ!普段の1㍑紙パックよりずっとウンマイ!だけど、だけど、何かが違うな・・・。昨年の感動には届かない。もっと濃厚でクリーミーであったとボクの小脳は記憶している。あまりのおいしさに小瓶じゃなく大瓶をオーダーしなかったことをとても悔やんだ位旨かったあの牛乳。アノ牛乳の濃度を言葉にすると、液体と言うよりゲル状(この表現は不味そうだな)。そうそう、飲むヨーグルトを少しサラサラさせた感じ。毎日飲み続けたらデブ確実なコテコテ系乳脂肪分タップリな農濃さだったのである。もしかしたら1年の時間が記憶を美化させたのかもしれない。何となく吹っ切れぬまま興部を後にした。(この件は詳細調査を要すると決めた)

オホーツクの海沿いにあるオムサロ原生花園。
26.jpg

27.jpg

28.jpg


ちょこちょこ林道に刺さってみる。
ここいらも台風の傷跡が残っており、倒木による通行止めが多かった。道々の金八峠、丸立峠も降雨による路盤損壊で通行止め。むぅ~向かう場所殆どがダメである。人気も少ないのかクマさん○んこも多くなってきたので林道探索はこれにてお終い。遠軽町へ向かうと舗装路にもでっかい○んこがてんこもり!一体どこで用を足しているんだ。節操のないヤツらだな、プンプン!!
34.jpg

23.jpg

39.jpg

38.jpg


ここでひとっ風呂浴びるために温泉へ向かう。
場所は瀬戸瀬温泉。昔ながらのひなびた温泉宿。テレビも衛星放送のみ、携帯も圏外と9km向こうの国道にある文明から隔離された世界です。だ~れも居ないひょうたん型湯船を独占し、コッソリ泳いでお代は500円なり~♪ 無味無臭、無色透明なアルカリ単純泉で気持ちよく汗を流してきました。
36.jpg

37.jpg


次なる旅は車の少ない道々を継いだクルージング。
走行距離およそ60km。すれ違ったのは車4台、鹿の親子4頭でした。道路の整備状況は国の管轄する国道には及ばない物の、交通量の少なさからストレス無く快適クルージングが可能である。きつめの勾配と小さな回転半径がテクニカルで楽しい!
33.jpg

29.jpg


砂利道を知らせる路肩の看板。見た事ある文字をハッケン!
30.jpg

31.jpg



こうしてプチ道北ツーは幕を閉じました♪

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/03(火) 23:40:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9

本日の色々 07.07.01

今週末はノーバイクデーなのだ。
特別理由はないけれど、とりあえず今週末はバイクと隔離した生活を送る(予定)。今週もあちこち車で走って疲れたのか、朝は8時過ぎまでグッスリ熟睡してかなりスッキリした目覚めで気分ヨシ!いや~睡眠って何にも勝る体力回復の源だね~!時間を気にしない目覚めってとても幸せな瞬間だな~。


で、昨日(6/30)は大福ミーティング。
大福&コーヒーの山族メニューを頂きつつ、7月からのイベント予定を確認する。
IMG_20070630_3180.jpg


本日の乗り物達。多様な車種が集まりました。
IMG_20070630_3161.jpg


ここ最近チョットだけ競技色が強めの周辺環境。これから開催される組合イベントや競技系の開催状況を漏らさぬようチェック。再来週には北海道4daysも開催されるし、イベント盛りだくさんな週末が続きそうです。
珍ばさん、MASAさんよりエンデューロのお話を伺う。ブランニューな南北海道で健闘した珍ばさんは惜しくもタイムオーバー。火山灰主体のコース設定ではパワーを喰われるので市販トレール車では相当苦戦を強いられた事が容易に想像される。珍ばさんの熱い山族走りに応えるマシンはレーサー以外には無いであろう(キッパリ)。実はレーサーでかっ飛ぶ珍ばさんの姿を見たいのである。きっと鬼に金棒(山族に大福)なんだろうな。そうは言っても、レーサーを導入されると困るのはボクなのだ。熱い走りに更に磨きがかかり、普段の修行で使う山賊峠なんかノンストップ往復レッスンとか平気でやっちゃうだろうし、付いていく事が出来無くなっちゃう。う~ん悩んじゃう(オレが悩んでどうする!?)。

MASAさんは15年ぶりに出場した木古内で何とクラス7位入賞の快挙!MASAさんの腕とtm250(2T)のポテンシャルの高さを見せつけられた!驚くは、2日目の最終周でパンクしたリアタイヤでの完走である。何とも天晴れな入賞劇である!話を聞いていると素晴らしいコース設定との事。景色とルートを楽しみながら競技出来る豊富な経験と腕が羨ましい。自分だったら緊張して心拍数が思いっきり上がってヌタ場でもがくのが関の山なんだろうな・・・。
MASAさんブログの画像がメチャカッコイイっす!!自分もあんな風に走って写真撮ってもらいたいな~!

ボクも皆さんのようにエンデューロに出てみたいですが、腕も度胸も無い自分は尻込みしています(笑) やっぱりオフロードピヨピヨ隊がお似合いな自分・・・。

ここで元祖山賊なかさん登場。
軽やかなフラットツインのエキゾーストノートで颯爽と登場だ!何と二輪ではなくて三輪だ。
IMG_20070630_3179.jpg

船に乗せて頂きました。初めてのサイドカーにワクワクドキドキ!チョッピリ周囲の視線が気になりつつも、とても乗り心地が良くて気持ちいい♪ロシア製フラットツインの牧歌的エキゾーストは癒し系な音色でこれまた心地ヨシ。なかさんも笑顔、ボクもニコニコ、オヂサン2人で快適ドライブです。少しだけ運転もさせて頂きました。初めて操るサイドカーにもの凄く緊張しました。スロットルのオン・オフでハンドルが切れ込む事は知っているが、聞くと乗るとじゃ大違い。走行特性が判らないため酔っぱらいオヤジの様に右に左にフラフラ走るが面白い!ノロノロ運転で路線バスにも抜かれる制限速度以下(ここは時速50km毎時)でマッタリクルージングを楽しませて頂きました♪

船からの風景!これは楽しいしラクチンでよろし!
IMG_20070630_3165.jpg

試乗の一コマ。車幅があるのでドキドキride。
IMG_20070630_3177.jpg


しかし笑っちゃったのが、猛牛組合のスタッフルーム。
いつの間にか〈山賊収容所〉が新設されている。入所条件は峠で悪さしたり乱暴した組合員らしい。どうやら猛牛組合暴れん坊将軍の懲罰房みたい。いったい第一号入所者はダレだ!?

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/01(日) 01:39:34|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる