Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

今週末 07.02.28


バタバタとして空回りが多かった先週とうってかわって、今週は着実な歩みを残しつつ穏やかに時間が経過しています。年度末の今時期は色々やる事が多くてチョッピリ気ぜわしいですがね。

今日は郵便局へ出向いて資格更新の書類を発送しつつ、SSERプレゼンテーションの懇親会費も一緒に振り込みしてきました。プレゼンの参加をギリギリまで見合わせてきましたが、どうにか参加できる事になったので滑り込みで申込みをしました。

今年のプレゼンはどんな話が聞けるのでしょうか?2007ダカール参戦の菅原御大や、WRCを始め積極的にラリーへ出場している池町さんの話も大いに興味アリ。その後の懇親会では裏話?なんかも聞けそうでコチラも興味津々です♪

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/28(水) 23:56:30|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GSのメンテナンス-4(タペット調整) 07.02.26

○序章
シックネスゲージです。
IMG_20070225_0835.jpg
GS購入後とりあえず買った工具の一つ。タペット調整に必要だからと購入したけれど未だ未開封な測定器具。使う使わないは二の次、モノが無いと不安になり、有ると妙に安心する性格で、無駄と知りつつも準備しておく事が多いです。コイツもケースに入ったままの状態で、心の安らぎになっていたのです。自分で使う事は無いんだろうな~、と思いながら・・・。

○金曜日
整備の達人tetsu(講師)さん宅へお邪魔しました。
これが事の始まりでした。以前、tetsuさんが実践したピストンリング交換のお話を聞きつつ、整備のイロハ机上学習会の始まりでした。メンテブックやリペアマニュアルを見ながらアレコレとレクチャーを受講する自分。飲み込みが悪い受講生で講師のtetsuさんを困らせる(笑) すると講師は論より証拠、とばかりにヘッドを持ち出して熱弁をふるっていただくことになった。実物があればヘッドバラシ(何故ばらす?)の基本的な作業方法がイメージでき、大変参考になった。何かの時に役立つであろう!

ここで止めておけば傷も浅かったろうに、昨年よりオイル滲みのあるプッシュロッド根本のオイル漏れの相談を持ちかけてしまった。更に詳しい分解方法、作業の留意点、リペアマニュアルには記載無い細かなノウハウを伝授して頂いた。講師のマシンガントークで、スッカリその気になった自分、これならセルフメンテで出来るかな?

これがプッシュロッドからのオイル滲み状況です。シール不良で整備の必要があるのか、はたまたオイルが入っている証と捉えるモノなのか、この辺りは考え方によりますね。
IMG_20070225_0842.jpg


○土曜日
この日は整備休暇日デス。

○日曜日(ショップにて)
本人はすっかりその気になって、いつもの某ショップさんを訪ねる。
プッシュロッド根本のオイル漏れ修理に必要なパーツを準備願った。ガスケット類とプッシュロッドの受けである。部番を確認しその場で全てのパーツが揃う。う~んマンダム!
IMG_20070225_0829.jpg

交換に際しての留意点を絵解きにして細かに教えを請い、頭に詰め込む。フムフムなるほどね。メンテブックや、リペアマニュアルに書ききれない、作業のちょっとしたコツがとてもためになる!

これは今回の整備用にと準備したケミカル類。
IMG_20070225_0831.jpg

焼き付いているエキパイ外しが大変なので、チョイとお高い冷却浸潤スプレー。以降のエキパイ取り外しを少しでも容易にすべく、塗り込み用グリスも購入した。液体パッキンはスリーボンド製がお勧めとのこと。歯磨きチューブのサイズは量も多く使い切る事はないので、ごく少量に分包されたものを購入。成分は同じです。


お店滞在中、組合メンバーさんにお会いする。春先の乗り出しに向けて、色々部品を取り寄せ準備しているみたいです。もうすぐ春ですからね~♪



○日曜日(自宅にて)
修理の達人ご両人、tetsuさんとA野さんが我が家へ来訪。
金曜日のレクチャーをより確実にするためと、教材を持参頂いたのだ。OHVのヘッド・シリンダー・ピストンキットで分解状態をイメージし、整備をより確実なものへ導く教材キットだ。これがあるとレゴブロックの如く、組んだりバラしたりが自在に可能で、整備に弾みがつくという訳だ!
わざわざありがとうございました<(_ _)>  しかし、これだけで終わらなかった・・・。

ヘッド開けようか~♪
達人の一言で作業開始の火ぶたが切って落とされた!これからタペット調整メンテ教室の夜学講座スタートだ!
IMG_20070225_0836.jpg


・ナット類を外してヘッドカバーを取り外した。これは難しい事無し。ヘッド下にはプラスチックの受け皿を置き、ワッシャーの紛失を防ぐ。

・上死点出し。ゴムプラグを取り外して上死点マークの“OT”を探し出す。裏技としてプラグホールへ割り箸を差し込み、ピストンの最大出っ張り具合を見当付け、その後窓からOTマークを確認する。ピストンの上下作業には、キックで動かすか、ギアを入れてリアタイヤを回すかで対応する。今回は前者の方法で実施した。

オイル注入口右隣の穴がチェックホール。上死点を探したり、点火タイミングの確認をするための秘密?の小穴です。コッソリ覗こう♪
 IMG_20070225_0843.jpg
 

・上死点マークより確認したOTマーク。この状態で爆発行程のタペットクリアランスを測定する。もう一方のシリンダーは排気行程中であり、バルブを押し込んでいるため隙間は無い。

コッソリ覗くとこんな感じ。ちゃんとOTマークが見えますね。
 IMG_20070225_0844.jpg


・シックネスゲージでin側、out側の隙間を確認する。金属が熱膨張していない冷間時に行います。規定値は、in側0.1mm、out側0.2mmだが、規定値外であったため調整を試みる。これが思いの外大変な作業だ。自分が合わせると全然上手くいかない。

・達人のお手本。スパナとゲージでカチャカチャ調整するとピッタリ規定通りだ!う~ん、凄いな。
 IMG_20070225_0839.jpg
 IMG_20070225_0840.jpg


・反対側シリンダーの現状クリアランスを調べる。
in側0.06mmなので規定値よりクリアランス不足で不合格かな。out側0.2mmで合格です!
 IMG_20070225_0845.jpg
 IMG_20070225_0846.jpg


およそこんな感じでタペット調整を進める。なるほど、聞くとヤルとじゃ大違い。OJTによる教育は効果てきめんだ。調整方法は理解したので後はどれだけ規定値内に収めるかを練習すればいいのであろう。





テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/26(月) 02:58:36|
  2. R100GS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日の色々 07.02.23

○キャブメンテを終えて

=作業手順=
平成15年に中古車で購入した我がGS。89年登録である事から17年経過し、走行距離は約60,000kmとなった。整備記録等無く素性が不明瞭な訳で、今回キャブ分解整備した訳である。てっきりキャブには手を付けていないものと思いこんでいた。左側キャブでは気づかなかったが、もう一方の右側キャブに整備の痕跡を発見!どうやら悪戦苦闘したようだ。

IMG_20070218_0783.jpg
  フロートの上下動を保持するピンだ。フロート、ニードルバルブを交換する際にピンを抜く訳だが、同径以下のポンチ等で打ち抜いて取り外すのがセオリー。だが、このピンにはプライヤーで引き抜こうとした傷跡が痛々しく残っていた。手順が分からなかったのか、適当な道具が無いための結果なのかは知る由もナシ。やっぱり達人からのアドバイスの重要性を痛感しました。

=改善=
パッキン、Oリングなどのガスケット類を交換したキャブメンテ。交換用部品は入手済みであったことから、既存品と比較する事ができた。画像にもあるように色の相違が認められた。お店の方とその辺りの話をする機会があった訳だが、本体製造終了後も部品の改良が多いと聞いた。OHVの最終モデルR80GSbasic97年で発売から約10年経過、我が初期型100GSは89年式だからおよそ17年経過してもなお、純正部品の改良が継続している事に一種の驚きと敬意の念を抱く。想像するに、各国の販売店からの不具合情報を集約し交換頻度の多いパーツを改善(対策品)していると推測される。いまだ純正のタンクステッカーが手にはいるのも凄いな。う~ん、恐れ入る。
上下の画像とも左が新品、右が使用品。
IMG_20070212_0713.jpg
IMG_20070218_0793.jpg


現在、残りの右側キャブも分解中です。分解だけなので短時間で終了し、汚れ落としにキャブクリーナーをシューっと一吹き。クリーナーが無くなって新たに購入したものがコレ。
IMG_20070218_0770.jpg

泡タイプで汚れ落ちがイイ感じでした。ちなみに隣の「Plexus」はプラスチック系の万能ケミカルらしい。お店の勧めで購入したがまだ未使用。どんな効果かは後ほど報告します。

なんだか最近、整備に目覚めたのかとっても楽しい!もっとも現代風なハイテクなど存在しないエアヘッドだからこそ出来る楽しみです。これからの予定は、点火時期の調整、タペット調整でしょうか?
ラジオを聞きながら一人地下に潜って没頭する事が今一番の贅沢な時間です。

○晴れ!
お仕事で帯広へ。
朝から天気が良くて気分もウキウキしながら仕事先の現場へ向かった。お山の現場なので、この時期雪崩による通行止めが心配されたが、お客さんからの連絡がなかったので安心して向かうと、電光掲示板には[通行止めのお知らせ♪]と表示している?? 念のため通行止めの先に居るはずのお客さんへ電話すると、誰もでない。焦って市内の事務所へ連絡すると「ゴメンネ~電話するの忘れちゃった~♪」 オイ、マジカヨ(怒)

青空が眩しくも心が空しい一泊二日の帯広ドライブでした。

○書類
保有している資格の期限切れが迫っていたので、ようやく重い腰を上げて申請準備。
必要な書類は何があるの?と、のんきに案内書をめくると色々ある!
住民票に、身分証明、禁治産者でない事の証明等諸々。法務局と区役所でそれぞれ発行しているものだ。何とか当日中に揃えようとするも17:00終了だから時間的に厳しい。すると大通りに“証明センター”なるものが存在し、窓口業務は19:00までとのこと。おー素晴らしいじゃないか!慌てて会社を飛び出し証明センターへ。必要事項を書き上げ窓口に出そうとすると、印鑑が必要な事を思い出す。うっ!忘れてもた・・・。普段持ち歩く事務処理キットに入っているのに、何故今日に限って・・・。

途方に暮れつつ印鑑探しスタート!無駄な費用は避けたいので百均で三文判を買って何とかギリギリセーフ!
あー疲れた。


今週の頑張りは空転気味の一週間でした。
楽あれば苦あり“来週はきっといい事があるさ♪”

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/23(金) 01:54:56|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

GSのメンテナンス-3(キャブメンテの巻) 07.02.17

ようやく本編です。

【分解清掃】
あちこちに色々なネジやボルト類が付いているので、整備書の通り外して行く。基本は分解清掃・部品交換である。
1.分解清掃:フロートバルブ、メインジェット、ミクスチャースクリュー、パイロットジェット、チョークバルブ、フロートバルブ
2.交換部品:ダイヤフラム(ゴム幕)、Oリング、ガスケット

〈フロートの取外〉
ニードルバルブ点検のため、まずはフロートの取り外し。押し込んでいるピンを外す(押し出す)訳だが適当な治工具が見あたらなく、釘を加工して代用。コンコン力加減をしながら叩くも、キャブ本体が固定されていないので力が逃げてピンはピクリともしない。反力となる台座が必要で木の板加工し取り外し成功!


バルブ(ゴム製)の見た目は円錐形を綺麗に保っている。指でなぞっても問題無さそうで、健全と判断しそのまま継続使用とした。このバルブ、段差が付いたりへこんだり、変形しているとガソリンオーバーフローの原因になります。
フロートを外す前の画像。
IMG_20070127_0504.jpg

ピンを打ち抜きフロートを外します。代用品の釘でコンコンコンとな♪
IMG_20070211_0636.jpg

フロートを外して真上から見た画像。細い針金で出来た金物で引っかけています。
IMG_20070211_0637.jpg

ニードルバルブの拡大画像。変形は無いようだ。
IMG_20070211_0639.jpg


〈メインジェット〉
IMG_20070212_0695.jpg

4つの部品で構成される。随分とゴミが堆積しており汚れも著しい。タンク内の錆なのか、ガソリンの垢なのか、ゴミカスの溜ま具合より新車時より一度もバラしていないのかも。綺麗に清掃し組み付ける。Oリングは中サイズをはめてみたが合わない。小サイズがピッタリフィットでした。
清掃前
IMG_20070212_0694.jpg

清掃後
IMG_20070212_0725.jpg

〈パイロットジェット〉
細かな穴が沢山空いているので、汚れを吹き飛ばして完了。メインジェット同様に汚れが目立つ。
これは清掃後の画像です。
IMG_20070212_0720.jpg

〈ミクスチャーアジャストスクリュー〉
IMG_20070212_0696.jpg

取り出すとスプリングには錆が付着し、スクリューの先端は吹き返しによるカーボンが付着している。
 IMG_20070212_0697.jpg
 IMG_20070212_0698.jpg

キッチリと汚れを落とし、Oリングも新しいのに取り替えて組み立てる。標準設定は締め込み後1回転戻し。我がGSの設定は3/4(270°)戻しだったのでそれに合わせた。
 IMG_20070212_0721.jpg
 IMG_20070212_0722.jpg


〈チョークバルブ〉
目立った汚れもなく清掃+Oリング、ガスケット交換で終了の予定。
IMG_20070212_0700.jpg

バルブ面です。この状態はチョーク全閉状態。上下逆に組み込むとチョーク機能を失うので注意が必要!
IMG_20070212_0701.jpg

ガスケットをよく見ると変形している。気密性保持が困難であり外部よりエアを吸い込んだ形跡があった。画像は伸びて機能していないガスケット。
IMG_20070212_0703.jpg

ガスケットを新品に交換して組み立てる。
IMG_20070212_0723.jpg

そう言えば我がGS、いつの頃か忘れたがチョークの効きが悪く、冷間時のアイドリング維持もままならない症状が出ていたのだ。もっとも直ぐに走行を開始すれば何とかなるので放置していた不具合であった。もしかしてガスケット交換によりチョーク機能が回復する可能性が出てきた。こりゃ楽しみだ!

〈スロットルバルブ周辺〉
まずはバラしちゃいました(これには問題が・・・)
バタフライ(円盤)とシャフトにはガッチリとススが付着して汚れています。真鍮なのでコンパウンドでピカピカに磨きました(磨き好きです!)
IMG_20070212_0705.jpg

ガソリン流量を司る機能部品のひとつである。円盤が閉じてアイドリング、スロットルに連動し開くと負圧によりガソリン供給量が増加しエンジン回転も上昇と至って単純だ。よって、スロットル全閉時、アイドリング安定には真鍮で出来た円盤とキャブ本体に隙間が無いことが重要となる。
画像はメンテ前の状況。吹き返しの汚れもさることながら、結構な隙間が目立つ。2本のネジを微妙に調整し、限りなく隙間を無くす努力をしてみた。この作業が一番難儀した。そもそも円盤を取るのに苦労して、差し込む事もままならない。イライラしながら投げつけたくなる気持ちを落ち着かせるのに一苦労だ!外した事に後悔の念が・・・。
何とか頑張って満足できるレベルまで調整した(つもり)。

取り外し前。隙間が目立ちます。
IMG_20070212_0704.jpg

円盤を磨いて取付、反対側に照明をかざし隙間具合をチェック。
なかなか思うとおりにバタフライは付かぬ。この様に違うところが空いてしまう・・・。
IMG_20070212_0724.jpg

で、なんとか隙間が減ったみたいだ。これで止めておこう、深入りすると取り返しの付かない事になるし。
IMG_20070212_0727.jpg


〈ダイヤフラム〉
どんぶりを外したところ。
IMG_20070211_0646.jpg

負圧の圧力保持用部品。判りやすく言うとゴムの幕だ。こいつにキズが入るとピストンが上昇せず、エンジン回転も上昇しない。今まで普通に走ってきた経緯もあり、キズがないことは想定されていた。現物を確認すると綺麗な状態を維持している。折角パーツを購入したので交換し、古いパーツは念のため保管することにしました(この考えがゴミの増加をもたらす)。

スロットルバルブは真っ黒!綺麗に清掃し、ジェットニードルは軽く磨いてそのまま組立た。
IMG_20070211_0649.jpg


ここで疑問が生じた。
メンテブックのジェットニードルと、現車のニードル形状が違う。教えの通り作業を進めてきてここで一時中断。???となるが、考えても仕方ないのでそのまま組み込む。なんだかスッキリしないゾ・・・。
 IMG_20070212_0717.jpg
 IMG_20070212_0719.jpg


で、本日ジェットニードルの謎が解明!tetsuさんからの誕生日プレゼント?某HP記載のPDFを眺めると、我がGSのニードルは後期型、メンテブックのニードルは前期型と判明した。年式による仕様変更は至る所でおこなわれている事を実感。あ~スッキリ!!

〈Oリング〉
交換したOリング。長い間狭いところに押し込められていたので、スッカリいじけて角形断面に変形している。弾性も失われている事からこの様子じゃシール効果も怪しいところだ。
IMG_20070215_0756.jpg

新品のOリング。綺麗なドーナツ状です。
IMG_20070215_0757.jpg


〈不明編〉
フロートチャンバーに細い真鍮管が配管されている。フロート室を貫き大気解放している。よく見たらここも泥詰まりして塞がっていた。早速針金で穴を確保。
上:フロートチャンバー内側
中:外側の真鍮管。泥つまり中
下:外側の真鍮管。清掃済
 IMG_20070212_0710.jpg
 IMG_20070212_0711.jpg
 IMG_20070212_0712.jpg

何故かこの作業はメンテブックに記載無しだ。これも前期型OHVには装着されていないパーツなのか?ちなみにメンテブックのドナーはR100RSの前期型。キャブもbingφ32と若干仕様が違う。R100GSはbingφ40である。
コイツの機能は何だろう?高度変化に対応する気圧補正用なのか、それともオーバーフローしたガソリンの逃げ道なのか?知っている方、是非教えて下さい<(_ _)>


コルクで出来たガスケットを本体の溝に填め、フロートチャンバーを取り付けた。スロットルバルブの動きもスムースに上下してイイ感じだ。
 IMG_20070212_0732.jpg
 IMG_20070212_0735.jpg


馴れ無いながらもひとつひとつ分解し、清掃し、部品を交換し、何とか作業が完了した。
なんかやらかしちゃう予想は見事覆し、無事作業終了です!
チョッピリ残念なのが試乗できないこと。分解整備により何かしらの改善を感じることが出来たらさぞ嬉しいことでしょう。もしかして落ち込む結果になるかも知れないが・・・。
試乗記は後日報告させて頂きます。
IMG_20070217_0762.jpg


春が待ち遠しいなぁ~♪
[GSのメンテナンス-3(キャブメンテの巻) 07.02.17]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/17(土) 16:35:44|
  2. R100GS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

GSのメンテナンス-2(キャブメンテの巻) 07.02.15

IMG_20070215_0753.jpg

○キャブの分解整備
キャブメンテの目的は1月27日で書いたからはしょるとして、実はキャブをバラしたのは昨年の今時期にTT250Rのキャブを分解したのが初めて。始動不能に陥り、結局よく分からぬままお店にお願いして事なきを得た。結果を聞いたところ、インシュレーターの不具合で、交換して正常になった様だ。
そんな訳で、同じ過ちをくり返しそうな雰囲気がぷんぷん漂うが、そこは素人整備の強み。興味が先に立ち、あとの不具合なんぞ考えもしない。失敗の怖さを知らぬ事が分解作業を行う原動力だ。仮に上手く出来なくなったらお店にコッソリ泣きつこうって魂胆です(笑)

もちろん勢いだけではなく、実際の所は「BMWメンテナンスハンドブック」にBING分解整備が絵解きで親切に説明書きのあることが後押ししている。個人のブログ・ホームページにも整備記録が色々掲載されていますが、今回の整備の手引きは本書である事をお知らせしておきます。
整備の達人がこの様子を見ると笑ってしまうような場面が多いです。限られた道具と、少ない経験といい加減な知識を総動員して取り組んでみました。是非温かい目で見守ってやって下さい。また、ボクと同じ様な整備スキルの方(つまり素人)は、あまり参考にしないことが賢明でしょう。この辺りをご理解の上ご覧になって下さい。まぁとりあえずやってみましょうかね。

【準備】
○キャブのパッキンセット:ガスケット類とOリング、ダイヤフラム。キャブ一つ分のセット内容。
IMG_20070215_0747.jpg

Oリングは4種5ヶ。同梱の数量表には取り付ける箇所の説明書きはない。こういった場面に直面すると整備マニュアルが欲しくなる・・・。
IMG_20070215_0748.jpg


○工具類、ケミカル(グリス、シリコンスプレー、キャブクリーナー、ウェス等)※金槌をプラスチックハンマーに交換した。
IMG_20070215_0750.jpg


○教本:本来はメーカー発行の整備マニュアルが必要でしょう。だが、整備マニュアルは無いので所有している「BMWメンテナンスハンドブック(スタジオタッククリエイティブ刊)」と「BMWBIKESアーカイブスVol3(ネコ・パブリッシング刊)」で対応する事にした。整備マニュアルには書かれていない様なワンポイントアドバイスがとても分かりやすい。
 IMG_20070215_0758.jpg
 IMG_20070215_0760.jpg


◎気合い?(これが一番重要だったりする)

【キャブ本体の取り外し】
車体からキャブを取り外す。
○スロットルワイヤー、チョークワイヤーを外す。念のため現状の留め位置を画像に残し、組立時の目安にする予定。デジカメのありがたさを実感です♪
IMG_20070127_0495.jpg


○キャブ本体を外す。Oバンド5本のみで固定されているので、ネジを緩めキャブ本体をグニグニとこじるとスポッっと外れました。手の入りづらい内側は泥汚れが著しい。
IMG_20070127_0500.jpg



夜も更け、本日からの出張に影響が出るのでここで一旦終了。続きは後日掲載します。



テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/15(木) 03:15:24|
  2. R100GS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

本日の色々 07.02.11



3連休ですね。暫くぶりにブログの体裁をリニューアル!
目立った変更点はトップに画像が入る事ぐらいで、あとは特に変わり映えナシ。地味ですが見やすいので気に入っています。


○ガレージオフ
MASAさんの秘密基地にてガレージオフ!
人様のガレージはどんな風か気になるところ。バイクが奥に鎮座して、ウェア、ヘルメット、ブーツ等の用品に作業台、工具、図書類がキッチリと収まっていました。天井が高くて圧迫感のない基地は羨ましい限りです。美味しい珈琲を頂き皆さんとの楽しい会話で、つい長居してしまいました、どうもありがとうございました。趣味を同じくする者が集まるの楽しいね!今度は我が家のガレージでやりましょうか?背の高い人はチョイと窮屈ですが(笑)

○100GSのメンテ
地味に作業を続けています。
メンテブックをジックリ眺め、慣れぬ手つきで少しずつバラしています。フロートの固定ピン取り外しで壁にぶち当たりました。どうやって外そうか?
IMG_20070211_0634.jpg

○誕生日
一つ歳を重ねました。
今更誕生祝いと言う年齢ではありませんが、かみさんと、娘にプレゼントを貰っちゃいました!
欲しー欲しーと騒いでいたipod 。ウデシ~♪
IMG_20070211_0630.jpg

これは娘がくれたビーズで装飾したバイクのストラップ。
つーことはガンガンバイクに乗ってこいってか!?
IMG_20070211_0633.jpg


○沖縄
の食品に傾倒中。
IMG_20070209_0594.jpg

以前購入したラーメン(そーきそば)が気に入ったのでもう一度買いに行く。スープが自分好みだったのでもう一度チャレンジです。他に何かないかと物色していると黒糖が美味そうなのでこれも一緒に購入。大事に仕舞い込んでおいて食べようと思ったときには既に無し!誰だ~(プンプン!)

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/11(日) 23:48:04|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

本日の色々 07.02.09



何とな~く仕事中心に時間が過ぎ去っていきます。
そんな日常の中での出来事を少しだけ書き綴ってみました。

○雪祭り
第58回さっぽろ雪祭りです。帰宅途中少しだけ覗いてきました。
沢山の家族連れや観光客で賑わっていました。寒さもきつくないし、雪も降らない良好なコンディションでした。
IMG_20070208_0561.jpg
  IMG_20070208_0580.jpg


雪像の横に建つ札幌市民会館。
長らく市民に親しまれたこの建物も、老朽化のため取り壊し新しく建て替えるらしい。コンサートなどのイベントや、娘達の演奏会などでお世話になった会館である。
IMG_20070208_0588.jpg


○ボンドカー
凍結と融解を繰り返す微妙な気温と、路面の濡れ具合により生成されるウニホイール(何となくそんな雰囲気なので勝手に命名)。札幌から帯広へ向かう途中に出来上がったみたいです。
さながら相手の車にダメージを与える007のボンドカーに搭載の武器みたいですが、車はアストンマーチンじゃなくてトヨタのライトバン。ホイルセンターを凝視すると氷が“T”マークをかたち取っているのが見えます。暫くぶりにお目に掛かったウニホイールです。
IMG_20070205_0598.jpg


○珈琲を嗜む
IMG_20070207_0558.jpg

コーヒーが好きで毎日結構な量を飲み続けている。
レギュラーも好きだし、インスタントもいけるし、缶コーヒーもOK!つまり何でも可なのだ。
原産国や銘柄には拘らないのですが、多く飲むため薄目を好みます。やはり香り高いコーヒーだと幸せになるので、挽きたて、入れ立てが嬉しい!

どうせなら全て自家製の珈琲をいれてみたいものです。珈琲豆を栽培し、豆を煎って、挽いて、そんでもって落とたてのmy coffeeを味わってみたい♪
気の遠くなる野望を胸に発芽したての豆を熱帯植物の温室から失敬したのは8年前(ナイショだよ)。たわわに実ったコーヒー豆が地面に落ちて、辺り一面豆だらけだったのです!2~3粒の発芽豆を頂いてきました。04080011.jpg
  

自宅の鉢に植えて待つ事数年、白く可愛い花を咲かせました。室内栽培のため人工的に受粉させ幾度と無く結実し、コーヒーの実(主体は種)にはなるのですが、いかんせん数が少ない。手入れを怠り気味で葉っぱもまばらだし成長もここ数年低迷。
いつになれば飲めるのか、my coffee!?

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/09(金) 04:36:39|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

本日の色々 07.02.05


IMG_20070204_0549.jpg

立春の昨日。二桁外気の温暖地域もあれば、ここ蝦夷地では冬真っ盛り!低気圧で荒れ気味の日曜日でした。暖冬の影響で、日中は気温も上がり積もった雪も融けたり、数回の降雨により積雪が進まない現状を目の当たりにすると、まっとうに雪が積もる天気を見ているとホットひと安心する。陽も長くなり17:00を過ぎても周囲は明るく気持ちだけは春です。

○猛牛茶話会
冬期間開催の茶話会。9名の方々が集まり色々お喋り。バイクが主体の集まりですが、みんなと趣味の話をしている時間がとても楽しいです。予定の時間を過ぎても尽きる事のない話題。シーズン前にもう一度お会いしましょう。
そう言えばタイヤ交換したいメンバーさんも居る事から、春前にでもメンテ講習会したいですね。

IMG_20070204_0543.jpg

今回の開催場所は豊平区の喫茶店。
ここのお店は農家の納屋・貯蔵庫を改築して使う例が多い。本日のお店も随分とだだっ広い空間であり、お店の方に聞いたところ某フランスタイヤの倉庫であったとか。
レトロチックにまとめた店内のインテリア。いにしえの調度品があちこちに展示されていました。
IMG_20070204_0541.jpg

木製バイク。凝った造りのアメリカンタイプかな?コーヒーのアメリカンに引っかけた訳ではあるまい。
IMG_20070204_0545.jpg


これは防水グリスです。
クマさんより譲り受けた防水グリスです。雨天走行(川?)で洗い流される箇所に使う物らしいです。毎度感じる事は、クマさんの整備に対する真摯な取り組み。とても参考になります。
IMG_20070204_0553.jpg


○節分
2月3日は節分でした。ここ2~3年前から恵方巻きが随分とクローズアップされてるみたい。一気に全国展開された食べ物の一つですね。他所の文化が各地へ飛び火した、と言うよりは商業ベースにまんまとはまった感あり。折角他所の習わしを取り入れたのですから、長続きすればいいのですが・・・。我が家でも美味しく頂きました
IMG_20070203_0532.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/05(月) 04:59:52|
  2. 本日の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

フリーペーパー 07.02.01

○雑誌
雑誌が好きで色々なジャンルを買い込んで読みふけっています。もちろんバイク雑誌も好きで読む機会は多いのですが、最近は緊縮財政で立ち読みしたり・・・。

IMG_20070201_0525.jpg

某ショップで頂いたフリーペーパー“ahead”です。
性質上どうしても広告主体で読むべき所が少なく、あまり食指が動かないのですが、一応パラパラと。
このフリーペーパー、ジャンルは車とバイクである。バックに詰め込んでいたので地下鉄の中で目を通してみましたが、コラムなどもしっかりした構成で読み応えはありました。
大きく二部構成になっていて、表表紙がメイン記事で、もう片面の裏表紙は女の子向け?になってました。小難しい用語を並べた試乗インプレッションが無いかわりに、車(バイク)を取り巻く環境問題や、電気・代替燃料の話題など、最近購買している雑誌とはひと味違う切り口に新鮮さを感じました。
IMG_20070201_0526.jpg


フリーペーパー頑張ってるなー!これなら定期配布を望みたいゾ。
ん?申込みは関東圏の一都3県のみ?・・・orz

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/02/01(木) 02:30:58|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる