Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

本日のあれこれ  06.08.30



○B・T・M
ビッグタンクマガジン本日購入。
IMG_9044.jpg


GSフォーデイズinヒダカの記事がありましたね。雑誌の構成がエンデューロ主体なモノで、そちらに明るくない自分はちんぷんかんぷん!だけどエンデューロって楽しそう。お手軽な入門レースを仲間内で出走出来たらどんなに楽しい事であろうか。だけど、最近のゲロヌタ修行で根を上げていたところ、「こんなモノではない」と言うではないか。え”っホントですか?これ以上キツイ所を走り回るのですか?やっぱ世の中そんな甘くはないのね(しくしく・・・)

ところで夕張XC記事で気になる画像が。どうも珍○さんらしき方のお姿が・・・。
多分間違いないであろう!気になる方はBTM8月号で確認アレ。

○ドミニカの出来事
なんだかチョットだけ書いて放置したものだから、かえって消化不良に陥っている方もいらっしゃるでしょう。けじめを付ける意味で軽く事の顛末を・・・。

ハッスルプレーのハマ組氏、勢い余って谷へゴロン!
お~やっちゃいましたね、状況を見たところすり鉢状の路面でスリップして制御不能に。そして思わぬ方向へ車体が向いてしまったとか。参加の皆様のご協力により無事レスキュー完了。奇跡的に人、バイク共に損傷無し!しばし寝ころんでいたSL230のエンジンが掛からずご機嫌が斜め。バッテリーを温存するため下り坂で押し掛けしたが反応無し?結局セルを使いすぎてバッテリーは上がって為す術がない。この先はほぼ平坦で押し掛けも大変そうだ。う~む困った。
すると牽引でエンジン始動してみよう、との提案アリ。うおっ、バイクの牽引って出来るんですかね?引っ張られる自分はドキドキ!ホントに大丈夫かなぁ? 乗り手を無くしたSLが市中引き回しの刑の如く、バイクだけが引きずり回される事にはならぬか?
そんな心配をよそにどうにかエンジン始動に成功!これって結構使える技です、だけど引き手の加減が成功の鍵を握りますね。

お休み中のSL230!今助けるからね~♪
IMG_8972.jpg


ここで効果を発揮したのが各種装備。ジャケット、ブーツ、プロテクター類の基本装備で何ともナシ!改めて装備の重要性を痛感した次第でアリマス。
ドミニカ参加の皆様お手数お掛けしました、重ね重ねありがとうございます<(_ _)>

○道南
暫くぶりに函館方面へ出掛けてきます(お仕事だよ)
北海道と青森の中間地点でウロウロしてきます。車で行くんだけど遠いなぁ~・・・


テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/31(木) 00:30:13|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

本日のあれこれ  06.08.29

○秋の収穫に備えて
秋は色々とオイシイものが実り収穫の時期です。食いしん坊な自分はとても嬉しい気節。しかし収穫しようにも道具がなくて泣く泣く諦める事もしばしばです。今回は思い切って道具を買う事にしました。この道具類、実際何に使うのでしょうか(謎) 購入者はハマ組氏です。
IMG_9032.jpg


○子鹿
色々とお悩み中なのです。
まぁ情報収集という意味でお店にお邪魔して来ました。06と07の違い、メンテナンスのこと、購入費用諸々のお話を聞きましたが、欲しくて仕方ありません。だけど自分の使い方にマッチするのでしょうか?
IMG_9038.jpg

パワフルなマッチョに憧れる反面、お気楽にヒョイと車庫から引っ張り出し、チョイと林道へ行ってくるね~!なんて使い方に対応出来るのでしょうか?気が付くと乗るのが億劫になり車庫の隅でホコリを被っている・・・なんて事にならぬか心配。贅沢を言えばキリがないが、お気楽トレール+EDレーサーを持つのが目下の夢でアリマス♪ 自分のサンタさんはいずこに~!

○整備
と言うほど大げさな話でなく、いわゆる増し締めのこと。
センタースタンドを立てる際、標準のグラブバーは使用せず、インチキしてパニアケースステーを使用する場合が多い。支点(センタースタンド)から離れたパニアステーを使うと楽に上がるためである。するとぐらつきが発覚。覗いてみるとやはりナットが脱落して、残ったボルトがかろうじて引っかかっていた。普段触るところではないから日常チェックなどした事がない。タマにはあちこちの点検、増し締めの必要性を感じた本日。
早速ナットとワッシャーを購入。どちらもsusで合計11円也。
IMG_9030.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/30(水) 00:45:03|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

遙か遠いドミニカ 06.08.27

IMG_8962.jpg


東京よりF650ダカールに乗ったミッチさんが来道した。
昨年の富良野キャンプで一緒に林道を走ろうか?と相談したが、互いの予定が上手く合わずご一緒する事が出来なかった。今年も北海道へツーリングするとの話があり、それではと言う事でプチダートツーリングの計画を立てた。予定は1日のみなのであまり遠くへ出掛けることは不可能。そう遠くなくて、楽しめる林道を考えた結果ドミニカ林道をチョイスした。

当日は朝9:00に集合場所のコンビニ集合。
集まったのは、みっちさん、のんたんさん、MASAさん、ハマ組氏、そして自分の5名。飲み物・おやつを仕込んで目指す林道へスタート!

林道入り口で今回走るコースを軽く説明し、注意点を伝えた。
IMG_8966.jpg

一応ここを2回ほど走行経験がある自分が先頭役を務め皆様をご案内(と言うほど案内にはなっていない、ルートミスを頻発するし)。登りの玉砂利に手を焼きつつ、何とか下り口に到着。考えたらここをGSで走るのは初めてなので、慎重に走りましょう。ここから先は多少のガレはあるものの、気持ちの良いコースが続く快適林道だ!
 IMG_8967.jpg
 IMG_8968.jpg
 IMG_8969.jpg


分岐では走行速度の相違する参加者を待つ。待つけど来ない。全然来ない? 迎えに行くと居た。ハマ組氏がそこにいた。ここで書くにはあまりにもアレなのでカット。詳しい事は何処かでお会いした際にでも。
IMG_8970.jpg



あ~疲れた・・・
コンビニで水分補給。アイス食べたり、冷たいお茶飲んだり、干からびた体に水分が染み渡って正に生き返った気分。今日も30℃に迫ろうとする暑さ。林道では水分補給と斧・鉈が大切なモノなんですね。
IMG_8979.jpg


スッカリ時間が押してしまい、カフェドミニカへ向かい遅めの昼食。
ここで、子持ち風味君と落ち合うことになった。みんなでドミニカ料理を味わいコーヒー、紅茶で一息つく。何故か疲労感一杯で、横になりたい衝動を抑えるのに必至だった事は内緒だ。

キレイに晴れ渡った空!反面プロテクターを装備した体にはキツイな。
IMG_8988.jpg

カフェドミニカから林道へ向かう前の一コマ。子持ち君も合流しここから6名で走ることに。
IMG_8994.jpg


遅くなったが本日のメインイベントであるドミニカ林道へレッツゴー♪
林道口までは退屈で眠くて大変であったが、林道に入ると眠り掛けていた脳が一気に目覚め、お目々もパッチリ(笑)  気持ちが高揚する!何故なのか上手く説明出来ないがウソのように退屈感と眠気が吹き飛びルートドミニカを堪能する!途中景色の良いところで休憩。皆さんも同じ感覚でいたのではなかろうか?顔つきが生き生きとしている。
走り去る後ろ姿。
 IMG_8996.jpg
 IMG_8997.jpg
 IMG_8998.jpg
 IMG_8999.jpg


山々が見渡せるスポット。走るばかりでなくこんな風景も楽しみたい!上空には4発ジェットの軌跡が。
IMG_9002.jpg
 IMG_9006.jpg


ここで少しばかり藪こぎアタック。DTは子持ち君のニューマシーン!軽量ハイパワーで林道アタックには最適マシーンだ。
 IMG_9011.jpg
 IMG_9013.jpg


楽しい林道もこれにて終了。少しばかり手持ちぶさたな帰路につきます。チョット走り足りない面もありましたが色々と勉強となった今回の林道散策。持ち物リストを再度チェックし忘れ物なきよう次回林道に備える事にしました。

参加の皆様お疲れ様でした、そしてどうもありがとうございました。これに懲りずまたお付き合い下さいね!





' [遙か遠いドミニカ 06.08.27]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/28(月) 19:36:53|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

二十四節気 8月23日 【処暑】  06.08.26

IMG_8899.jpg

処暑は暑さの峠も越え、徐々に涼しくなる頃を指すようです。
しかし今年の北海道は暑かったですね~暑さの質が昔と違い、湿度の高さから不快な暑さでした。真夏日が10日もありましたが、お盆を過ぎると過ごしやすくなりました。今日も天気が良く汗ばむ陽気でしたが、カラッとした北海道本来の気候でしたね。

個人的には、これからがバイクの最適シーズンと思います。
いたずらに暑くなく、ジャケット着用でも息苦しくない秋のシーズンが大好きです。大福持参で林道を駆けずり回りましょう!

○お仕事
慌ただしい一週間もどうにか終わった。道北ツーの疲れが癒えぬまま、帯広の奥地へ出掛けて、週末は旭川。バイクと車で走り回った一週間でした。
 IMG_8763.jpg
 IMG_8855.jpg


○愛知県産
このメーカーの車はホント良くできている。22万キロを越えても、特段パワーダウンはないし、異音も出ない。足まわりもシッカリしていることと、何より車体のきしみなど皆無だ。他のメーカーが劣っているのではなく、このメーカーがずば抜けているのだ。素直に凄いと感じる。さすが世界に名だたる車メーカーだ。
IMG_8911.jpg


○林道探索
バイク仲間が東京より来道。F650ダカールで北海道ツーリングです。昨年来からの林道ツーリングの約束がかなって嬉しい。今のところ8月27日(日)に市内近郊林道へお出掛け予定。一応猛牛系で遊ぶ予定。ご一緒する方いらっしゃいませんか?

IMG_8075.jpg
注)画像はイメージです。猛牛系で走るのでこんなところは行きません!

○メンテ
バイクを洗車して、SL230のオイル交換。
 IMG_8922.jpg
 IMG_8923.jpg


○収穫
枝豆とジャガイモの収穫。外に出ると暑くてかなわん・・・。
 IMG_8940.jpg
 IMG_8943.jpg


本日は大人しくお家で過ごしていました。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/26(土) 02:16:25|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道北ツーリング その2  06.08.19-20

 IMG_8626.jpg
 IMG_8630.jpg

明けて翌日。
一面深い霧に包まれ幻想的な空間が辺りを支配している。大粒の水蒸気が風に流されて木の葉からはおびただしい水滴が地面へ落下していた。短い朝の散歩を楽しみ、部屋に戻るとここでも見事な朝食が並んでいた。Nasakuraさん東北土産の稲庭うどんで作った温かいみそうどん、洋風なミネストローネのスープ。冷え込む道北の朝にはピッタリな朝食。どれも美味しく頂きました。くまコック長重ね重ねありがとうございます。
 
 大好物の稲庭うどん。そしてこれまた大好物のミネストローネ。充実した朝食メニューです♪
 IMG_8632.jpg
 IMG_8633.jpg


さて、準備を整え本日のお楽しみ開始です。
地図を見ながら行き先を確認。およそのルート決めをして北上する。オホーツク海を右手に眺め、快調に北上し目指す林道に到着。勢いよく走って回転半径の小さいコーナーで驚いてみたり、長~い直線ダートに感動したり数本の林道を走り継いで道の駅で小休止。幾度かズルッと滑って、あれ~と言う場面に直面もしたが、何とかこらえて持ち直す。だって、後ろからのんた鉄人さんがブイブイあおってくるんだもん。下手っぴな自分は景色を楽しむ余裕ナシ!
 IMG_8663.jpg
 IMG_8699.jpg
 IMG_8707.jpg


複数の林道を楽しく走り継いで興部道の駅で休憩。
ここの道の駅で頂いた牛乳が絶品!低温殺菌処理のためか、牛乳本来の風味が前面に出てとても旨い。とても濃厚かつクリーミー。お値段はちょっぴり高めですが、牛乳フリークの皆様是非一度お試しアレ。もちろん同じ牛乳で作っているソフトクリームも美味しいです。ここで所用によりかうかうさんとお別れ。残る6名で次なる林道に向かいました。

ビンで飲む牛乳は美味い!大した期待もしていなかったので、小瓶を勝った事に痛く後悔した。これなら大瓶で飲みたかった~!後のケーキはtettさんのモノ。こちらもうまそー!
IMG_8668.jpg


林道へのアプローチルートは基本幹線を国道利用し、残りの殆どが道々および町道、そして農道である。いわゆる裏道な訳で、メディアに紹介されない絶景ポイントが随所に織り込まれ、何とも得した気分となり林道探索のもう一つの楽しみと言っても過言ではあるまい。
ここがすり鉢状な坂道。思いっきり走るとさながらジェットコースター感覚で楽しい♪
 IMG_8687.jpg
 
   イェ~イ!tettさん、のんたんさんノリノリデース♪
   IMG_8673.jpg


次は河岸を変えピヤシリ林道。
昨年初めて走行し、お気に入り林道に数えられる一つである。今回は逆側からのアプローチだ。途中滝があるのだが昨年はタイムアップにより寄ることが出来なかったポイント。今回はここで小休止。駐車場からは涼しげな滝の下半分が見える。目の前の大木により滝の全貌が妨げられているのが少し悲しい。散策路を使って下に降りると眺めることが出来るらしいが、体力温存のためパス。バナナとゆで卵のプチランチパックでエネルギーを補充した。ウキー!
 IMG_8711.jpg
 IMG_8721.jpg
 IMG_8732.jpg


曇り空なため眺望は諦めていたが、高度を稼いでいくと進む先は晴れ模様。遠くの山々が見え、街並みが見える天候に恵まれた。いや~来てよかったな~♪この風景を再度見ることが出来てとても嬉しいです。そしてここが本ツーリング最後の林道です。これより遅い昼食をとるため幌加内の街までひとっ走り。

すると何やら枝道に入り込む?近道にしては随分と間口の狭い道路へtettさんが左折してゆく。何とここも林道です。木々に覆われ鬱蒼とした木陰が続く林道で、熱いアスファルトを走り継いだ身にはひんやりしてとても心地がよい。林道はもう無いものだと思いこんでいた我々に、最後の最後で心憎い演出を堪能させて頂きました。ごっつぁんです!

そばの産地で有名な幌加内でソバを頂く。
基本は盛り蕎麦なので迷わず注文。当然の如く手打ち蕎麦屋な訳で、店主が蕎麦を打ち始めていました。堅めの蕎麦がうまかったです。で、折しもこの日は高校野球の決勝日当日。駒苫VS早実戦です。我が道内勢の駒苫は夏の三連覇に向け奮闘中。長くなることが想定された延長戦の観戦を中断しお店を後にする。結果的には翌日の再試合により駒苫は準優勝。よくぞ頑張った、お疲れ様でした!そして三連覇を阻止し、優勝旗を東京に持ち帰った早実ナイン、天晴れである!

幌加内は至るところに蕎麦屋がありますね。今回の蕎麦屋は初めて店でした。店先には蕎麦がシッカリ植えられて、綺麗な花が我々を出迎えてくれます。このピンクの花も蕎麦の花で、観賞用の品種らしいです。
 IMG_8736.jpg
 IMG_8739.jpg
 IMG_8744.jpg


さて、今回のプログラムはすべて終了。これからはそれぞれが自宅を目指します。
皆さんお疲れ様でした。そして名コック長のクマさん、案内役を買って出てくれたtettさん、nasakuraさん、どうもありがとうございました。
美味しくて楽しいツーリングは無事幕を閉じました。

 IMG_8755.jpg





' [道北ツーリング その2  06.08.19-20]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/24(木) 00:29:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:14

道北ツーリング その1  06.08.19-20

今年お初の企画である道北ツーリング。メイン企画はスープカレーを食べよう!そしてついでに?林道も走っちゃおう!なのです。ベース地を紋別市として林道を楽しむ。ガイドは猛牛組合道北組のtettさん、nasakuraさんの御両名である。参加者は自分を含め8名で楽しむことになった。

天気予報より雨に当たることは覚悟の上で参加したが、見事なくらい雨には縁がなかった今回の道北ツー。誰か普段の行いが、とてもいい方がいらっしゃるようです♪誰かな?

19日の出発は6:00に江別待ち合わせ。投宿地がオホーツク側で遠いため、早めの出発が肝要です。しかし、自分と鉄人さんはしっかり遅刻してしまいました。あとむちゃんごめんなさいm(_ _)m

雨竜で一休み。稲作地帯であるため、とてつもなくデカイお米の貯蔵施設が田んぼの真ん中にそびえ立っています。
IMG_8515.jpg

休憩を終えて旭川を目指してひた走り。当初の雨模様であった天気予報を覆す、曇り空。カッパ着て雨降りは覚悟していたんだけどね。
 IMG_8519.jpg
 IMG_8522.jpg


流れのよいR275を走り継ぎ旭川を目指した。湯内峠でワインディングを楽しみ、鷹栖インターまでは整備されたダートを走り、nasakuraさんと合流。
道々の旅は楽しいねぇ~、交通量は少なくて快適!  
IMG_8526.jpg

蕎麦どころの江丹別町でも蕎麦の白い花が咲き乱れている。美味しく育ってくれよ~
IMG_8529.jpg

旭川市内でのダート。一山越えて鷹栖IC付近に出てきました。まずは本日1本目のダートです。
IMG_8539.jpg

混雑の予想される国道を避け、道々を経由しキャンプ地の紋別に到着。すでにtettさんが待機していた。暫くぶりの長距離に少しばかり疲労の色が隠せない。暫しベンチで休憩しました。

ここに泊まりました。とても良いところでした。そして木陰からの眺望もスバらしい。オホーツクがチョビット見えました。木が邪魔ですね。
 IMG_8556.jpg
 IMG_8554.jpg


残るクマさんの到着後には本日の修業先である林道へ出かける予定です。何やら怪しげな林道であるらしく、荷物はすべて車体から下ろして身軽にしました。目的の林道に入ったのっけから楽しげな雰囲気がプンプン漂います。林道には先日降ったと思われる雨水が流れ川も増水。すると先導者であるnasakuraさんがストップ!?

え~林道調査隊改め、河川調査隊のnasakuraさんです(笑) 危ないよー!よい子はまねしないでネ!
IMG_8557.jpg

いきなり通せんぼをくらった牛と鹿。
IMG_8562.jpg

バイクを降りてその先を確認すると、濁流が渦巻きいく手を阻んでおります。先を見るとこの林道の続きが見えます。通常であれば問題なく渡れるところらしいが、先の集中的な降雨による増水で不可となる。さすがにこの光景から渡河は困難で別ルートの林道を走行した。通せんぼされたこのルートは全線に及んで色々な仕掛けがあり楽しいらしい。む~残念!!

迂回した林道は降雨による被害も無くまさしく快適な林道。だけど浮き気味の砂利が苦手な自分、おっかなびっくり何とかやり過ごして無事に海側へ脱出することが出来ました。残り時間が少なくなってきた事もあり、最後に海辺のルートとで本日の締めとしました。ここは小さな湖?が点在する○△□です。オホーツク海と湖の間のダートを走行して宿営地へ戻りました。

快適ダート!
IMG_8567.jpg

海岸べりを走ってきました。左手には湖、右手はオホーツクです。
 IMG_8597.jpg
 IMG_8585.jpg



この宿営先が良いところでした。
風呂、調理道具等の設備が整い、荷物を最小限にとどめることが可能となります。だけど自分の場合は相変わらず大荷物(笑) 食材を買い込み夕飯の支度に取りかかります。先にもの書いた通り、今晩の夕食はスープカレー。食材は街のスーパーで購入、米は各自持参した。何だか小学生のときに行った十五島公園での炊事遠足に似た感じがして楽しい!大勢でのキャンプ(正確にはキャンプではないが)には、夕食は美味しくてお手軽に出来るカレーが王道であろう。カレーといってもここ数年で定着した感のあるスープカレーだ。チキンに複数のスパイスと、野菜盛りだくさんでヘルシー志向にも受けがよい。
ここで見事な腕を披露したのが“くまコック長”だ。
猛牛組合構成員は多方面の職種の方々から形成されており、思いもよらぬ職歴を持つ方も少なくない。そんな特技を活かして今晩は旨い飯にありつけそうだ。部屋中に良い香りが漂い始め、旨そうなスープカレーがあっという間に出来上がった!それもサッパリのライトテイストと、深い風味の二種類を作るという予期せぬ離れ技を披露してくれた。早速頂くことにした。う~ん、まいう~♪

画像が良くありません。これではいかにもまずそうです。本物は至ってスパイシーで風味豊か。食欲をそそります。皆さん美味しそうに頂いています。
 IMG_8619.jpg
 IMG_8621.jpg

暑い夏にはカレーが合うね、みなさん沢山お代わりしていましたよ。楽しい宴も時間経過とともに瞼が重くなり、はやばやと床に付きました。おやすみなさ~い。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/20(日) 23:24:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

本日のあれこれ 06.08.17


○暑いですねぇ~!
IMG_8471.jpg

ムシムシする日が続きますね。外で動くと一気に汗が吹き出てきます。
暑がりの自分はこの時期、生気を失い仮死状態です(笑) まぁすぐにこの暑さを懐かしむ位寒くなる北海道なのですけどね。
秋の気配を感じさせる空模様。鱗雲が秋の予感を感じさせますね。
ようやく恵みの雨が降りました。7月下旬より3週間ぶりの雨、畑もようやく一息つけます。少し遅すぎたかな?
IMG_8478.jpg


○F650GS
久方ぶりにハマ組氏のF650GSに乗りました。
相変わらず乗りやすいバイクです。単気筒にありがちなギクシャク感も少ないし、回して楽しむには必要にして十分なパワー。ブレーキも良く効くし(R100GSとの比較、比較にならないか?)足つき性も抜群です。中間排気量の良いところをシッカリと押さえていますね。街乗りも気軽に引っ張り出せるし、ロングツーリングも穏やかなエンジンフィールと座り心地の良いシートで快適。
IMG_8480.jpg

まぁ首をかしげる部分もあるけれど、中間排気量のデュアルパーパスモデルとしては良くできた車体ですね。もし、自分が買うならオフ指向の強いダカールがいいな♪ 
更に言えば、HP2の単気筒バージョンで仮)HPS(ハイパフォーマンスシングル)なんて出たらいいなぁ~。ダート走行に特化した軽量でハイパワーなホットマシン。もちろん良く調教されて扱いやすくも、秘めたるポテンシャルで登場して欲しいです。

○頑張ってるねー!
駒苫ナインは今日も頑張ったね~♪
一昨日の青森山田戦と同じく逆転勝ち。遂に四強入りを果たしましたね。
 honbun20060815_007_001.jpg

勝つ事への執念、諦めず粘り強く攻める事、個々の力を集積して最大限の力へ昇華させた結果が本日の結果となって現れた。ここまで来れば彼らの力は本物だ!最後まで気を抜くなよー!
善戦し、敗れていった東洋大姫路へエールを送ろう!

○猛牛キャンプin道北
参加予定です。いつも当日準備するためバタバタするので、今回は余裕を持って事前準備です!あれと、これと、それをバッグに詰めておよその準備完了。すると我が家の荷物検査官が鋭い眼光で我が荷物を厳しくチェック!あれと、これが要らないらしく却下されました・・・。

○うううっ・・・
我が愛機2号であるヤマハTT250Rは、先日のオフロードスクールの受講中不幸にもトラブルに見舞われた。現在車庫で療養中(つまり放置)の身である。

カバーを取り外したところ。ネジ3本で留めてますが、内1本が脱落してました(悲)
IMG_8507.jpg

トラブルはセルフスターターである。
発症状況及び現状はこうだ。
一)エンジン始動のためスタータースイッチを押すと、“ギョワ~”とか“ギャギャ~”とか下手くそな疑似音を伴いながら何とかエンジンが始動する。
二)時折ギアの噛み合いが無くなり、モーターの空転音がする。しかし幾度かトライするとギアが咬みエンジン始動が可能である。
三)大げさな音を発するので、人前でスタータースイッチを押すのは結構勇気がいる(つまりハズカシイ)。だけど何とかエンジン始動は可能である。

で、怖いもの見たさでセルフスターターのギアカバーを恐る恐る取り外した。開けて開口一番、“うひゃ~”やっぱりこうなってましたか・・・。
い)スターターモーター軸に付いているギアは全体的に欠けていました。
ろ)モーターとエンジン間にある減速用ギアは一部歯車の欠けと、全体的な摩耗が確認されました。
は)エンジン側のギアに大きな欠損(歯車の一部が完全に破損していた)あり。

これはスターターモーター側のギア。万遍なく摩耗してます。
IMG_8489.jpg
 IMG_8498.jpg


減速用のギア。ダメージが一番少ない。この歯車なら交換が容易なんだけどなぁ~
IMG_8504.jpg


エンジン側の歯車。ここの損傷が一番ひどかった。摩耗ではなく、一部歯車の欠損だった。
 IMG_8483.jpg
 IMG_8482.jpg




前述症状と、破損状態がほぼ相関する内容であることが判明しました。ギアが欠けたであろう事は当日の症状ですぐに想定する事が出来ましたが、損傷度合いがここまで広範囲に及んでいるとは想定範囲外でした。あの断末魔の叫びは欠けた歯車がギアとクランクケースに挟まり、こすれる際に発する音であろう。い)の欠けたギアが減速ギアケース内に散乱していた。は)の欠けたギアはクランクケース内に落下したと推測される。クランクケースにあれだけの異物が落ちるとオイルドレーン孔から落ちてくるだろうか?また、他の正常なギアや、クランク等に咬み込んで悪さをしないか?心配である。金属片を除去するため一度腰下を割らなくてはいけないのか?不安は尽きない・・・。

この状態を見てどうしようか思案中です。
色々考えられますが、対応策としては以下の事が考えられます。
甲)修理する。
乙)エンジンを載せ替える。
丙)新しいバイクを買う。
丁)誰かのバイクをもらう(笑)

さて、どうしたものか・・・

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/18(金) 00:27:41|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

日高でキャンプ♪ 06.08.14

IMG_8318.jpg


=8月12日(土)=

家を出たのが11:00頃。スカッリ出遅れてしまい給油して先を急ぐ。
キャンプ地が日高ですから何処か林道を少しばかり走ってキャンプ地を目指そうと目論みました。目的の林道は幾寅峠と双珠別林道でどちらもお初な林道です。そもそも走行可能か下調べもせず、全くもって行き当たりバッタリ的。100GSにはいつも通り沢山の荷物を積載した。間違いなく長旅に見えるような荷物の量だ、いつになったらパッキング上手になる事か(多分無理か?)
お腹も空いてきた事だし途中ドミニカに寄りいつものカフェタイム。今回はタコスを頂き、軽く胃袋を満たしました。オープンデッキで美味しく昼食を頂いてきました。
  IMG_8307.jpg
  IMG_8305.jpg

店主とも顔馴染みとなり、コーヒーを頂きしばしノンビリした時間を過ごす。

曇り空でやばそうな気配。芦別から富良野への向かう途中で一雨降られました。すぐに上がりそうな雲行きだったのでそのまま走り続け青空が間もなく顔を見せた。
 IMG_8312.jpg
 IMG_8315.jpg


夏休みとお盆が重なり富良野へ向かう道中は混雑気味、判っていた事であるから諦めてノロノロ運転に付き合いどうにか富良野市内をパス。なるたけ国道を避け走って楽しい道々の旅を心掛ける。道々は車両も少ないし、カーブの回転半径も結構きついルートも多くバイクにはとっても楽しい。時間が許すのであれば色んな道々を走りたいですね。     IMG_8323.jpg

道の両脇には収穫を待つ小麦の姿が。黄金色がユラユラと風にたなびいていました。見事な位小麦畑だけが秋の装い。
IMG_8328.jpg

金山湖のワインディングを堪能して鹿越大橋を通過し幾寅峠に辿り着いた。シッカリと締まったダートで幅員も十分にあり安心快適に走りきる事が出来ました。10kmに満たない林道でしたが緑のトンネルの中は涼しく清涼感溢れた快適林道でした。
 IMG_8333.jpg
 IMG_8339.jpg

で、ここでタイムアップ。
16:00にはキャンプ場の受付を頼まれていたので、今度は慌てて日高を目指す。う~んまたしても双珠別林道を走る事が出来なかった、いつ走れるかな?



チョイと煩雑な受付を済ませてキャンプ場へ到着。既に2名の方が到着していました。自分の荷物を始末して今晩のジンギパーティーに備え、準備に取りかかります。聞くところによると本日の参加者は10名程度との事。当初の8名から増えたので肉を少しばかり追加購入で対応しました。

徐々に集まってきた参加者達。しょっちゅうお会いする方を始めお初な方も多数おいでになりました。買い出し部隊、お風呂部隊がそれぞれキャンプ地に戻り宴会の開始です。まずは腹ぺこな胃袋を落ち着かせるため一斉にジンギを頬張り始める。まいう~♪
IMG_8353.jpg


今回のキャンプはF650MLの集い。
F650を所有する方で構成され、結構な頻度でオフ会が繰り広げられているとか。特に夏シーズンの北海道はツーリングで来道される方も多く、毎年何処かのキャンプ場で集まるのが恒例で、自分もよく参加させて頂いております。猛牛組合からはzunzunさん@道東、ハマ組(kunki)氏が参加し、計13名の賑やかなキャンプとなりました。北海道にも良くいらっしゃるdbさんはCSがメンテ中により可愛らしい車で参加。micさんもツーリング途中のトラブルによりレンタハイエースで参加。お盆期間中で全ての乗用車が出払っておりやむなくハイエースでの参加となった模様です、お疲れ様でした。他の方々は荷物を沢山積んだ旅仕様のF650で参加です(一部子鹿あり) そぼ降る雨の中、炊事場で楽しい宴が繰り広げられました。


--------------------------------

=8月13日(日)=

IMG_8359.jpg

翌日はピーカンの青空です!
昨日の雨がウソのように青空が広がっています。嬉しい反面、暑いのが苦手な自分はチョットきつい日差しです。もちろん雨降りより晴天は嬉しいですがね。ノンビリとコーヒーなどを頂きつつ荷物をそそくさと片づけて林道走行に備えます。

参加車両の一部です。
IMG_8361.jpg


実は昨晩、林道走行希望者を募ったところ自分を含めて5名の参加希望者アリ♪
そして組合の“クマ”さんも参加予定で、計6名での林道走行になりました。雨上がりでホコリも立たなく最高の条件、う~ん楽しみ!
自分の場合、人様に案内出来るほど林道レパートリーも少ないことから、GPSのログ頼りとなる。出掛けるときは必要なログを転送しておけば、あとはその軌跡をなぞるだけ、頼りになるパートナーです。電源を投入してログを確認するがスッカリ消えている・・・。詳細は割愛するが明らかな設定および使用方法に起因するログ消失。これには参りました(悲) 仕方がない、記憶を辿り走る事にしましょう。
国道から林道へ入り口は何とか判りホッと胸をなで下ろす。だけどその先がマズかった!いきなり農家の庭先へお邪魔してみんなでUターン。テヘヘ、皆さんゴメンネ!

急勾配を巧みに操り登坂して行く参加者達。皆さん上手だねぇ~♪
左上から時計回りで、がちゃさん@青ダカ、なんばさん@白黒ダカ、今出川氏@ST、kunki@F230?
IMG_8368.jpg

登りが続いて一気に高度を稼ぎ標高1000mを突破。眺望もスバらしい。眼下には国道が見え、豆粒な自動車が行き交う姿が時折見え隠れしている。う~んいい感じの林道だ!要所で適度な休憩を挟み、それぞれのペースで林道走行を楽しむ。ガンガン走るダートランもスリリングで楽しいが、ノンビリ林道もこれまた楽し!

眼下に広がる下界?の様子。見晴らしのいい林道です。
IMG_8379.jpg

上の拡大画像。ホンの10数分前居たところが遠くに見えます。
IMG_8381.jpg

ここはどこの集落だろうか?
IMG_8386.jpg


途中の休憩ポイントでクマさんが藪こぎを楽しんでいる。足下が見えなく切り株につまずきゴロンと転がり照れ笑い。サービス精神旺盛なクマさん、さらに山深く分け入り姿が見えなくなりました。仕舞にはエンジン音も消え少し心配・・・。おーい!ク~マさーん!と叫んでも返事はナシ。もしやクマさんが熊さんとジャレあっているのか?一抹の心配よそにエンジン音が聞こえたと同時に、藪の中からクマさんだけが転がってきた!?バイクはどうした、と思う間もなく僅かな時間差を伴いジェベルも転がってきてトップケースがクマさんのヘルメットにゴツン!あまりのタイミングの良さとコメディタッチの出来事に一同大爆笑♪駆け寄ってみると、どうやら笹藪から出ようとしたが、排水側溝に前輪を取られ見事なまでに前方大回転を演じたようだ。そして何事もなかったかのようにバイクに跨りミラー、レバー類を調整し出発するクマさん、サスガです!

~クマさん劇場:その1~
果敢に藪こぎアタックのクマさん。
IMG_8394.jpg

と思ったら、いきなり切り株に足をすくわれゴロッとお休み。
IMG_8395.jpg

ひょこっとヘルメットだけが現れる。
IMG_8396.jpg

で、苦笑いでこちらの様子を伺う。
IMG_8397.jpg



~クマさん劇場:その2~
更に奥深い先を目指すクマさん。
IMG_8404.jpg

唐突な場所から現れて前転をかますお茶目なクマさん♪
IMG_8401.jpg

お終い・・・

真夏の山並み。雄大な日高山脈が見渡せます。
IMG_8432.jpg

ここは日高の街でしょうか?
IMG_8420.jpg

国道まであともう一息、フラットダートを楽しんでいるところ。
IMG_8426.jpg

残りのルートを順調に下っていくが、何やら見慣れぬ風景が続く。あれ?ここは何処?またしてもミスコースのようです。GPSで現在地を確認すると国道に近づいている事は間違いないのでそのまま進んで何とか林道から抜け出す事は出来ました。転倒も、怪我もなく皆さん無事に下山しました。およそ2時間を超える山の旅、あ~楽しかった♪


IMG_8434.jpg

キャンプ場に戻り、それぞれが次なる目的地へ向け出発します。旅を続ける人、林道へ向かう人、自宅へ帰る人。皆さんまた来年お会いしましょうね!!




※自分は一眠りした後自宅を目指しました。
帯広方面へ向かう反対車線はお盆ラッシュで長蛇の列。帰省と花火見物の方々でしょうか?凄い列をなしていました。途中、川端で一休み。外のテーブルでコーヒーブレイク。これも美味かった!
 IMG_8445.jpg
 IMG_8443.jpg


混んでますね~
IMG_8437.jpg


テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/14(月) 09:57:25|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

二十四節気 8月7日 【立秋】  06.08.10

暦の上では秋ですが、実際は一年で最も暑さ厳しい時期のようです。
札幌では何と連続7日間真夏日を記録したみたいですね。
日高山脈の麓へ出掛けておりましたが、こちらも暑い日が続いていました。30℃を越えるとさすがにキツイです、暑がりな自分はヒーヒー言いながら木陰へ逃げ込んでたり(笑) だけど北海道の暑さはお盆までと言われています。8月も後半になると直ぐに涼しくなりますから、今の内に精一杯汗を流して夏を謳歌しませう。

ここ最近の出来事を少しだけ・・・

○筋肉痛
暫くぶりに全身汗まみれになりながら仕事してきました。仕事の都合上階段を上り下りする訳ですが、これがトンデモナイ位急勾配な階段。階段を上ると目の前に階段があり、場合によっては手を使う事もあり何故かハシゴを登っている感覚。初めてこの階段を見た人は目が点になります。要するにもの凄く足腰に負担が掛かる階段で、一日に数回往復するだけでヘロヘロになり、翌日は筋肉痛でまともに歩く事が辛くなります。しかし、今年の自分は違った!多少の怠さはあるものの、歩行に支障をきたす事はナイ。思うに数々のダートランの結果、下半身が地道に鍛え上げられた結果によるモノと推察される。ダート三昧が仕事にも好結果をもたらしたと言いたいのである。ただそれだけ・・・。


○まいう~
某○asakuraさんが焼き鳥弁当を美味い!と書かれていたのを思い出し早速お試し。お腹が空いていたので大盛りを注文。丁度焼きたての豚串(だけど何故か焼き鳥。その心は?)をアツアツのご飯の上に4本乗っけて出来上がりです。いや~美味かったですたい!
IMG_8176.jpg


○滝
何故か不自然な滝。
人為的な構造物と、自然な岩盤で構成された滝(ダム)。いつも不思議に見ていたのだが、案内標識をジックリ読むとなるほど、数奇な運命を辿ったダムの末路が現在の姿なのですな。滝としての見応えを楽しむのでなく、その歴史に感慨を寄せるべきものであると感じた“ぴょうたんの滝”でした。
IMG_8178.jpg


○物欲丸出し
青くて速くてカッコイイものに憧れる日々・・・
事はモーニングダートがきっかけなのです。周囲から猫に小判、宝の持ち腐れと言われる事は必至。家族からそんなお金何処にあるの(怒)と言われるのがオチ。だけど理屈抜きに欲しいんだもん。


○お盆休み
みなさんどの様に過ごしますか?自分はも一度日高へ出掛ける予定(ハマ組氏友人キャンプに乱入)です。のんびりツーリングにしようか、林道三昧にしようか現在お悩み中ナノデス。天気は持ってくれると良いな。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/11(金) 01:09:49|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

モーニングダート♪ (ゲロ編) 06.08.05

本日は午前6時00分にモアイ像へ朝の挨拶。

ゲロ・ぬたキングさんご案内のモーニングゲロに出掛けてきました。
集結した顔ぶれにビビリモード全開の自分、無事帰宅できるのか心配だ・・・。林道&ゲロぬたに日々馴れ親しんでいる方々ばかり。林道にわか仕込みの自分がついて行っても大丈夫か?何と言っても今回のゲロ行は自分のマシンは自分で責任を持って始末する!なのである。決して人の手を煩わすことなく先へ進むらしい。いつも滑って登れなくなると“押してくれ~♪”と叫ぶ自分。今回はいつもの合い言葉を封印しなくてはならぬようだ。
相応の装備は抜かりなく準備した(つもり)。気合いだけはどこかに置き忘れたが(笑)熱中症対策の一環でキャメルバックには、はち切れんばかりの飲料水を詰めた。いつもの「大福」をコンビニで買おうとするも、まだ開店していない・・・。何たる失態!これでは本日のゲロヌタ行に耐える事が出来るのであろうか?結局他のコンビニでパン、おにぎりを仕入れて集合場所に向かう。 

出発前はどの車体もとてもキレイだよ
IMG_8046.jpg


さぁ、いよいよ出発です♪
実は我がマシンTT-250Rはマシントラブルにより戦線離脱。本日はハマクミ氏の愛機SL230を拝借して参戦です。お初コースのため主宰者珍ばさんのあとを厳かに付いていき、ゲロルートの入り口に到着した。ふぅ~これからどんなことが待ち受けているのか?

ここの広場からチャレンジコースに進みます。
IMG_8053.jpg

ダートに入ったと思う間もなくいきなりの河渡り。幾度となく渡っては山に登り、また渡るを繰り返す。滑る河床に手こずりここで餌食になった方あり。ようやく広場について一息つく。のっけからの難所に先行きが危ぶまれる。
ここからタキラル本線までの通称[極楽林道]登りアタックコースだ。スタートするといきなりの登りにビビリ、気持ちに勢いが無くなり、右手のアクセル戻し気味で途中で止まり、抑えきる事が出来ず後にズ・ズ・ズ・・・ボテッ。あちこにはトラップか?と思われるような深い轍と水たまり、右や左にかわして何とかやり過ごしながらもの凄い笹藪を漕いで先へ進む。幾度となく降りてバイクを押し上げ、それでも上がらないとコッソリ鉄人さんに押してもらい(これは内緒だ!)ゴールにたどり着く事ができた。何とか到着した嬉しさで一気に気持ちが楽になった。これでこの坂から解放される。
IMG_8058.jpg
  IMG_8059.jpg
  IMG_8067.jpg
  IMG_8068.jpg




さてお次はタキラル線左ルート。
何度か途中まで行った事はあるが全線制覇は未達成だ。
轍は凄くまともに入り込んだらとんでもないことになるであろう。しかし左右のどちらかにはパス出来るルートもあり、問題なく走破。やがて川下りコースとなりトンネルをくぐって通常林道に合流。駐車場で一休み。
  IMG_8077.jpg
  IMG_8078.jpg


苦労した分だけ話の種は尽きない。転がったり、落っこちたり、泥と汗にまみれた後のコーヒーが美味い♪ふと隣に駐車しているホンダXR230に目をやると、これまた我々と同じ匂いを発している。  IMG_8079.jpg

そう、見事なまでの泥んこバージョン。持ち主の女性に話しかけると、タキラル線左ルートを単独で走ってきたとのこと!わ~お!スゴイゾ~、やりますね~♪ 妙に話が盛り上がって一緒にナオト坂を経由しタキラル線左ルートを逆走し滝野へ抜ける。ここで班長さん、XR230さんとお別れした。
  IMG_8083.jpg
  IMG_8084.jpg
  IMG_8085.jpg



帰路も[極楽林道]下りルートを堪能する事に。笹パンチ、溝攻撃を受けながらも何とか下る事ができ往路、復路共にこのコースを堪能しました。最近の日照りによりドライ状態になったから走れたルート。雨上がりは近寄りたくないですね。

仕上げはふせ商店で冷たい飲みもので乾いた喉を潤す。楽しい一日でした、またご一緒しましょう♪

良い仕事してくれたホンダSL230。クロカンライドでの足つき性の良さはとても重要ですね。何度も転けそうになりながら踏ん張る事ができました。だけど何回転がしたのかな?
IMG_8099.jpg




うひゃ~昨日も22:00前に寝てしまったー。
これから帯広の山にこもって来ます。下山は11日頃でしょうか?お盆休みは皆さん何しています。自分は12,13日と日高にキャンプへ出掛けます。
_
[モーニングダート♪ (ゲロ編) 06.08.05]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/06(日) 16:38:46|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ヤマハライディングスクール(後編) 06.07.30

オフロードスクール午後の部。

午前の部が終了しお昼休み。既にエネルギーを使い果たし、支給されたお弁当を食べる元気もない。調子に乗ってブレーキターン、アクセルターンをやりすぎた疲れが一気に身体を襲う。朝方曇りであった空も、ライスク開始頃から炎天下となりつつあり、容赦なく身体の水分を奪い汗に変わった。キット水分補給が不十分であったのだろう、今更であるがミネラルウォーターで補う。
午前の練習は細かなターンの連続で殆ど走ることが無く、ジャージ、プロテクター、ヘルメットに覆われた身体の熱気がこもってしまい人間がオーバーヒートしたみたい。午後はジャージを脱いで参加しよう。

IMG_7935.jpg

スクール本部のテント下で熱い日差しから逃れ、風が気持ちよく吹いているため段々と体力も回復してきた。やや体調を持ち直し食欲が戻り、結局1.5人分のお弁当を頂く(笑)

さぁ、午後の部開始です。
ここから初級と中級にクラス分けしてレッスンを行うみたいです。
自己申告制により分類されます。結局中級クラスでレッスンを受けることにしました。どんなしごきが待っているのか楽しみです。で集合場所に行って唖然!WR、YZ、GASGASなどのレーサー系が多い。トレッキングバイクに跨るのは自分と仕事人さん、自分はチョイビビリモード。

午後のバイクもセローです。これが良いバイクでしたよ。軽さは何にも替えがたいものです。軽いのバンザ~イ!
IMG_7941.jpg


中級の受講生はレーサー系の参加者が多めでした。セローで参加の自分は生まれたてのバンビちゃんの様に縮こまっていました(笑)
IMG_7938.jpg


午後からはモトクロスコースを使ったレッスンです。
講師は参加者の技量を午前中に概ね把握したようで、希望するレッスンをしてくれるとのこと。そしてはじめのレッスンはウォッシュボード(でいいのかな?小さな山が連続する所、いわゆる洗濯板)での走り方。これは是非とも教えて頂きたかった事である。猛牛組合でCOP走行会を開催した際、このウネウネ路面に何度も翻弄されて、結局まともに走れなかった事を思い出した。是非ともマスターしたいです。
講師曰く、決して2連3連ジャンプなどで飛び越えようと考えないこと(キッパリ) 如何に上手にウネウネを速く舐めて走るかが大切であると言う。なるほど、ジャンプするつもりなど毛頭無いが、スムーズに駆け抜けるテクニックを身につけたい。早速講師のデモ走行がスタート。バイクは激しく上下動をくり返す。腕・脚はしなやかに伸縮をくり返し、頭の上下動は殆ど見受けられない。登りで腕が最大限に縮んで、下りは延ばしてバイクの動きに制約を与えていない。
さて受講生が走り出します。自分も見よう見まねで凹凸を越えていきます。始めギクシャクするも、周回を重ねる事にイメージと走りが少しずつシンクロしてきた(そう思っているのは自分だけ)つもり。だけどいい気になってオーバースピードで飛び込むと、体がついて行かなくて一気に破綻!アレ~~~♪

続いてバンクを使ったコーナーの曲がり方。この辺りになると溜まった疲れでやってる事が支離滅裂。あんな高いところをテールスライドしながら廻る事などできません。何よりジャンプスポットを越えないとコーナーに辿り着かないところで、十分スピードが乗らないから一気にヘナチョココーナーリングとなってしまう(悲)
バンクを”ズザァ~~”と回ってきた講師。砂埃が凄いです!
IMG_7943.jpg


受講生全員が集まってパイロンの周回を見学。講師がカウンターを当てつつ、激しく周回する。受講生の数名もチャレンジ!
流石講師、熱い走りを皆の前で披露した!
IMG_7946.jpg

続いて受講生もチャレンジ!皆さん上手いな~♪アドレナリン出まくりで、勢い余って転けちゃったり。
 IMG_7967.jpg
  IMG_7973.jpg
  IMG_7955.jpg


最後は講師のデモ走行。黄色いバイクと青いバイクのランデブー。モノスゲー迫力!!ジャンプガンガンすっ飛んで行くよ~!そしてこのカメラ目線、やってくれますね~♪

のっけから大ジャンプをかましてくれる講師陣2名。さすがです。
 IMG_7986.jpg
  IMG_7990.jpg


うわー何処飛んでいるのだろう?
IMG_7996.jpg


まじですか?こちらににらみを効かせています。
 IMG_7985.jpg
  IMG_7998.jpg



最後まで生き残った!?受講生へのご褒美はヤマハレーサーの試乗会。自分はターちゃんのWR450の試乗をさせて頂きました。レーサーと言えども450ccの排気量。下のトルクも十分にあって滅法乗りやすい。だけどひとたびスロットルをひねると、ウヒィ~~~!と怒濤の加速が待ち構えています。少しだけアクセルを捻り加速を堪能させて頂きました。う~ん、快感♪ こんなバイク欲しいなぁ~。ターちゃん、大事なバイクを試乗させてくれてありがとう!

閉会式
本日は誰一人ケガ無く終了した様子です。よくぞハードな講習に落ちこぼれなかった自分に少しだけ驚く。体は筋肉痛とプチ打撲でボロボロです。ついでにTT250もボロボロになってきました。荷物をバイクにくくりつけCOPを後にします。

ヤマハの皆様この様な催しをありがとうございます。そして講師のお二方ありがとうございます。来年も是非参加したいと存じます。
IMG_8008.jpg

結局のところレッスンの基本はバイクを自在に操ろう!そして基本技術を生かしてコース走行に役立てよう!と教えられた一日でした。いや~キツかったけど充実した一日でしたヨ♪





_ [ヤマハライディングスクール(後編) 06.07.30]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/08/02(水) 00:51:43|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる