Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春のご乱心

snow
結局雪になりました。


イイ感じで雪融けが進んだと思ったらすっかり冬に逆戻り。
冬の将軍様が存在をアピールするかの如く道内各地で荒れ模様。会社を出ようと外を見たら一面真っ白です。春は行ったり来たりを繰り返しているな・・・
かたや桜が舞って、一方では雪が舞い、日本って縦に長いのね。

会社の駐車場ではハイブリッド君も雪まみれ。
hybrid




話は変わり、先日占冠村へ出掛けてきました。
道央自動車道を千歳JCTより紅葉山へ向かう。ミゾレ交じりの雪はベシャベシャでとても重たい状態。除雪が追いつかず、追い越し車線は誰も走った形跡はない。

あの雪の上を走ると、車をまともにコントロールすることは不可能で、賢明なドライバー諸氏は他者が通過した跡を忠実にトレースするだけです。
to Momijiyama



雪がナンボのもんじゃい~!とイケイケな運転をすると、トホホな結末が待ち受けています(悲) コチラの画像の様にパトカーやレッカー車のお世話になってしまいます。事故回避の秘訣はスピードダウンに尽きますね。
traffic accident



つづく・・・ [春のご乱心]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/31(金) 04:01:17|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プチメンテ教室

under removal


教室なんて大げさなモノじゃなくて、経験の少ない者が寄り集まりタイヤ交換(ドナーはセロー君です)でもしましょうか、と言うたくらみ。

ところで開催日時ですが、当方4/8(土)は家庭内行事につき、4/9(日)に開催したいのです。参加される方いかがでしょうか?

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/29(水) 05:12:27|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

林道探索

少しばかりお出掛け♪

午前中は雨、午後から天候も回復しTT250Rを引っ張り出してご近所散策に出掛けてきました。雲が引き、晴れ間の中出掛けるが風は冷たい。ハンドルガードのお陰か直接走行風が手に当たらなくなり、手のかじかみも多少緩和されていると思われる。いつもの通り車の少ない方面を目指し、まずは滝野へ出向いた。林道の名称は[タキノ-ラルマナイ線]で、通称“タキラル線”だ(勝手に命名)。雪のため周囲の雰囲気が掴めず一度通り過ぎてしまった。画像の通り雪がしっかり残っていて入り込むのはまだ先であろう。 


Takino to Rarumanai


[林道探索]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/26(日) 22:05:50|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロテクター取り付け

アクセス札幌でバイクフェア。
いいものがあれば購入しようと出掛けてきました。
あちこちで猛牛の面々とお会いしながら品定め。ヘルメットコーナーは大人気で黒山の人だかりでありましたが、陳列棚には多くのヘルメットが残っている?いつもなら真っ先に無くなるArai、SHOEIのヘルメットが売れ残るのはおかしい。手にとって品定めすると理由が判明、20k円を越すプライスタグが貼られていました。年々値上がり傾向です。10k円で販売されていた頃が懐かしい。数少ないオフ系商品のジャージが安かったので1枚購入。

メッシュが各所に入っており涼しげな感じです。数名の方と色違いのお揃いになりましたね(笑)
   jersey

安かったので購入したネット。必要だからではなく安かったからつい・・・いや、色んな場面で活躍することでしょう。
   net

HDのブースで頂いたハーブの缶詰で中はペパーミントでした。ペパーミントの繁殖力はもの凄く、これを畑に降ろすと一面ペパーミントに覆われます。もらった方ご注意を。
   herb can

アクセスの喫茶コーナーでコーヒー飲んでお喋りタイム。お昼時となり、郊外のオシャレなレストランへ出向いてランチタイム。メニュー表のお値段にドギマギしながらコストパフォーマンスに優れたパスタの“大盛り”を注文(笑) 美味しく頂いてお勘定は普通盛と一緒でした。得した気分で店を出ました。が、大食い系の自分には大盛りと言ってもあれでは物足りない。相方が残したパスタも平らげた自分が少ないと感じるのだから、yasupaさんは今頃お腹が空いていると思われます。

続いて[お宅の子鹿拝見]コーナー
のん田鉄人さんと、鉄腕さんの子鹿を拝見してきました。同じ車種の年式違いで双方共に綺麗な子鹿。小柄な車体で扱い易そうです。これならヌタ場でも全然OKですね。だけどキレイだから転がすのは忍びないな。とりあえず4月中旬雪中アタックに行きましょうね。

ここで皆さんとお別れ。


プロテクター類取付

TT250Rにプロテクターを取り付けた。
アンダーガードとハンドルガードです。アンダーガードは当初から装備されていたモノで整備の為に取り外しておいた。ハンドルガードはMASAさんからの頂き物。有り難く装着させて頂きます。

どちらも無加工で容易に装着できました。
アンダーガードは樹脂製でネジ4本により固定される。取り外しの際、固着したネジを舐めてしまったので新たに購入。ナベ頭を広げたプラスネジでしたが、ネジピッチがどれも合わなく通常の六角ボルトを準備しました。下回りをヒットすると六角部分が変形して取り外しにくくなることが予想されますが、まぁ何とかなるでしょう。
IMG_3740.jpg

IMG_3741.jpg


ハンドルガードはキャップスクリューにより取り付け。
プラスチックガードの裏には太いアルミガードが配置されている。これなら転けてもレバーの損傷は免れそうだ。
no protect

protect

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/25(土) 17:55:35|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夕張

しばらくぶりの快速旅團
express

團長、幹事長ともに変わらず笑顔で出迎えてくれました。お昼時に出向いたのでまずは快速丼で腹ごしらえ。食後にコーヒーを飲みながらしばし四方山話に花が咲く。
ここのお店はこだわりがあっていい。バイクで旅することを前提とした防水・コンパクトをコンセプトに、独自の商品展開が面白い。

店内を物色しこんなモノを発見。商品名は[ルミグローブ] lumiglobe


家で眠っているマグライトを活用するため買ってみた。言ってみれば“電気行灯”でしょうか?指向性のあるマグライトを全方位に散光させ、全体をボヤッと明るくさせる“ぼんぼり”だ。たまに行くキャンプのテント内部照明で良い塩梅のものが無く不満に感じていた。いつも一箇所集中の照明となってしまうからだ。まぁ、さっさと寝れば済む話だけれど、テント内で本を読んだりウダウダ過ごすのが結構好きなのだ。

早速試してみました。

マグライトへの装着状況attached



そして暗所での点灯状況light up


う~んマンダム!イイ感じでアリマス。クリスマスプレゼントのテントと相まってキャンプへ行きたくなりました。




[夕張]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/24(金) 02:27:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

本日のいろいろ

この時期出会いと別れの気節。
職場でも転勤・異動に皆さん悲喜こもごも。卒業と入学が一気に押し寄せる。期待と不安が入り交じり一年の中で慌ただしくも過ぎて行くこの気節。組合のgsfreakさんもそんな渦中のお一人。次なる勤務地への準備で忙しくされていると思われます。
いや~寂しいです、今年一緒に走れないなんて。昨年は結構一緒に走る機会がありました。猛牛の丘へ行ってハズカシイ場面を写真にとられたり、千歳林道ではスゴイところを駆け上って見せてくれたり、ファイト倶楽部でいい汗かいて、楽しい林道の思い出が沢山できました。
また一緒に走りましょう!何より来年の北海道4daysで一緒に走ること?になると思われるのでその時まで腕を磨いておきますよ。新天地でのご活躍期待しております。

05.10.23ファイト倶楽部にて。ヒルクライで小休止rest

05.7.2猛牛の丘を駆け上がる          run



続きに画像を入れました。

[本日のいろいろ]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/23(木) 01:25:51|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二十四節気 3月21日 【春分】

3/20 23:00頃snowstorm

3/21  9:00頃snowfall

お天道様が丁度赤道上に位置するらしく、昼と夜の時間がほぼ等しい気節です。つい先日まで春のぽかぽか陽気でバイクを引っ張り出し初乗りしたのがウソのようです。昨日から北海道は荒れ模様。降雪量は少ないものの、暴風雪で風がびゅーびゅー吹き荒れている。家の前も吹きだまりが出来ています。すんなり冬から春へバトンタッチしてくれそうにありません。

3月20日現在札幌の様子は?
積雪深:41cm 半月前の啓蟄と比較すると十数センチも雪が減りました。
累計降雪量:514cm 年平均は594cm、昨年は651cmでした。
最高気温:1.0℃ 


ただいまWBCをTV観戦しながら書き込みしています。
現在9回表、日本9点、キューバ5点です。優勝までもう一息。世界の頂点はすぐそこです。


話は変わり工具について

先日お試しにとお借りしたタイヤレバー。最近タイヤ交換ばかりしているためか、こんなのもイイよ、と貸して頂いた。工具の善し悪しでネジを締めたり緩めたりの、一見単純な作業に大きく影響を及ぼす。聞くとこのタイヤレバー、タイヤの脱着が相当容易らしい。パっと見の相違点は分からない。他のお客さんに聞くと明確に違いが分かると言っている。その違いは至極簡単、レバー先端の肉厚に左右されるとのこと。

奥がスナップオン、もう一つのメーカー名は忘れちゃった。
tire lever

レバーの断面を見ると明らかに肉厚の違いが視認できる。う~ん、これだけの違いでそんなにハンドリングが違うモノか?と、見入っていると「良かったら使ってみる?」との問いかけ。有り難くお借りしてきました。

確かに厚みが違います。
compare

見た目だけでは客観的な判断は出来ません。念のため目安ではあるがノギスで肉厚測定。
(最小読み取り1/20mmのノギス使用)
1. スナップオン:1.2mm
2. 名前失念  :1.5mm
3. PB     :1.2mm
なるほど、こりゃ随分と厚みが違うモノだ。ほんの少しならず2割も厚みに違いがあれば操作性に大きく影響を及ぼすであろう。数値上で違いが判明したので後は実践で体感するのみだ。



もっとも自宅には相方所有“PB”のレバーがあるから買うことはないんだけど、道具によるハンドリングの違いを体験してみたくお借りしました。既にタイヤ交換する車両はありません。だけど気になるタイヤがあるため、タイヤを脱着してみる予定。結果報告は後日。
PB


テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/21(火) 14:36:35|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初乗り&林道偵察隊


整備を終えたバイクで初乗り。
先週自宅前での試走にとどまり、今週こそは公道デビューを果たしたいところ。
降雪量の少なさと、最近の好天により一段と雪解けが進み、住宅街にさえ入り込まなければ危険な積雪路はない。と言うことで十分に初乗り環境は整いました。
SLは昨日書いたとおりようやくタイヤ交換を終えたばかりで、車体への取付が終わっていない。午前中SLのタイヤを取り付け、バッテリーの補充電や、TTの細かな部品を付けたりしながら過ごした。それではご近所散策に出掛けようか。
TT&SL


午前中も曇り空であり、午後からは更に風も付いてきて肌寒い天気模様。防寒をしっかり対策し出発に備える。冷え切っているエンジンを十分暖機しアイドリングが落ち着く頃合いを見定める。TT250Rのエンジンはすこぶる良好。セル一発で始動し不安げ無くアイドリングする。相方はSL230。当初エンジン始動に手こずっていたがバッテリーの補充電で難なく始動。


おおっー、しばらくぶりの感触!
ちょっぴりギクシャクしながら自宅前を出発。新品タイヤであり、路面温度も低いことから慎重に走り始める。風が冷たく体がこわばった状態であるが、それでも爽快だ(最初の内だけ)
今回は少しだけの走行にとどめる予定であるが、念のためガソリンを給油することにした。
refuel

社外のポリタンクが装着されているため、正確な容量を掌握していない。タンクには我が家に来たときからおよそ1/4程度ガソリンが入っていた。古いガソリンと言われていたので廃棄する予定であったが、結局処分できずにそのままの状態。まぁ、今も元気よくエンジンが動いているので廃棄は取りやめ。新しいガソリンを給油し希釈する暴挙にでました(良くないね~)
満タンで13.5L入りました。以前の残量を大ざっぱに見積もってこのタンクの総容量は18L程度と思われます。給油タイミングや、航続距離を把握する上でまずは燃費計測が必須です。

それでは早速今回の目的地へ向け再出発。
場所はラルマナイの滝方面。自衛隊の演習地脇をかすめてTTを走らせる。癖が無く乗りやすいバイクです。新車時のエンジンフィールには遠く及ばないものの、フラットなトルクで乗り手を疲れさせないかも。逆をいえば何となくメリハリがなく、もう少しパンチが欲しいところだ。まぁ、贅沢も言ってられないのでTTの良いところを引き出していきましょう。

ここの道は裏道として使うことが多い訳だけど、路面の“ビリ砂利”には閉口した。スリップ事故防止用なのだろうか、厳冬期に散布したと思われるビリ砂利が延々と続く。この上に乗り上げるとズリズリ滑るため緊張を強いられる。コーナーでビリ砂利を横断しないよう注意しながら走ることに。
run

cloudy sky


一部ザクザクの雪道に遭遇したがその他ルート上に雪はナシ。融けだした水で汚れはしたものの快調にラルマナイの滝駐車場へ到着。ファイト倶楽部御用達林道は雪に閉ざされていました。1ヶ月も掛からないで走れるようになることでしょう、もうしばらくの辛抱です。
arrival

雪に阻まれた入り口付近
gate

絶好調なSL230にご満悦
run run!




手もかじかんできたので帰宅することに。往復50kmのショートトリップでした。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/19(日) 02:57:51|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

SL230 タイヤ交換

sl230


SL230のリアタイヤ交換。
今年4本目となるタイヤ交換。少しでも経験を積みたく今までお店に頼んでいたこと一気に取り戻そうと怒濤のごとくタイヤ交換を重ねてきた。
そして今回は初めてのリアタイヤで、こちらもお初のチューブレスタイヤ。本来はチューブ仕様のリアタイヤ交換と行きたいところであるが、SLの後輪はチューブレスタイヤである。まぁ馴れぬ後輪でもあり、思う存分タイヤ交換だけに集中してみようと思う。
今回も自分はプレイングマネージャーである。
作業の主体は相方である。自分はヤクルト古田監督よろしく、基本的には作業を見守り、時に口を挟む。そして応援の必要性を感じてから手助けするつもりだ。果たして上手く機能するか・・・

懸念事項がエアの充填。
チューブを痛める心配がないチューブレスタイヤ。反面、どうやって空気をタイヤ内に満たすのか?普通に考えたらホイルとタイヤが密着しない限り大気中に空気を放出するだけだろうし、もしかしたら運良く充填出来るのか?当然タイヤ交換後はエアが抜けきった状態である。そこへ手持ちの充填道具だけで何とかしたいと考える。
1)手始め:足踏みポンプで頑張る。精一杯踏み続ける(必要なのは根性のみ!)
2)奥の手:どうしようもなくなったら小型コンプレッサー登場。あくまでもエマージェンシーね。
3)最終手段:ガソリンスタンドか、カーショップ(ハローズ、オートバックスなど)へ持ち込む。
希望としては1)で終わらせたいところ。

何事も経験が大切、さぁ交換だ!

手順は・・・
1)ジャッキアップしてリヤホイルごと取り外す。
2)エアを抜きビードを落とす。
3)タイヤをホイルから取り外す。
4)新しいタイヤを取り付ける。
5)エア充填(この作業が一番困難と予測した)
で完了する予定。


今までに交換した実績(といっても3本だけ)からそんなに手間は掛からないハズ、だったけど結果は予想だにしない展開が待ち構えていた。
素人メンテに興味のある方は続きをドーゾ♪

[SL230 タイヤ交換]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/18(土) 02:17:01|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

満月

週末はライダーフェスタ2006です。
バイクシーズン到来を感じさせる頃合いの開催ですな。先週のバイク祭りは行けなかったのでコチラは何とか顔を出してみようかな?
林道用の装備やパーツなども見たいし、イイ物が安ければこの時期に準備しておきたいものです。
降雪の少ない今年はバイクでの来場者が多いんだろうなぁ~


今日は綺麗な満月。
天気が良かったこともあり晴れ渡った空に明るい月が煌々と周囲を照らしていました。街灯が不要なほどの光量。帰宅した際思わずパチリ。
full moon

こういった被写体には一眼が欲しくなる・・・

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/16(木) 00:14:33|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

TT250R試乗!

tt250r

好天に誘われてTT250Rを車庫から引っ張り出してみた。
キャブの調子も良く、チョークを引くだけで一発始動。少しの暖機運転でアイドリングも落ち着いた。初乗りとは大げさに書いてしまったが気温の低い本日、公道は路面凍結の恐れがあるのでパス。敷地内を猿回しの如くクルクル回ってTTと戯れる。ほんの少し乗っただけだが楽しい!本格的な春の到来が待ち遠しいっす。

ちょっぴりインプレッション
1)結構勇ましい排気音。ノーマルだけどこんなに元気がいいのかな?
2)やっぱりシートが高い(悲) 何気なく足を出しても空を切る。
3)中・高速寄りのエンジンテイストか(詳細は今後)


寒かったので試乗はすぐに終了。家の中へ逃げ込みました。


  =追記=

試乗した後、アウフさんへ行ってきました。
2台の大型バイク乗りの方がいました。両者とも大型フェアリング装着車。今時期風が冷たいからね、アレは有効だな。

お店へ出掛けた訳は後ほど記述するとして、普段使う工具が気になり始め、アドバイスを受ける。今までなら使えればいいや、であったが最近は良い工具でスマートに整備したい、と言う欲望がムズムズと芽生えてきたり・・・
トルクレンチが欲しいゾ。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/12(日) 10:34:04|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

うーむ・・・

通勤時、今年のバイク修行?をイメージしてみた。
シーズンインの初頭を飾るファイト系活動は“残雪アタック”ですかね。
深すぎてもダメ、少ないと面白くない。程よく残った積雪を狙い撃ちする必要があり、ジャストタイミングはほんの僅かでしょうから、入念なリサーチが必要。折角軽い子鹿を手に入れたのだから思う存分楽しみましょう!
昨年の状況を調べてみると、残雪アタックしたのは5月5日こどもの日でした。
もっとも初めてのブロックタイヤが嬉しくて林道散策へ出掛けたところ、丁度良い厚みの残雪に遭遇。図らずも残雪アタックになったという訳。楽しくもがいて遊んでいると、やはりというか、進むにつれ雪深くなり途中で引き返すことに。一人軽装で入り込んだ林道は本格的にスタックすると厄介だしね。今年はみんなとアタックしたいです。

この程度の雪でも容易にスッタクした。雪が車体を支え、スタンド要らずと言うか、スタンド出すことが出来ません(笑) アンダーガードはスキッドプレートとして大活躍。
snow attack1

snow attack2


ようやく脱出成功。いい汗掻きながらどうにか抜け出たところ。
escape



時期は4月中旬から下旬かな?
特に今年の降雪状況は少な目であることから、5月5日を基準に置くと美味しいタイミングを逸してしまう。早めの行動が吉とでるか?



結局明日も出勤。
フラストレーションを溜め無いよう、明日は早めに仕事を切り上げ夜にでもバイクをいじろうか・・・
そういや最近書くネタは過去の事ばかり。進行形のホットな話題がナイぞ。イカン、イカン!




[うーむ・・・]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/11(土) 02:10:08|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006 WRC(世界ラリー選手権)

今年のラリージャパンは昨年より一ヶ月早い9月1日から3日までの開催で、今から楽しみっす。
特段モータースポーツ好きでもなく、どちらかと言えば疎い方。だけどWRCだけは別かな。
FIAのモータースポーツでF1に続き、2004より日本も開催国となった。それも北海道が選ばれたことがWRCをより身近なもにしてきた。全16戦あり、開催国や開催時期により、ターマック、グラベル、凍結路など走行環境は多岐に渡り、日常生活路を競技の場としていることが興味をそそられる。


WRCの楽しみはチケットを購入してのSS観戦だけではない。SSを渡り歩く際は一般道を一般車両に混じり、次のステージまで日本の交通法規に則って?WRカーが通過する。一般公道であるから当然赤信号は停車する。一流どころの選手とWRカーを間近で見ることが出来るため、応援席より遙か彼方を走るSSよりリエゾン見物は人気が高かったりする。ラリーを応援しに来た観客と沿線住民とおぼしき、おじちゃん、おばちゃんも一緒になって旗を振っているところが微笑ましい。モータスポーツも特定のファンのみならず、幅広い層に支持されないと長続きしないしね。

パトカーやダンプカーなど生活感一杯の国道。混走しているWRカーが異彩を放つ。画像は2005ラリージャパン 足寄にて
with PC


そして上手くいけばWRカーと併走する事も可能。
次のSSを目指し何気なく道東自動車道を走っていたらPCWRCの新井選手を発見!他のWRC観戦者と追走するも、ぬえわkm/hを超えた団子状態に危険を感じ私は集団より離脱しました(笑)


日本の場合観戦場所がコースから相当離れた場所に設定されている。安全上の配慮は十分理解できるがあまりやりすぎるとお節介である。折角大金はたいて時間の都合付けて勇んできたら、遠くを豆粒状のラリーカーを見ても興ざめだしね。何か「事」が起これば行政や主催者側を安易に非難する国民性が観客席を遠くに押しやってしまったのだろうなぁ~・・・ヨーロッパラウンドの様にコース直近の“かぶりつき”で泥しぶきを浴びながら観戦したいぞ。


生産国でもあり人気No1のスバル。青の衣装を身につけた通称”スバリスト”が熱い声援を送る。
subaru


前方二台が競技車両。黄色いのがスズキスイフト、白いのがミツビシエヴォリューション。
liaison


街のアチラコチラで歓迎の垂れ幕やのぼりが目立った。大阪屋食堂も小さいながらも地味に応援。
Osakaya

テーマ:世界ラリー選手権(WRC) - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/09(木) 02:10:55|
  2. WRC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二十四節気 3月6日 【啓蟄】

冬ごもりの虫もはい出る啓蟄、春近しと言った頃合いでしょうか。
2月後半は暖気が入り込み氷点下の気温が6~8℃まで上昇し3月の様相を呈していた。更に降雨も手伝い雪解けが促進された。ここ数日も天気が良く昨日は気温が高いことから雨となりました。

3月6日現在札幌の様子は?
現在の積雪深55cm、雨水(2/19)の時と比較し、目に見えて雪の嵩が減ってきました。
累計降雪量471cm 平均値は543cmである。おおよそ70cmも少ない量である。ちなみに大雪であった昨年は592cmとのこと。
天候は晴れ、最高気温は7.1℃まで上昇しました。まるで4月頃の天候です。

うまくいけば例年より雪解けが早く進みシーズンインが早まる可能性大です。しかし、これからドカンと降る可能性も秘めており、全てはお天気次第です。
冬眠半ばのバイク乗りがガレージからはい出してきそうなポカポカ陽気でした。
昨日は定例となった猛牛茶話会が開催された模様。残念ながら参加できませんでしたが今年の予定も大分具体的になってきた様子です。何処へ行こうかなぁ~


啓蟄の月。ホントはあれだけ天気が良かったのだから、日中の春の兆しを撮りたかったのですがね。いかんせん時間が取れなくて真夜中の月と相成りました。次回春分の日は春の画像にしてみます。デジタルズームにより画質が荒れ気味です。
moon

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/07(火) 01:04:48|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のあれこれ

思う様に時間が取れずバイクイジリもお預け状態。
TT250Rの整備も完了したので、取り外したまま放置している外装パーツを装着させたいところ。
とりあえず車庫へ向かいバイクを眺める。
跨ってみたり、眺めてみたりしながら今シーズンの遊びに思いを馳せる。

以前100均で購入したLEDライトをハンドルに取り付けてみる。なかなかの光量で地図を照らすにも十分使えそう。照明部分は針金で延長されたフレキシブル構造となっている。提灯アンコウの風情でどことなくユーモラスだ。もちろん造りは華奢だから振動、粉塵などで使い物にならないことは承知の上ですがね。
LED

LED2



チェーン、スプロケも一新したのでここしばらくは安心して遊ぶことが出来そう。
スプロケは純正品をチョイスした訳だが、泥遊びするなら低速寄りにすべきなのか?容易に交換することは出来ない(懐の都合で)のでしばらくはこのままで楽しみます。
before

after



話は変わりTVについて。
結構テレビは見る方で、好きな番組はHDDレコーダーに収めて後ほどジックリ鑑賞です。
先日ようやくDakar2006をみました。総集編であるため限られた時間内で全行程のダイジェストでした。今年で引退を表明された篠塚建次郎さん。先日のSSERプレゼンにいらっしゃった菅原義正さんと池町佳生さん。その他おなじみの顔が多数見ることが出来ました。出来ることならMOTO部門をもう少し多く見たかったかな。

そして好きな番組のひとつ。
ディスカバリーチャンネルの“AMERICAN CHOPPERS(通称アメチョ)”。
ニューヨークでカスタムバイク業を営むポール一家のバイク製作番組です。
amecho

お店の名前は、所在地にちなみ“Orange County Choppers(OCC)” 構成はバイクの製作過程はもとより、ポール親子(オヤジ、ポールjr、マイキー)、従業員の織りなす人間模様がウリで、お楽しみ番組のひとつで毎週欠かさず見ています。
アメリカのカスタムバイク(ここではチョパー系)はコンプリートエンジンを使いシャシ、足回り、外装パーツ等好みの部品を組み合わせて一台のバイクを製作している。部品を寄せ集めて一台の新品バイクを造ることが出来るなんてさすがアメリカ。OCCでは有名企業からのテーマバイク作成依頼が多く、企業のブランドイメージを盛り込んだバイク作りが腕の見せ所。さすがお値段も結構な金額で嘘か誠か$150,000の契約シーンも放映されていた。どおりで最近立派な工場を建てた訳だ(笑)
sr&jr
黒Tシャツがオヤジさん、それとポールjr。

仕事とプライベートしっかり分け、遊びも徹底的に楽しみ、朝早くから仕事もキッチリこなすあたり西洋文化の一面を垣間見ることができる。ちょっぴりルーズな息子にいつも雷を落としつつ、愛情を注ぐ几帳面オヤジがこの番組のテーマでしょうか。
menber


ハーレーの社外エンジンとも言えるV型OHVエンジンを製作しているS&S、エーデルブロック社。バイク用エンジンを製作・販売している社外メーカーが存在することも驚きだし、バイクの1時間番組(毎週)が成り立つことも日本ではまずあり得ない。日本のバイクはお仕事系(郵便、新聞)かごく限られた人々の趣味の世界なのか?


日米自動車文化の違いを考えさせられる“アメチョ”です。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/05(日) 03:33:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TT250のメンテナンス その8 最終章

on the track


アウフさんへお願いしていたメンテナンスが完了し、本日我が家帰ってきました。
すっかりリフレッシュして戻ってきたTT250R。
今回お願いしたのは、
1. フロントフォークオイル交換
2. 前後ブレーキフルード交換
3. チェーン、前後スプロケ交換
4. エンジンオイル、フィルター交換
5. キャブレター清掃
6. その他

おおよそこんな感じです。

外観に変化を及ぼす項目は3のチェーン、スプロケのみ。殆どが目に見えない部分のメンテ作業。派手さはないけど、安心感が増したメンテです。特に各所に渡るグリスアップや注油で可動部分の動きも滑らか。人間で例えれば全身マッサージを受けてコリをほぐした状態でしょうか。

あとは初乗りを待つのみ!




tt250r

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/03(金) 02:32:44|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。