Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新蕎麦


蕎麦公開講座に出掛けてきました。
昨年も参加して今回で2回目。

まぁ親睦が主目的で、のんびりした雰囲気で楽しく、そして美味い蕎麦を頂いてきました。
講師役は数年前より蕎麦打ちの魅力にとりつかれた方。好きが高じて昨年より蕎麦公開講座を開催するに至ってます。営利目的でないものだから参加費用は全てコミコミで1,000円と格安!
新蕎麦(佐呂間産)、小麦粉(きたあかり)など、素材選択にこだわりがあり出来上がりも楽しみ!

皆で自己紹介の後早速蕎麦作りに掛かります。
講師の周りに集まり、講義と実演で説明を受けます。講師は説明と共にいとも簡単に各工程の実技を披露しますが、我々生徒側は上手くいきません。見よう見まねでこねたり、ひねったり蕎麦の固まりと格闘中です!
 講師1
【講師が粉を混ぜ水を入れるところ】
 講師2
【菊練り中の講師、皆真剣な眼差し】
あちこちで講師にヘルプの声が掛かり指導を請います。
何となく講師の真似事は出来るようになってきましたが、どうしても真似できないのが菊練り。
何とかその技を盗もうと凝視するも頭と手の動きが一致しない。いくら真似しても自分は幼稚園の粘土いじりと大差ないことに気づく。性懲りもなく講師に自分がこねっている蕎麦で菊練り作業をお願いした。デジカメの動画モードで撮影し、それを再生しながら挑もうと言う魂胆だ。
液晶画面をみつつこねるが上手くいかない。自分の不器用さ加減に少々腹立たしくなってくる。
遂に練り作業は終了の合図。やはりと言うか、菊練りは出来ませんでした(笑)

 講師3
ここから蕎麦の固まりを延ばすわけですが、延ばしの最終形は四角が理想です。均一な長さの蕎麦を作るため円形(楕円)ではなく、四角にする必要があります。そして蕎麦の太さを約1.3mm位にするためひたすら延ばしてゆきます。デリケートな蕎麦は薄くのばすとチョットしたことですぐ破け、あちこちで落胆の声があがります。みんな苦労しながら何とか延ばしを終え、続くそば切りも完了した。
とにかく完成したわけだが、出来上がりがスゴイ!太さまちまちは当たり前!切れ切れになったベビースターラーメン風蕎麦?ごん太鍋焼き蕎麦仕様など、彩り豊かな蕎麦が並びます。

 出来上がり
【自分の蕎麦。見た目はそれなりだが美味かった♪】
早速各自茹でて自作手打ち蕎麦を味わいます。美味い、本当に美味いよ!これが自分で打った蕎麦か?と思われる位美味い。良い素材を使うと当然美味くなると言うコトは判っているけどね。
そしてそれぞれ作った蕎麦をみんなで味見。同じ物を使ったわけだが、その過程が違うと微妙に違う。
最後に講師の蕎麦を頂くことに。こりゃ絶品ですな!まず見た目が違う。講師はほのかに薄緑がかった食欲をそそる色彩。綺麗に揃った太さと長さ。食べると適度な歯ごたえと風味のいいこと!我々の物とは微妙ではなく、明確に違いました。

いや~半日楽しく時間を過ごしました。これからのシーズンオフはしばらく蕎麦で楽しめそう!
本日の一言:蕎麦は奥が深いね。

※こうなると幌加内で収穫した蕎麦を早く打ちたい衝動に駆られる。




スポンサーサイト

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2005/10/31(月) 01:03:06|
  2. 食べ物系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

帰り道

ファイト倶楽部3rdも無事終わり、河原で美味しくコーヒーをご馳走になった後、三々五々帰路につきました。
自分は国道より帰る予定、鉄人さん、MASAさんは渋滞路を避け、林道経由で帰るらしい。

クマ看板
ふと道路に立てかけていた看板が目に入った。
クマか、最近あちこちで出没してるからね~と物思いにふけってみたり。こんなところで遊んでいる自分たちは能天気だよだよねー(笑)

何故か急に林道を走りたくなってきた。よくよく考えると[水飲み場]を走ったり、[ナオ○坂]でもがいたりしただけで、まともに林道を走っていない事に気づいた。
急いで2台に追いつくため、今来た道を引き返す。結構時間が経過しているから遭遇するのは無理と判ってはいるが後を追う。
まずは[ともみ坂]突入。ぐいぐい登るとパジェロとこんにちは!横からパスして登坂完了!
すると綺麗な紅葉発見。ちょいとパチリ。
GS紅葉
紅葉とGSもいいな~!
ここからは起伏に富んで結構好きなルート、快適ペースでGSを走らせる。至るところに昨日の雨で大きな水たまりが出来、汚さないように(何を今更)避けて走るが、すぐ面倒くさくなり真ん中を”バシャ~”と走り季節外れの一人水遊び♪GSのばやい、低速ではシリンダーヘッドが盾となり水は掛からないのだが、少し飛ばすと何故かしら真下から水が飛んで来て顔に掛かる?
あまりに楽しいルートはあっという間に終点。道道へでると小休止している、のんた88号さんはっけーん!
次期戦略兵器の必要性から?近くのショップへ出向く。
子鹿、大鹿(猛牛の事ね)色々あって、黄色いDRが気に入った!でっかいスケスケタンクが魅力的。そして何より驚いたのがCB750FC(裏コムスター)の新車があった!空冷四はカッコいいね~!

あっ、前置きが長くなっちゃったけどファイト倶楽部の画像をもう少しだけ載っけてみます。

興味のある方は↓
[帰り道]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/10/27(木) 01:32:31|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

猛牛ファイト倶楽部 3rd

gsfreakさんよりSSERのラリーレイドビデオをお借りすることになった。
引き渡し場所はラルマナイ駐車場。
紅葉

現地に向かうため、いつものルートを通り国道に出るため一時停止。すると80G/Sが通過!おっ鉄人さんも参加するのか、最近積極的だなー。紅葉観光の車に混じりながらしばしランデブー。
駐車場は最後の紅葉を一目見ようと言うのか、満車を通り越し路上駐車も目立つ位車でごった返す。
鉄人さんと待つこと数分、予想通りtmに跨るMASAさん登場。挑戦的な2stのエキゾーストノートが周囲に響く。tmは既に泥んこまみれ!?聞くと[ナオト坂]を2往復して路面状況をリサーチしていたらしい。そして最後にGSfreakさん登場!freakさんはF・R共にタイヤを交換したばかり。イボイボブロックに、まだヒゲが付いて交換したての状態。やる気がみなぎってるどー!

このままビデオの受け渡しだけで終わる面子じゃありませんね(笑)
それでは、第三回猛牛ファイト倶楽部の始まりです!


続きを読んでみたい方は↓をぽちっと押して下さい。
[猛牛ファイト倶楽部 3rd]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/10/24(月) 00:37:09|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

蕎麦

新蕎麦の季節です。お店で食べる蕎麦も良いのですが、今日は自分で打って食べる事にした。最近猛牛の掲示板も蕎麦ネタが多いことも打ちたくなった要因かな?


ひょんなことから蕎麦打ち教室で、一度実技指導を受けた。これがきっかけとなり、自分で蕎麦を打つことに目覚めてしまったのである。

本当は幌加内で収穫した新蕎麦を使って打ちたいところであるが、いまだ玄蕎麦状態であることから市販のそば粉を使用した。割合はそば粉8に強力粉2をブレンドした通称“ニッパチそば”にします。初心者でも失敗が少なく、打ちやすい割合である。そば粉


早速蕎麦打ちにかかる。
そば粉、小麦粉を計量しボールに入れよく攪拌し満遍なく混ぜる。水を適宜投入し、そば粉が“ポロポロ”になるよう手早く水廻しをする。ひとかたまりになったところで練り込む。当然菊出しは出来ないので子供の粘土細工のようだ。おおよそ練りが完了したら円盤状にして棒を使って延ばしに入る。
厚さ4mm程度になったら切りやすい大きさに折りたたむ。最後に麺切りである。最初は丁寧に切り幅をそろえるが、中盤以降は何故か大胆な太さになり、同じ人間が作った蕎麦とは到底思えない出来上がり(笑)

打ち立ての蕎麦はすぐに茹でるのが鉄則でしょう!
大きめの鍋にタップリの熱湯でサッと茹でます。すぐに引き上げ冷たい水で麺を引き締めます。
いただきま~す!
一応ツユも自家製にこだわったりする。 “かえし”は作り置きして冷蔵庫で寝かしている。出汁は昆布、鰹節をタップリと投入したもの。素人蕎麦にありがちなとてつもなく贅沢な出汁だ。これで本わさびがあればパーフェクトだが、粉わさびをネリネリして辛みを増す。実は結構粉わさび好きであったりする。

それでは頂きましょう。
うん、やっぱり自分で作った蕎麦は美味いねー!
自画自賛を通り越し、家族に美味いか?と何度も聞く始末・・・

次は是非とも新蕎麦を打ちたいなー。きっと美味いんだろうなぁ~
その前に、とうみに掛けて磨かねば・・・


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2005/10/23(日) 21:32:03|
  2. 食べ物系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色々とやりたいのですが。

我がGS君、手を加えたいところはあるのですが、なかなか思うとおりにはいきません。長いつきあいしたいので、少しずつ手を入れていきましょう!

まずはポジションライトのLED化

100GSは古いバイクで、ヘッドライトは常時点灯ではなく、任意点灯可能なスイッチ(メインキーで操作)が付いてます。発電容量の少ないGSには安心のシステムだ。特に低回転域(2000rpm未満かな?)では発電せず、アイドリング時には警告灯が灯る。

前々回のファイト倶楽部では対向車から視認してもらうため、ヘッドライト点灯しながら遊んだ結果バッテリーを上げちゃうことに・・・
より照度の高いポジションランプを考えていたところ、GSkanzanさん、MASAさんのブログで見つけちゃいました!

早速購入しLED化完了。MASAさんのヒントで装着の苦労はせず。さて、どんな感じかな?
比較
当然走行中、点灯状況の確認は出来ないので、停車中で確認。
左がフィラメント球、右がLEDです。画像だけではまばゆく光り輝いて見えます。

晴天下では光の色合いが近似しているせいか、点灯していることに気が付きにくいのでは?と言うのが率直な感想。しかし、薄暮や曇りなど薄暗い環境下では視認性は高いかも。まぁこのあたりは自己満足でよしとしましょう(笑)

次にステップの変更。
現在はツーリングモデルのラバーステップが装着されています。
購入時から付いていたので、標準だと思っていた。しかし、他のGSを見るとみんな”ギザギザ”したステップが付いている。もしやと思い、ラバーを取り外すと”ギザギザ”君が「こんにちは!」って感じで出てくるかとめくってみたが有りません・・・
まっ、特段困ることも無いしそのまま使っていた。
ラバーステップ


で、最近山に入る機会が増え、更にぬかるんだ場所に行くもんだから、ラバーステップが滑り怖い思いを何度かした訳。(じゃー行くな、って言われそう)
この辺りは、お小遣いを貯めて来年かな。

そしてミラーの交換。前回のF・Cでいじめちゃったらしく、右側ミラーにヒビ発見。遊びの代償か?

ステップとミラーどこかに転がっていないかな?

テーマ:BMW - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/10/22(土) 13:12:50|
  2. バイク全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

林道へのいざない♪

第二回猛牛ファイト倶楽部も成功裏に終わり、筋肉痛を残すだけとなりました。夕方より風来パパ宅で[納会]が開催され、美味しい料理を囲みメンバーと楽しいひとときを過ごしました。

さて、翌日曜日眠い目をこすりつつ身支度を始める。
今日は林道を走りに行く。場所は4daysルートの一部である、ハビウ林道他である。待ち合わせ場所の安平セイコーマートへ向け自宅を出発する。

クマ目撃情報があちこちで聞かれる。先日もクマとの格闘により負傷したとの報道もあり、少しビビる。この話を聞いた鉄人さんより、クマよけスプレーを預かり、更にビビる(笑)
クマよけ


2度目のルートであり道順に自信がない。ハビウ林道は問題なく入れるが、以降の林道を繋ぐ記憶が薄い。こんな時いい仕事するのがGPSだ。以前は走ったトラックデータをGPSに転送するだけで、軌跡がバッチリ向かうべき目的地へいざなってくれる。なんて頼もしいヤツ!

4本の林道を走る予定だ。
1.ハビウ林道
2.幌内高丘線
3.幌内宇隆線
4.名称不明林道を分岐し猛牛の丘
今回2回目の走行であり、じっくりと風景を楽しむためトレッキング速度で走ることにした。そしてクマさんとの遭遇を避けるため、要所でホーンを鳴らしこちらの存在をアピールする。
個人的なお気に入り林道は3.幌内宇隆線だ。明るく開けた林道で、徐々に高度を上げて行き右手には雄大な風景が広がる。天気もよく、お行儀の良い林道走行を楽しむ(笑)
風景


締めは猛牛の丘。
分岐を右折し猛牛の丘ルートへ向かう。すると記憶にある路面状況と少々異なってとまどい、一旦停止。雨による溝が深く掘れている。
今回のメンバーはkeNさん@ダカールと、ご近所?のkunkiさん@SL230である。ダカールのタイヤ残り溝が心許なく無理は禁物だ。
進行か、撤退か判断を迫られたその時、何とkunki@SLさんがルート調査の探索班に名乗り出た!いったいどうした?何か悪い物でも食ったか?
折角の申し出、むげに断る理由などあるはずがなく、お願いした。
探索
ミイラ取りがミイラになる公算が大ではあったが、何とか調査を終え帰って来た。
自分:どうだ?
kunki氏:多分大丈夫♪
自分:じゃ、いこか!
以前にもこんなやりとりの末、苦労した記憶が・・・

まぁルート取りさえ間違わなければ問題なし。
しかし、丘へ向かう火山灰ルートは[軽くヤバイ]
自分が先導役となり先へ進み、頂上を目指した。程なくして頂上に到着するが、付いて来ていない。コース途上で二人の姿が小さく見える。
ん?もしや[でんぐり]したか?こちらへ向かって手を振っている。
戻っててみると2台とも普通。転がった様子もない。
よく見るとダカール号のリアタイヤが火山灰にめり込んでいる。ふかふか火山灰に2~3分山シラックでは難儀する。ここで無理は禁物。大人しく頂上登坂はあきらめて、お腹も空いてきた事だし昼食にしますか!

一路厚真町へ向かいジンギスカン屋さんへ飛び込む。
早速注文してお肉をジュージュー焼き、頂きまぁ~す!
こりゃ、まいう~♪
おかわりを注文してお腹も一杯、ごちそうさまぁー!

ファイト倶楽部とはひと味違う林道まったりツーリング。
泥抜きのツーリングもいいもんだネ!
と言うか、自分の目指すべき路線を再認識した一日であった(本当か?)
あー今日も楽しかった!


風景
秋らしくない林の中。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/10/18(火) 23:11:22|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

坂は続くよいつまでも・・・

第二回猛牛ファイト倶楽部開催だよ~ん!
今回は納会前にファイト倶楽部を開催しちゃおー、と言う趣旨。

雨により開催が危ぶまれ、前夜まで降雨が続くが朝の予報では降水確率ゼロ!最高(意味深♪)の開催日和になる。当日は南区某所に12:00集合。自宅から集合場所に近い自分は、ほぼ定刻通りに到着。既に参加メンバーが集結している。  集合場所


参加者は自分を含め6名。
鉄人88たん号@G/Sさん、tett@アフリカツインさん、nasakura@G/Sさん、MASA@100GSさん、なかさん@セローさんである。なにやら強面メンバーが揃っている・・・大丈夫か、俺?

今日のコースは前回走行コースとほぼ同一。状況によりオプションコースを追加することで対応予定。
早速滝野よりコースイン!集合場所より5分も走ると林道だ。
やはり雨の影響か、水たまりが多くかつ、スリッピーな路面状況。
先導役のなかさん(多分)がいいペースで走り、ヒーヒー言いながら付いて行く(笑) 分岐では左に向かい、いきなり水遊びタイムだ!
分岐路

どうやら水深が増している。水没するような場所はないが、結構ドキドキしながら進んでいく。そしてバッテリー上がりで皆にお世話となった場所で一服だ。

今回の道北メンバー2名。流石の走りっぷりじゃ~!
驚くべきはその適応力。初めてのルートを事も無げに走破するあたりアッパレじゃ!nasa氏

tet氏
前輪に注目!どっぷり深みに突進です。

トンネルをくぐり登りアプローチ。
鋭角的に入り込む必要があり、好みのルートを選択するため、自分はいつも下流側より登るのが通例。そしてトルクを使った登り方が好みであり、ギアは2ndを使用する。
トコトコ登って行くも、誤ってシフトレバーにつま先が触れ、ニュートラルになりむなしく空ぶかし。登り最中のため慌てて掻き上げ2ndに戻しどうにか登坂完了。登坂の成功は粘るエンジン特性、小振りで、低重心な車体ディメンションに負うところが大きい。と言うか自分の場合それが全て、GSがいい仕事をしてくれます(笑)
アプローチ1

アプローチ2

アプローチ3

アプローチ4

セロー

tettさんは適切な速度にベストルートを辿って綺麗に登り、MASAさんはトルクを上手く使ったグリップ走行。軽くずる~いなかさん@セロー号。全員綺麗にクリアして駐車場へ向かう。

パーキング

みんなの笑顔が残る駐車場前。
そーだよねー!まだまだ序の口だもんねー!
体力消耗レベルは2/10と言ったところか!?

次のタスクは[ナオト坂]
一番雨の影響を受けやすい場所。しかしそんなこともお構いなしにメンバーは突入!みんな素早いこと、既に姿は見えない・・・
川を渡り登っていくと、[ナオト坂]が見えてきた。
いるいる、みんないる!アチラコチラでスタックし、ヒルクライム渋滞が発生しました。
渋滞

クロカン好き(4駆の事)もこのルートがお好きらしく、そりゃ~えげつないほどの轍掘れ!あれじゃー幾ら大径タイヤのマシンでも金玉(デフのこと)がつっかえちゃうんじゃなかろうか?きっとウインチに、ラダーを駆使して引っ張り上げたのだろうなー。

果敢にヒルクライムするメンバー
ヒルクライム1

ヒルクライム2

ヒルクライム3


轍にはまったG/S、シリンダーが見事に引っ掛かり走行不能に。あんこ状の泥に為す術のないT63。 轍

nasakuraさん@チャレンジャーは[なかさん]に煽られて二度ほどアタックするが単独走破ならず、残念!

みんな用意がいいらしく、牽引用に登山ロープ、タイダウンベルトなどが素早く出てきた!一台ずつひっぱたり、押したりしながら頂上付近へと運んでいく。写真撮ったり、押したりと大忙しだ!
後ろから

ここで日頃の運動不足が露呈する。坂を歩いて上がるだけでも息が上がるのにバイクを押すと一気に酸欠状態に陥る。ヘロヘロだぁ~
参加時の持ち物として、おやつ(300円まで)、飲み物、そして酸素吸入器が必須になるか?

どうにかバイク6台を単独登坂可能圏内まで押し上げた。
無事を讃えみんなで記念撮影!みんなの顔を見ると、まだ余裕が残っているかな?このあたりでの体力消耗レベル8/10と言ったところか?
集合写真


さぁ!次のステージへ向かおう。
それぞれバイクに跨り出発、のつもりがどうも動きがよろしくない。
ここでもリアタイヤがむなしく空転し、おしりを右に左にフリフリしながらよちよち登り。バンビ倶楽部の[なかさん]を除いてネ!
と言うことで、単独登坂可能圏内でなかったみたい、あの集合写真はなんだったのか・・・

自分も押してもらいながら何とか進む。リアタイヤはバイクを押し上げるだけのグリップ力は得られず、タイヤは横方向に逃げ始める。酔っぱらいのオヤジのように右に行ったと思ったら、左へ。目の前に木の枝があり、避ける余裕もなく乗っかってバランスを崩し、[でんぐり]をかまします!やはり[ナオトの寝床]だ、本家である本人もしっかり寝てました(笑) 残念ながら画像は無さそうです。

これでようやく自走可能圏内にたどり着き、栄養補給。持ち合わせの無い人は分けて頂きました。ありがとう鉄人さん、なかさん。
後ろから押すもんだから、みんな泥を浴びまくり!(ふぉ~)
足下も見事な泥・どろ・ドロ・mad・・・
泥記念にブーツの先を放射状に配置して記念写真、パチリ!
誓いの泥足

猛牛の誓いとでもしておきましょうか(何の誓いだ?)

この時点で体力はエンプティー。エネルギーを使い果たしちゃいました。
気力で次なるステージの[まさし沼]へ向かいます。以前にも書いたとおり、ここはエスケープできない大きな水たまり。結構深く、間違って[でんぐり]しようものなら人・牛共に水面下に没してしまう程深い。更にも増して昨晩からの雨で増水していること間違いなし!
誰かが誤って[まさし沼]で転けた日にゃ、後続車はその存在に気づくことなく、踏みつけながら通過するでしょう。(あり得ないとお思いでしょうが、本当なんです)


[坂は続くよいつまでも・・・]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/10/16(日) 20:54:08|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

中山峠

喜茂別へ林道&蕎麦を楽しみに出掛けた。
最近新蕎麦が出回り始めたので、猛牛組合の掲示板にも蕎麦の話題が多い。それじゃ!と言うことで近くでなおかつ林道も少しだけ走る事ができる場所を考えた。
以前蕎麦の話になり林童さんと国道脇にある蕎麦屋を思い出し、林道はさかなさんより聞いた、中山峠の旧道(ダート)を走ることにした。

まずR230号、中山峠に向かった。紅葉シーズンなのか藤野を抜け定山渓温泉街で少々の渋滞。曇りと晴れが繰り返す中中山峠着。駐車場はほぼ一杯。一番端っこにバイクを止め羊蹄山を望むが、恥ずかしがって姿を隠している(そんなことないか)
中山峠
ふと目をやると妙なオブジェが。産地であるためかアスパラの塔らしくカメラを取り出しパチリ。天気が良ければ羊蹄山、アスパラ、GSの素晴らしいコラボレーションになる予定が残念。

早速林道に向かいます。
札幌市内を始め、季節柄[クマ]さんの話題に事欠かない昨今。もしかしたら、の思いもあり、人の出入りが少なそうな林道であれば中止するつもりであった。しかし途中工事区間もあり、工事車両が林道に入っていくのを確認したので入山することに。

中山峠スキー場を横断し林道に入る。スキー場
林道1

堅く締まった路盤で走りやすい。
右下には国道がみえ、旧道を走っている事を実感する。
道路を覆い被さる紅葉が綺麗である。人が溢れている景勝地の紅葉もいいが、人とほとんど出会うことのない紅葉もいいもんだ!だけどクマさんには出会いたくないぞ!

紅葉

gs

10数キロの林道の旅は感傷にふける間もなくアッという間に終わっちゃいました(笑) できるのならもう少し走りたい気分。この近くに繋ぐことの出来る林道はないかな?


[中山峠]の続きを読む
  1. 2005/10/10(月) 14:14:23|
  2. 林道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

秋!

  秋晴れ!

最近バイクネタが少ない。
バイクネタを書こうとこのブログを立ち上げたのだけど、毎日乗っている訳じゃ無いしね。きっと11月以降なんか、何のブログだ?と思われるような展開になりそう。

と言うことで今回もバイク外のネタ(笑)
10月に入りめっきり冷え込んできた北海道。霜が降りたり、初冠雪が確認されたりと、冬眠時期に近づいて来たかな~?もちろん冬眠知らずの方々もいらっしゃいますね!

今回は出張で道北方面へ出向いた。
目的地へ向かう道中、山が色づき始めて来ている。まだ最盛期ではないが峠など標高の高いところは特にいい感じに紅葉している。 赤
 黄



無事仕事は終了。後は戻るだけ。
そのまま同じ道(高速道路)を帰るにはもったいない!ちょっとだけ足を伸ばしてサロマ湖へ。サロマ湖

しばらくぶりに訪れる佐呂間。学生時代にキャンプした計呂地に向かったが既に面影無し。何処でキャンプしたかも判らず・・・
確か当時は国鉄が健在であったが、今は何かの事務所。時代を感じるねー。
9月末頃が見頃と言われる[サンゴ草]を見る事に。
多分初めて?見るサンゴ草。近くで見ると確かにサンゴに似た風貌。妙に納得した。サンゴ草
 サンゴ草 アップ
何かのポスターを見てその規模と、燃えるような赤に凄いモノがあるもんだ!と驚いたが、実際はこぢんまりしていた。場所が違うのか?それとも時期が良くなかった?

続いて今日の目的地、幌加内へ。
9月末に蕎麦刈りして畑で乾燥中。脱穀に向かいます。
曇りのち雨の予報、早く行かなくちゃ!
(またしてもバイク以外のネタが・・・)




[秋!]の続きを読む
  1. 2005/10/09(日) 02:25:18|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005 WRCと林道探索 5月の話

日本で開催2回目の国際競技であるWRCが幕を閉じた。
昨年に続き今年も楽しく観戦してきたところ。
実はその4ヶ月前、WRCに関連する小さな関わりがあった事を少しばかり・・・

今年5月、東京在住の知人に頼まれ林道を走って来た。
とある企業が運営する自社ウェブサイト掲載用にと、今期WRCコースとなる林道の画像が必要になったらしい。まぁ自社商品の販売促進用と言ったところか。
ウェブサイトでの林道紹介であるから、雰囲気が伝わる画像を要望している様子。過去の画像でもいいよ、と言われたものの走ったことなど無いから当然ありません(キッパリ)
誰かに頼み貰う、と言う手もあるがそれじゃ芸がない。撮り立てホヤホヤのHotな画像を届けようではないか!

頼まれたから仕方がないなぁ~、などとさも面倒くさいそぶりをしつつ早速お出かけ(笑)
5月の気温はまだバイクには向かない!がっちり防寒して出掛けるが寒い。出発して10分も走ると帰りたくなってきた。いい振りこいて「画像は任せて~♪」などと軽口をたたいた自分が恨めしい・・・

出発前に依頼されたポイントと地図を見て[パンケニコロベツ][ペンケニコロベツ]を探索する事に決めた。何故か?林道音痴の自分でも耳にしたことのある有名どころだからだ!ただそれだけ(笑)

日勝峠を下り屈足に向かう。国道沿いのGSとコンビニに寄り人車共にエネルギーの素を補給。
屈足の街を過ぎると道路沿いに林道を示す看板発見!
初めての林道は入り口が判らず、いつも周辺をウロウロするのが通例であるが、林道看板がいい仕事?をしてくれたお陰か迷わずに到着。


まずはペンケニコロベツ林道からpenke
道々沿いの林道を示す看板は無味乾燥なモノで味気ない。少し入ったところに設置された看板はペンキの褪せ具合、錆の塩梅がいい雰囲気を醸し出す。味があるよネ。




[2005 WRCと林道探索 5月の話]の続きを読む
  1. 2005/10/06(木) 01:06:35|
  2. WRC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。