Gravel road

遊び・仕事・日常を綴った不定期日記(画像は7月14日樽前山の雲海)

整備の日 08.07.13


早目に起きてTT250Rの修繕作業に着手。
早起きしてモーニングメンテの開始だ。日中の暑さと無縁な冷涼な空気が心地良いです。作業前にはぐるりと畑を見渡して生育状況をチェック。昨日の雨で十分な水を蓄えて地面は黒々としている。ほっと一息と言ったところか。

この木も開花時期を迎えたみたいだ。あまり好ましい匂いじゃないけどね。
IMG_20080712_0517.jpg



さて本題のメンテ作業だが、先週の7日汚れた車両を洗車しようと地下ガレージから引っ張り出したTTに違和感を覚えた。左手をハンドルに、右手をリアキャリアで支えて取り回ししたところ、右手に“グニャリ”とした感触が。多分ネジの緩み、ないしは脱落によるキャリアのぐらつきと想像して周辺を点検したところ、リア(サブか?)パイプフレームの破断であることが判明。
IMG_20080706_0466.jpg

シート他を取り外し作業環境の確保
IMG_20080712_0510.jpg


破断部分が輪切り状態だったので、てっきり外れたのかと思う位綺麗な切り口だった。リアフェンダー、シート等を取り外して露出してみた。なるほどリアフレームは左右の形状が違うみたいだ。右側は重たいサイレンサーを吊り下げる構造であるため、補強の丸パイプとパンチ穴の開いたプレート2枚を挟み込み補強している。対する破断した左は1本のパイプのみ。損傷箇所はサブフレームと連結する直近で、かつ折れ点である。振動+上載荷重により曲げ応力とせん断力が加わってポッキリいっちゃったかな~。何となく素人目にも応力の集中を予見出来る場所と思われる。右側補強のあまり左に負荷が集中しちゃったかな。セルのギアアイドラと同様に、もしかしてTTのアキレス腱かもしれないね。

左右のリアフレーム形状を検証する
IMG_20080712_0504.jpg


破断状況はこんな感じだ  上から見る
IMG_20080712_0508.jpg
 
横から見る
IMG_20080712_0506.jpg
 

ま、それはそれとして修理しなくてはいけません。
溶接機は無いため地下ガレージでの作業は断念。ご近所の「ブラザー鉄工所」に外注する事にした。見た目は綺麗とは言い難いが強度が確保出来ればOKである。あとはさび止めペイントで修理作業は完了としよう。
IMG_20080712_0521.jpg
  IMG_20080712_0523.jpg



さ、お次はtmの番だ。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/07/13(日) 05:41:48|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あうっ・・・ 07.03.31

明日はビーチランなのだ!
IMG_20070331_1575.jpg

暫くぶりのバイクにウキウキして、ガレージに潜って車体の準備。
一番奥にしまったTT250Rを引っ張り出してきました。

タイヤの空気圧を調べたり、クラッチ・アクセルの具合を点検して不備がないか調べました。エンジンを始動したいとこですが、さすがに周囲からひんしゅくを買うので我慢。念のためバッテリーを外して充電中です。
IMG_20070331_1576.jpg


ぐるりと車体を見渡すと、あっヤベ!!
IMG_20070331_1574.jpg

スッカリ忘れていました。
昨年セルモーターの不具合勃発からシーズン中の放置を決定したので、自賠責保険の更新は見送っていたのです。
最近100GSにかまってばかりで、TTは放置プレイでした。
あう~やってもた~・・・。

お外はうっすらと雪が積もっているし、明日は大丈夫か?
IMG_20070331_1577.jpg

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/03/31(土) 02:07:52|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活大作戦♪ その3(完結編)  07.01.06


佳境を迎えたTT250R復活大作戦!

全てのパーツもそろい後は組付けをして、エンジン始動するだけだ。
組み立てに際し、構造的に調整する部位が無い事に少しだけ安心。微妙な調整で調子の善し悪しがきまるのであれば、今の技能では出来ないです。

ここで自分へ向けた注意ポイント2つ
1)正しくパーツを組み立てる事。良くありがちなあべこべに組み付ける事多し、要注意だ!
2)面倒くさがらず丁寧な作業を心掛ける。途中でイヤになってまぁこれでいいか~♪を封印だ!
特に2番が心配で、古いガスケットを適当に剥がして、そこからのオイル漏れ(滲み)が心配なのだ。
何より自分自身にキッチリ言い聞かせる事が肝要だ!

早速修理開始!

特段面倒な事はない。バラした時の逆の手順で進める。
[セルモーター]
躯体(シェル)は従来付いてるものをそのまま使う。歯車が健全な軸だけ使用する。本当は一式交換が望ましいが、コイツをそっくり交換するには色々とバラさないといけないので、軸だけにした。
おっ、既に面倒くさがる兆候が(笑)
二本のネジで躯体(3分割)を固定する訳ですが、シールがゴムのため弾性に冨み、ネジの締め具合で、軸と躯体を同一線上に合わせるのが結構難しい。いい加減な締め方だと軸の動きが渋くなる事が判明。軸を手で回しては一番スムースに廻るところを見つけてこちらは完了。
IMG_20070102_0329.jpg


ここで新たな発見。
軸を比較した画像ですが、リペア品は裸状態。損傷品はコーティングされている。同じと思われたモーターにも違いあり。
 IMG_20070102_0327.jpg


[ギアアイドラ2]
ベアリングを挿入してポコッと組んで終わり。面倒なのはクランクケースカバーの古いガスケット除去。へばり付いているガスケットを何とかこそげ落とし、新しいガスケットを取り付けビスで締め込みこちらも完了。
 IMG_20070102_0331.jpg
  IMG_20070102_0334.jpg



[ギアアイドラ1]
こちらもポコッと組んで完了。ただしカバーのネジが一本脱落していたので、正しく3本で固定しコチラも完了。
IMG_20070103_0343.jpg


オイルを注入し、バッテリーを繋いで気合い一発セルを回す。
キュルキュルー、とセルの快音と共に無事エンジン始動!セル+ギアアイドラが無事機能した様子。 
ようやくTT250Rが復活を果たしました♪
IMG_20070104_0352.jpg


折角なのでチョッピリ試乗。
雪の上は相変わらずニガテです。フラフラしながら自宅の前で試乗終了!
幾度と無くセルを回してみたが異音は無さそうです。また、懸念のクランクケースカバーからのオイル漏れ判定は後日となります。
IMG_20070104_0353.jpg


テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/01/06(土) 14:47:06|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

復活大作戦♪ その2-3 溺れし者がワラを掴んだ!06.12.17

復活に向けて!


我がTT250R、セルモーター周辺の不具合パーツ続出で復活大作戦が頓挫しかけていた。またも放置プレイになるのか?と思われたところで、救世主が現れた。遠くは四国、阿波の国より寒風吹きすさぶ北国のブログの記事に目を留め、パーツ提供を申し出て下さった。分解を要する面倒な箇所のパーツもお分け頂くなど、とても助かりました。
akiさん、どうもありがとうございました<(_ _)>


そのパーツが本日届きました。
キッチリとパッキングされたパーツ3点がありました。
1)セルモーター、2)ギアアイドラ1、3)ギアアイドラ2
本パーツのドナーも同じく初期型のTT250Rであることから、類似箇所の不具合があってもおかしくない。まずは検品して使用可能か確かめてみよう。
※識別しやすい様に自分のTTRのパーツは“損傷”とし、新たに提供頂いたパーツを“リペア用”と文中に記しております。

《セルモーター》
左がリペア用、右が損傷部品である。
IMG_20061217_0211.jpg

同じ過ちを繰り返さない様、寸法はキチッと確認済で、問題なしです(笑)
損傷の程度こそ違うが、同じ様な摩耗痕が認められる。これは初期型モーターのアキレス腱なのか?使用環境が不明で同じように比較出来ないが、似た様なXJRのモーターはとてもキレイで摩耗痕は微塵も見られない。TTR用モーターだけに出現する軸材の設計強度不足か?それともモーターのトルクと、エンジン始動に要する“力”のバランスが取れていなかったのか?詳しい方教えて下さい。
採用の判定:リペア用を使用しましょう。

《ギアアイドラ1》
右がリペア用、左が損傷部品である。この画像を見ただけではリペア品の善し悪しの判断は付かない。
拡大画像でその違いを見てみよう。
 IMG_20061217_0200.jpg
  

■大きい歯車の拡大画像
左がリペア用、右が損傷部品である。リペア品の大きい歯車に欠損が2箇所認められた。
 IMG_20061217_0207.jpg


■小さい歯車の拡大画像
左がリペア用、右が損傷部品である。リペア品はギア同士が正しく咬み合っているのか、綺麗な状態を保っている。右の損傷部品はギアアイドラ2の欠損部分と咬み合わなく、空転した際に出来たと思われる摩耗痕はギア頂上部にも及んで、全体的に痩せている。
 IMG_20061217_0203.jpg


ギアの欠けは後に致命傷となる可能性を内包しています。
採用の判定:損傷部品を使った方が良さそうな感じです。


《ギアアイドラ2》
左がリペア用、右が損傷部品である。
 IMG_20061217_0208.jpg

リペア用は摩耗・欠けもなく完全な状態です。損傷部品はギア2つが欠けて使用不可能。
採用の判定:リペア用を使用しましょう。

モーターの回転がエンジンへ伝達する減速経路はこうだ。
 20061218001407.jpg

不具合はギアアイドラ2のギア欠けでセルの回転力がエンジンに伝達されなかった事であろう。ちょっとした拍子で次の健全なギアに引っ掛かって何とかエンジンが始動していた。いきなりギア同士が咬み合うものだから衝撃荷重に耐えかねて一つのギアが欠ける。それを繰り返すと最後は全てのギアが破損に至ると思われます。


上記ギア類を使用して組み立てる予定です。
微妙に摩耗したギア類を使う訳ですから、いつの時か不具合が発生する可能性は否定出来ません。しかし、少しの期間(最低ひとシーズン)は何とかなるでしょう!
あとはガスケットを購入すれば必要パーツが揃う予定。


工業製品は机上(試験含む)での万全(と思われる)な設計で構成されたパーツで構築されています。オーバークオリティーであったり、強度不足があったりと、トライアンドエラーを繰り返し後期型の車両は熟成が進んでいくのでしょうね。
バイクや車の軽量化は重要な命題です。加速・減速、燃費等々、軽量化は大切な開発テーマでしょう。コストを念頭に、必要な強度を保ちつつ軽量化を図る。相反する目的をバランスさせる必要がある訳ですから相当な苦労が容易に想像出来ます。今回のパーツをしみじみと眺め、メーカー(設計者)のたゆまぬ努力や苦悩が見え隠れして人間臭さを感じました。


さぁ次回は最終章となる組み立て作業だ!ジックリと作業したいので、年内の作業は無理かな。年明けにでも腰を据えて組み立て、結果を報告致します。
さて、ちゃんとエンジンが始動するのでしょうか。こうご期待!?

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/18(月) 00:07:26|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

復活大作戦♪ その2-2 おぼれる者はしっかり沈めろ!06.11.26

セルモーターをゲットダゼ!
IMG_1583.jpg


予算を大幅に超えそうな復活大作戦。
このままではまたしても放置プレイになりそうな予感。
が、今回は少しだけ粘ってあれこれ考えを巡らす。

XJRのセルモーターと形状が類似している、とコメント欄に書き込んだが、非常に似た形でマウントを除けばそのまま使えそうな予感。オークションにも沢山出品されており、値段も105円~7000円と非常にリーズナブル。

そこで軽く博打を打つ事にした(ヘヘヘッ!)
XJRの安いセルモーターをオークションで購入しTT250Rへ移植を敢行するゾ!
もちろんフィッティングに関する情報は一切無し。似た様な形状であるから移植可能と考えた、いわば根拠のないカンに頼った移植作業なのだ。

一見根拠のない移植作業とも思えるが、そもそもこういった製品は車両単位でセルを設計・開発するとは考えにくい。コストダウンのため共有部品であるはずだ。そう言った事を合わせ考えると流用可能とも思えてくる。
本当は現物を確認出来れば良いのだが、現状では比較するモノが無い。

早速オークションでXJRのセルを物色。
有るわ、有るわ、沢山出品されている。それにしても何でこんなにあるんだろ?
何度見ても形状はそっくりだ。ギアの歯車数も同じ9個。画像をジックリ眺めるとメーカーも同じ“MITSUBA製”で型式も“SM-13 12V”とまるっきり同一ではないか!違うのは車体へのマウント部分だけ。
どうやら明かりが見え始めて来た。しかし、同じ型式は性能面だけであり、シャフトの長さが違う可能性も考えられる。

使えなく廃棄処分の可能性も有るため、低価格を条件に探した。注意しなければいけないのは本体価格+送料=総額であろう。安いところは発送業者を指定されるケースも多く、本体額より送料が高い事も少なくない。平均的なところで、おおよそ2000円で本体+送料がまかなえそうだ。
すると出品価格500円で良さそうなブツを発見。出品者を見たら何と北海道ではないか!商品説明には札幌の業者で、HPもあり電話して訪問の意を告げる。
早速お店に出掛けて現物確認。おおっピッタリ同じ物(多分)ではないか!500円で購入し喜び勇んで家に帰る。都合のいい偶然が重なりあっさりセルモーターゲット!やった~♪

まぁ喜ぶのは早く、セルが機能してエンジン始動を確認するまでおあずけかな?

-----------------------------------


お出掛け(エリックおぢさん♪)から帰宅して、早速セルの交換作業に移りましょう。
いや~それにしてもバッチリ合うなんて良かったなー。意気揚々と交換作業に!

歯車も欠けは無く良さげだし、ポン付けでセル復活ほど楽な事はない。
ジックリ眺めて新しいセルのシャフトに入れ替えましょう!
IMG_20061126_0097.jpg

左がTT250 右がXJR 歯車の健全度合いが一目瞭然!


ん?

んんん?

何かおかしい?

あれっ!長さが違う?

う”、まぢですか・・・。


やっちゃいました。
まるっきり同じセルモーターだと思っていたのに、実は別物でした。
本体の直径や、歯車は同一なのですが、本体長が違う。モーターの設計トルクの違いでしょうか、コイルの巻き量や、マグネットの長さが違うんですね。加工でどうこう出来る代物じゃありません。
これじゃ使い物になりませぬ。
IMG_20061126_0087.jpg

ダメ元と分かっての行為。だけど精神的ダメージは計り知れない。
はぁ~~~~




更に続く苦悩
副題:ワラをも掴む困り人に更なる追い打ちが。

これで終わりではありませんでした。
ショックを隠せず、ボンヤリと座り込んで手元のギア類を眺めていいた。
こいつはギア、アイドラ1でセルとエンジン側ギアの中間に位置する減速用のギア。ボーっと眺めるとコイツにもギアの偏摩耗あり・・・。交換の要否は微妙な雰囲気だが、このままコイツを使うには勇気が必要だ。と言う事は、交換部品の追加である。

 ギア、アイドラ1にも不具合発見
 IMG_20061126_0089.jpg
  IMG_20061126_0095.jpg


アイタタタッ、完全にノーマークだったこのパーツ。以前外したままになっていたので、チェックするの忘れてた。レ点付けてしっかり確認しなきゃダメだね、トホホ・・・


○ギア、アイドラ2      4GY-15517-00 → 廃盤
   代替品         4GY-15517-01 → ¥5,565
○スターティングモーター  4GY-81800-00 → ¥25,620
○ガスケット         4GY-15451-00 → ¥588
○ギア、アイドラ1(追加分)  4GY-15512-01 → ¥5,334
               _______________
                 合計       ¥37,107


ぐわーこりゃまた厳しい金額に膨れあがったな~
完全にノックダウン!ボディーブローの応酬に、トドメのカウンターパンチを浴びた気分。

あかん、もうあかん。
年末ジャンボ買いに行かなきゃ~~~♪

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/27(月) 00:10:33|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

復活大作戦! その2 06.11.26

復活に向けてパーツの段取りを進める。


コイツでで必要パーツを確認する。
IMG_20061126_0069.jpg



ギヤアイドラ2:4番のパーツです
IMG_20061126_0076.jpg


スターティングモーター:残念ながらパーツ単品の設定はナシ
IMG_20061126_0063.jpg


ガスケット:6番のパーツです
IMG_20061126_0074.jpg



以上の3点

が、ご指摘頂いたとおりスターターモーターはアッセンブリー販売。

コレを全て揃えると・・
○ギア、アイドラ2      4GY-15517-00 → 廃盤
   代替品         4GY-15517-01 → ¥5,565
○スターティングモーター  4GY-81800-00 → ¥25,620
○ガスケット         4GY-15451-00 → ¥588
               _______________
               合計       ¥31,773


うう~、この金額チト痛い。
当初予算の約二倍。



復活に向けた選択肢は3つ
1.新品部品を揃える。費用的に痛いが確実である。
2.中古エンジンを探す。出品物はあるが高い。
3.中古のセルを探す。出品物無し。

う~ん、悩ましい・・・。
ここに来て復活大作戦も一気にトーンダウン・・・

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/26(日) 09:48:20|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

復活大作戦! その1 06.11.23

ようやく活動を開始したTT250R復活大作戦!

しばらくの放置プレイで、うっすらと埃を被ったTT君。奥から引っ張り出して眺める。あちこちに出来たキズが、今年の子鹿遊びを物語っています。
11230001.jpg


以前ここで報告したとおり、セルモーター関連のギア破損によりエンジン始動不能状態に陥っている。当初、これ以上お金を掛けるだけの価値はないと判断し、放置していたのだ。
だけどこのまま廃棄するのには相当勿体ない。色々とお金も掛けたし、何より40を越えたオジサンはモノを捨てる事に相当な抵抗感を示すのだ!そんなもんだから、後で使おう♪と思い車庫にはお宝(一説にはゴミと呼ばれているらしい)の山が築かれていくのです。

話を戻しTT250R復活大作戦になるわけです。もっともお店の方とお話した事が切っ掛けで、復活魂に火が灯った。今回のメンテは以下の決まり事の元、実践する。
○全てはメンテほぼ素人の自分が行う。
○第一段階は損傷パーツの確認作業。
○パーツの発注
○組み立て、エンジン始動

と言う4部作で今回のメンテ作業は構成される(チョット大げさだね!)


当初、エンジンをオークションで買おうかな?とも考えたのですが、結構なお値段で諦めました。で、今回損傷パーツのみ交換し、費用を最小限にとどめる予定です。以前セルのカバーを外した所、二箇所のギア欠損が確認された訳だが、エンジンの中ではそれ以外の損傷があるのか?今回の作業はその検証が主体だ。


まずはクランクケースカバーを取り外すので、エンジンオイルを抜く。
うわ、すっかり汚れてオイルがドロ~っと流れてきた。そんなに走っていないけれど、いつもエンジンブン回して走っていたからな~、こまめに替えないといけんね。
11230006.jpg


続いてクランクケースカバーの取り外し。
六角ボルト合計9本で固定されている。こういったボルトって加熱と冷却で固着しており、舐める事が多いから要注意だ。と思ったらあっさり外れて拍子抜けした。
11230007.jpg

ボルト長は4種類あった。何処にどの長さのボルトが付いていたのか間違えない様に記録。記憶力に頼るとヒドイ目に遭いますから!
11230009.jpg

ゴムハンマーでゴンゴン、とショックを与えて密着面を剥がす。セルモーターカバーのOリングがあるので、手前にジックリと引っ張り出すと”ガパッ”と言って上手く外れた。ほーなるほどこうなっているのね、物珍しさで眺めたり、イジクリ回したり。
11230012.jpg


そして患部の確認作業。
やはり前回確認したとおり2箇所のギア欠けが確認され、それ以外異常(目視確認出来る損傷)は見あたらなかった。
11230015.jpg


セルモーターの軸。コイルが巻かれたシャフトの先端にギアがついとりますね。このギアが欠けてダメになった訳。交換はシャフト一式ですかね?これって高そうな予感・・・。
11230019.jpg


今回の作業はこれにて終了。意外と順調に推移しているぞ。
次回はパーツの発注だ!パーツに欠品がないことと、高くない事を祈りましょう!

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/23(木) 19:39:37|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

TT250R試乗!

tt250r

好天に誘われてTT250Rを車庫から引っ張り出してみた。
キャブの調子も良く、チョークを引くだけで一発始動。少しの暖機運転でアイドリングも落ち着いた。初乗りとは大げさに書いてしまったが気温の低い本日、公道は路面凍結の恐れがあるのでパス。敷地内を猿回しの如くクルクル回ってTTと戯れる。ほんの少し乗っただけだが楽しい!本格的な春の到来が待ち遠しいっす。

ちょっぴりインプレッション
1)結構勇ましい排気音。ノーマルだけどこんなに元気がいいのかな?
2)やっぱりシートが高い(悲) 何気なく足を出しても空を切る。
3)中・高速寄りのエンジンテイストか(詳細は今後)


寒かったので試乗はすぐに終了。家の中へ逃げ込みました。


  =追記=

試乗した後、アウフさんへ行ってきました。
2台の大型バイク乗りの方がいました。両者とも大型フェアリング装着車。今時期風が冷たいからね、アレは有効だな。

お店へ出掛けた訳は後ほど記述するとして、普段使う工具が気になり始め、アドバイスを受ける。今までなら使えればいいや、であったが最近は良い工具でスマートに整備したい、と言う欲望がムズムズと芽生えてきたり・・・
トルクレンチが欲しいゾ。

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/12(日) 10:34:04|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

TT250のメンテナンス その8 最終章

on the track


アウフさんへお願いしていたメンテナンスが完了し、本日我が家帰ってきました。
すっかりリフレッシュして戻ってきたTT250R。
今回お願いしたのは、
1. フロントフォークオイル交換
2. 前後ブレーキフルード交換
3. チェーン、前後スプロケ交換
4. エンジンオイル、フィルター交換
5. キャブレター清掃
6. その他

おおよそこんな感じです。

外観に変化を及ぼす項目は3のチェーン、スプロケのみ。殆どが目に見えない部分のメンテ作業。派手さはないけど、安心感が増したメンテです。特に各所に渡るグリスアップや注油で可動部分の動きも滑らか。人間で例えれば全身マッサージを受けてコリをほぐした状態でしょうか。

あとは初乗りを待つのみ!




tt250r

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/03/03(金) 02:32:44|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TT250メンテナンス その7

メンテやり残しに気が付き作業開始。

作業はグリップ交換
いま付いているグリップも使えない訳じゃ無いけれど、既に弾性を失なわれつつあり、表面も摩耗していたので交換しました。グリップを交換することは初めてだが、ハンドルに差し込むだけだから簡単でしょう。古いグリップはカッターを入れ、めくるようにして取り外した。特に右側のグリップはスロットルガイドがあるため慎重にカッターの刃を入れる。
グリップの接着剤は何にでも使える定番ボンドの[G-17]
こいつは子供の頃から工作用に、修理用に、色んな場面で活躍してくれる頼もしい万能接着剤だ。

グリップ内部とハンドル表面に塗り込み、回転をさせながら押し込む。G-17が潤滑剤の役割を果たしスムーズに装着完了!
握ってみると程よいクッション性と、グリップ感が心地いい!どうやらロードモデル用ではあるが問題ないでしょう。


お店で物色した結果、値段・見た感じだけでPro Grip製にした。ホントはレンサルのグリップが格好良かったけれどコスト面で対象から外れました。
grip


お疲れ気味の旧グリップ。
old


握った感触がGood! 見た目もリフレッシュされイイ感じだ。 
New!

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/02/05(日) 03:18:32|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

TT250メンテナンス その5(第二部)

猛牛茶話会in東苗穂

HP2はやる気満々のバイクですね。みんな興味津々でした。
MASAさんからはガードを頂戴した。TT250にも装着されていたが一部破損状態にあり、どうしようかと思案中であったので、有り難く頂戴しました。
話がパンク修理におよび、タイヤ交換のレクチャーを受ける。どうしても分からないのが[ビードストッパー] 機能は人から聞いて知っているがタイヤの中でどういう風に装着しているのか説明を受けてもイメージが湧かない。分からないまま一人でタイヤ交換するとおかしな事になりそうな予感。大人しく指導者の元で交換することが無難であろう。
一通り猛牛談義が終わりお開きとなる。次回はSSERのプレゼンですね。


帰宅すると注文したタイヤが到着していた。
玄関に置いては邪魔になるので車庫へ運び込む。購入したタイヤは4本
R100GSのフロントタイヤ:ピレリMT21
TT250Rのフロントタイヤ:ブリジストンED663
F650GSの前後タイヤ:トレールウイング
tire


フロントタイヤ2本。左がTT250用のED663、右が100GS用のMT21。
front tire×2


TT250Rはオフ寄りのタイヤを選択した。実物を見るとイボの具合がイイ感じだ。
パッド交換だけであれば前輪を外す必要はないが、タイヤ交換もするので前輪を外した。で、止めときゃいいのに外すだけなら、と言いつつすり減ったピレリの取り外し作業に掛かる。

バイク用ジャッキが大活躍。センタースタンドの無い車両には必須ですね。今までのバイクスタンド(コーラのケース)はお蔵入りです。
TT250


既にタイヤを見た瞬間から取り外し作業をしたくてウズウズしていたんだけどね。どうも最近我慢することの出来ない自分・・・
後で後悔しないよう自分言い聞かせる。
リムがガチャガチャになっても落ち込むな!チューブがボロボロになることは覚悟の上だ!

早速作業開始。
・エアを抜く
・膝で両面のビードを落とす
・タイヤレバーでリムから外す。
・チューブを取り出す
・タイヤをホイルから外し画像の状態に

文書だけ書くと楽そうに見えるが、経験不足の自分には困難極まりない作業であった。特に最後のホイルからタイヤを取り外すのはどうやってやるのだろう?
そしてようやく[ビードストッパー]とご対面。なるほどこういう形なのね。百聞は一見にしかずとは正にこのこと。昨日聞いた話と今見ている状態が全て合致し妙に納得した。

悪戦苦闘の上ようやく外した前輪。外すのは簡単だけど付けるのは大変であることは容易に想像がつく。
front rim


ここまで来たらもう止まらない。新しいタイヤを装着しましょう!

この顛末は後ほど・・・




タイヤ交換の続きを見たい方


[TT250メンテナンス その5(第二部)]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/29(日) 11:22:37|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

TT250メンテナンス その5

午前中は家の用事を足して、昼過ぎよりメンテを始めることにした。
パーツが順次揃って来たので、今回はブレーキパッドの交換。
まだ残量はあるけれど、折角分解状態にあるので思い切って交換した。これでしばらくはパッド残量を心配しないで済みます。
パッドは社外品を選択した。以前も同じメーカーのパッドをSL230に付けた経緯もあり、特に不具合も無いし何より値段の安さが大きなメリット。
brake pad


左が今回外したパッド。まだ使えたかな(貧乏性です)
GZS1-1_3292.jpg


早速交換作業開始。
後輪を外していた事もあり、まずはリアパッドから交換することにした。数日前より潤滑スプレーを吹き付けておいたので、パッドを固定するボルトは容易に取り外すことが出来た。古いパッドを外し、新しいパッドを付けて終わり。あっけなく終了。
rear disk




続いて好きな磨き作業(へへっ!)
リヤホイルを車体に取り付ける前にもう一度リヤスポークを軽く磨いた。
スポークの錆が目立つ。何とかしなければ。


オシャレは足下からでしょう!少しキレイになりました。
after




作業をしている最中組合長よりメールが入った。HP2の入荷情報です。実車はお初であり人様のものではあるが、一目見たくて夕方アウフヴィントさんへいそいそと出掛ける。
いやぁ~カッコイイですね。走るためにこだわった造り込みが随所に見て取れました。結構細身で乗りやすそうな雰囲気。シートの高さを除けば(笑) お店の方が言ってたけど初期ロットは完売で、次回入荷は来年の春とか。ひゃ~今頼んで納期が1年強とは恐れ入る。
hp2




お店の中ではHP2を肴に今年の遊びの計画に盛り上がる。TT250では是非ともクローズドコースで思いっきり走らせてみたい。その前にパンク修理できるようになるのが今年の目標(小声)

春が楽しみだな~



帰宅すると注文していたタイヤが届いている。
つい前輪を外してしまった・・・

続く・・・





テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/29(日) 04:54:42|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

公道走行可!

TT250Rのナンバー取得。
晴れて道路をお咎め無く走ることが出来るようになりました。もっとも実際に乗り始めるのはまだ先ですがね。

前所有者は手際のいい方で、廃車手続きのあと証明書を早々と送付して頂いた。今年9月までの自賠責保険の証書とシールも同封してくれた。

これが届くといても立ってもいられない。軽自動車協会へ行くことにした。陸運支局は車・バイクの継続検査で幾度と無く出向いたことはあるが、軽自動車協会は初めて。電話で必要な書類を確認し、場所はネットで住所検索した。以前の官公庁にありがちな横柄な対応はみじんも無い。電話・窓口ともに丁寧で気持ちの良い対応に、気分良くナンバープレート受け取りました。





協会の入り口。右側が二輪その他でした。
association


番号は3桁。語呂合わせ出来ない3つの数字でした。
lisence plate




4月の乗り出しに向け、着実に歩みを進めております。




[公道走行可!]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/28(土) 01:58:14|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TT250メンテナンス その4

少しだけTT250Rの様子をみた。

ブレーキパッドの残量を確認したところ片減りが認められた。
いつ交換されたものかも不明で、安心して乗るために交換を要するパーツ。ピストン側のパッドの減りが多い。片押しのためであろうか?パッド交換は次回行うことにする。

リヤホイル、ブレーキキャリパーを見ると、長い時間掛けて付着した汚れや、錆が結構目立つ。
ん~どうしようかな?と思い始めると、手にはレンチが握られリヤアクスルを緩め始めていた。リヤホイルのスポークは赤さびが浮いて美しくない。研磨系錆除去グッズでひたすらスポークを磨く。完璧を求めるときりがないので適当なところで切り上げる。同じくキャリパーも少しだけ磨いた。

泥遊び用だから外装はいっさい気にしないで放置するつもりでしたが、どんどんキレイになっていくTT250Rがそこにある・・・
これ以上キレイにするとマズイので、フェンダー類のプラスチックパーツには手を付けないゾ!

午後からは家の用事を足しに出掛ける。
早くに用事が済んだので、その足でTT250Rの小物(消耗品)を購入してまいりました。

は~るよこい、は~やく来い♪


アクスルはすんなり抜けました。
lift up


片減り状態がよく分かるリアパッド。交換は次回のお仕事です。
pad

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/23(月) 00:46:04|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

TT250Rメンテ その3

外装、吸排気装置を分解したままに放置してたTT250Rを本日組み立て完了。タイトルはメンテとなっているが、実態は興味本位に時計を分解・組み立てする(そー言えば今時そんな子供はいないか)子供と同じ事をしただけ。ただし、パーツに余りが出たりネジが数本残るようなことにはなりませんでした。その代わり数本のボルトはねじ切ってしまいましたが・・・

1)灯火類はテールランプと、ライセンスプレート灯(別体とは珍しい)球切れを交換。ヘッドランプ(H4バルブ)の球切れはないが、ついでに交換。出先でのバルブ切れは避けたいので他のバイクも定期的に交換するようにしている。(安物はホントよく切れる!)
2)湿式のエアクリスポンジはやはり脱着時に破れてしまいました。要交換パーツです。
3)スロットル、クラッチワイヤの注油。動きがスムースになり抵抗も減ったことから乗り手の疲労軽減と、ワイヤの延命効果になるでしょう。だけどクラッチワイヤは転ばぬ先の杖で、交換した方がいいかも。
4)ウインカー、ホーンなどのスイッチが渋かったので分解して注油。バネが飛んだり、ベアリングが転がったりそりゃ一大事(笑) 見慣れぬスイッチも接点復活させ、可動部をグリスアップし動くようにした。後で確認したらハザードランプ、えっ?こんなの付いているんだ!?
5)エンジンオイル、フィルターは春になってから交換するつもり。
タイヤ交換(フロント)は無謀にも自分でやってみようかと計画中。大丈夫なのか心配であるが、とにかく交換してみましょう。チューブは余計に用意した方がいいでしょうか?


他の大事なところはこれから。
お店にお願いしてキチッとやってもらう予定です。


上が1月2日の状態。下が1月15日の様子
1/2

1/15


同じく上が1月2日の状態。下が1月15日の様子
1/2

1/15



ヘッドライトバルブ。装着品にフィラメントの切れは無かったが、念のため交換。フィラメントに若干の使用感(表面の荒れが判る)
装着バルブ


こちらが新品。H4バルブで55/50Wの標準タイプ。にもかかわらず、謳い文句は「120,110Wクラスの明るさ」とインチキまる出しなキャッチコピー。フィラメントは綺麗なものです。
新品バルブ

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/16(月) 01:06:52|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

TT250メンテナンス その2.1

全然メンテが進んでいない・・・
泥汚れが目立ったので、少しばかり汚れ落としを実行。
多少気分が良くなった(自己満足の世界)

まずはバラバラにしたものを組み立てないと。
before

after




気分転換に表紙を変更してみた。シンプルでイイ感じだ(またしても自己満足)

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/14(土) 19:13:02|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

TT250メンテナンス その2

メンテナンスと言いつつただバラして遊んでいるだけ。
本日は懸案事項であるキャブレターの分解。前回エアクリーナーボックスの取り外しを挫折した経験から、取り外し可能なものは全て取っちゃいました。サブフレームの一部がボルトで留めているのでこれも一緒に外します。これで邪魔者は減り何とかキャブの取り外しに成功!
単気筒だからとナメて掛かったが、丁度キャブからエアクリーナーボックス付近は車両中心部で、色んなものがゴチャゴチャしていて作業性はいいもんじゃないね。こんな時フラットツインのありがたみがよ~く分かります。
で、早速キャブをバラしてみた。ん~、中は綺麗なものです。詰まっている箇所はないし、可動部も全てスムースに動いています。インチキ整備士では良いのか悪いのかさえ判別出来ません。これ以上手を付けると取り返しの付かないことになるので(要するに壊す)元の形に戻しました。
本当はジェットが詰まっていたりして、クリーナーでキレイに吹き飛ばし調子を取り戻す事を期待したのですがアテが外れました。
これで整備は完了(って何もしてないが・・・)です!
あとは分解時ダメにしたボルト類と球切れの灯火類を購入して組み立てるだけ。その他の整備はお店に頼む予定です。


整備

cab



本日午後3時より猛牛の茶話会あり。色々と情報交換してきましょう!

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/08(日) 01:58:40|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TT250メンテナンス その1

本日年始休暇の最終日、早速TT250のメンテナンスを実行。
一番気になるキャブをバラしてみようと思いつきタンク・シート他を外し始めた。固着したボルト・ナットやビスの類に汗かきながら何とかパーツを取り外す。
肝心のキャブは車体中央の狭い場所に位置され外しづらい。順番は最初にエアクリーナーボックスを取り外す必要がある。しかしこれが取れない。多分要領があるのだろうけど一体どうしたものか・・・

cab


[TT250メンテナンス その1]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/04(水) 21:32:55|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

子鹿無事到着!

待ちに待った子鹿が我が家にやってきた。
宇都宮の友人がトランポに乗せ、フェリーに乗ってやってきたのです。
YAMAHA TT250R 多分93年車かな?約12年前のバイクです。
front view L

front view R

[子鹿無事到着!]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/01/03(火) 15:37:11|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

子鹿改めキリン

TT250R
来年の新戦力であるヤマハTT250Rというバイクはいったいどういった代物なのか、気になって仕方ない。
下調べもせず購入してしまう自分のいい加減さに呆れる反面、考えもしないで買った自分に少しばかりホッとしている。ベストチョイスを探っていくと、あれもこれも欲しくなり決断が鈍るのが常だ。物事には勢いが必要である(自己弁護)

と言うことで資料探しを開始。
雑然とした車庫へ行きバイク雑誌(バイク雑誌の殆どが別冊MCかハーレー関係)をしらみつぶしに調べる。TT250Rの発売は調べたところ93年から。よって、93年以降の雑誌を調べて行くとありました!
MC

文面

「別冊MOTOR CYCLIST 95年7月号」この雑誌の定番記事である「追跡」シリーズだ。
追跡シリーズは車種を毎号ピックアップし、編集者により3ページほどインプレッションが書かれている。そして5~6名のオーナーによる座談会形式での意見交換が記事となっている。広報車を貸与された編集者ではなく、なけなしの?お金で購入したオーナー同士が支払った代価に対し感じたままの発言がみそである。時に溺愛した、時に辛辣な内容となりそこそこ参考になる。まっ、言ってみれば我々の雑談レベルに近いものがあり親近感を覚える記事である。(注!広告主の手前ヤバイ発言はボツでしょうが・・・)

前置きが長くなったが早速記事を読み始める。
セロー、DTがヤマハオフバイクの軸を担って久しく、XT250以降フルサイズの4st250は久しぶりの登場らしい。際だって目新しさはないものの、30psのツインカムエンジン、トラベル量の長い前後サスペンションなど基本はしっかりと押さえているようだ。セルスターターの装備は後のオフ車へ影響を与えた功績は大きいかも知れない。
フムフム、ベーシックながらしっかりとした造り込みがなされていそう。こりゃ良いんじゃないかな?
と、ふと気になる見出しが。「バレリーナ状態になるが・・・」などと書かれている。参加者がバイクに跨った紹介写真が出ているが、結構つま先ツンツンな方が多い。車体がそこそこ大きいから結構キツイかなと思ってはいたが、シート高が895mmもあるキリンさんです。
バレリーナ

記事2

自分も上の写真のようになること間違いなし!ツンツンしまくるぞ!
決して”プッ”と笑わないように。
だけど、ガレ場で足が届かないばかりにでんぐりしまくりでしょうな。

TT250R待ち遠しいです・・・



そして本日はクリスマス。プレゼントもらいました。



[子鹿改めキリン]の続きを読む

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/12/25(日) 23:10:50|
  2. TT250R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

Naoto

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる